野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して41年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

ゴールデンウィーク中、5月2日 (午前のみ)、5月4日 (休日在宅医) は診療いたします。

胃の内視鏡検査前に薬を飲んではいけません ( 提示写真を更新しました )


 ★ 診察室のデスクトップ 77 ★


今月後半の薬の説明書のイラストに図書館を選んだばかりですが、診察室のデスクトップ画像も図書館です。
これは、昨年のゴールデンウイークに訪れたハンガリーの首都ブダペストにあるサボー・エルヴィン図書館

元々、伯爵の宮殿だった建物が図書館として使われており、昨年の中条あやみが出演したアイスクリームのCMもここで撮られたんですよね。
部屋ごとに異なるきらびやかな内装の中で、勉強に励む学生さんたち。
とてもうらやましく思いました。
この図書館の詳しいことは、過去に書いていますので参照して下さい。( → こちら )

図書館ネタが続きましたが、これには訳があります。
それについては、いずれまたこのブログで明かしていきたい思います。


サボー・エルヴィン図書館

 ● 薬の説明書のイラスト 305 ●


いよいよ10連休も近づいてまいりました。
普段味わえない長い余暇を楽しめる人が多いとは思いますが、好ましくないと考えている人も案外いるようですね。( → 10連休「うれしくない」4割 )
なお、当院は5月2日と4日で診療を行ないます。

今年は休みとなる4月30日は、図書館記念日。
1950年のこの日に図書館法が制定されたのを記念したものだそうです。

スマホの普及などで活字離れが進んでいるようですが、一方で図書館の人気も高まっています。
その走りは2013年にオープンした佐賀県武雄市のTSUTAYA図書館ではなかったかと思います。
昨年の4月28日にオープンした都城市立図書館は大人気を集めていますよね。( → 都城市立図書館Mallmall(まるまる)のココがすごい17連発! )
鹿児島も、タカプラ跡にできる再開発ビルに図書館ができる予定になっています。

日本のように現代的な洗練された図書館が作り出される一方で、海外では厳かな雰囲気の図書館が数多くあります。( → 本好き必見!世界の美しい図書館12選 )
私が昨年のGWに訪れたハンガリーのブダペストにも、ゴージャスな異次元空間を持つサボー・エルヴィン図書館があります。( → こちら )

人類の知識の源である本や資料を収蔵する図書館は、これからもなくてはならない存在です。

今回の4月後半のイラストは図書館
です。


図書館

秋田慎治【診察室のBGM 156】


先月、ギラ・ジルカ矢幅歩のヴォーカルユニット、SOLO-DUOのライブに行きました。
その時のツアーメンバーとして参加していたピアニストが
 秋田慎治 

以前、BS朝日の「Groovin' Jazz Night」という音楽番組で司会をやっていた時から彼のピアノを聴いてきましたが、実際に生の演奏に触れるのは今回が2度目のこと。
SOLO-DUOの美しいハーモニーはもちろん、他のメンバーの演奏も素晴らしいものでした。
それに加え、彼の相変わらずの卓越したテクニックも堪能でき、満足のいく一夜でした。

彼が2016年にリリースしたアルバム
「time - 10」の中に、ギラ・ジルカに作詞を依頼したバラードがあります。
TOKUがヴォーカルで参加している「Silence」という曲がそれです。
「女々しい男の歌にして下さい」と作詞を依頼したそうですが、歌詞が掲載されておらず、私の耳では全て聞き取れないのはちょっと残念です。
でも、憂いを帯びたピアノと深みのあるヴォーカルだけのデュオ、男の色気を感じる作品になっています。

インストゥルメンタルや女性ヴォーカルの多い当院の診察室のBGM、たまには変化球もいいですよね。

ゼンリンとの契約解除をきっかけにして、Googleマップの不具合が相次いで報告されています。
鹿児島でも、鹿児島湾上にトイレが表示されたり、山中に巨大な湖が出現したりしていたことがニュースになっていました。
いずれも改善されているようですね。

さて、当院はどうなっているでしょうか。
下の地図をご覧下さい。( クリックで拡大 )
野口内科周辺の地図

全く問題なく表示されています。

これで安心していたのですが、別のところでとんでもないことが起きていました。
それはストリートビューです。
当院の西側を南北に走る道をストリートビューで見てみるとこんなことになっています。( クリックで拡大 )
九州自動車道

真っ暗で、当院の影も形もありません。
どうやら、当院の東端のほぼ真下を走っている九州自動車道のトンネル内部が表示されているようなのです。
これでは劣化したと言われても仕方ないですね。

当院にGoogleマップを利用して来られる際、もしかしたらトンネルの途中で目的地だと示されるかも知れませんが、くれぐれもお気を付けて。

当院の待合室では、疾患に関するパンフレットなどを置いたり、貸し出し可能な医療関係の書籍なども取り揃えたりして、難解な病気の仕組みや医療のことを少しでも理解してもらうよう工夫しております。

旅行ただ、待っている皆さんの好みも様々なので、昨年の4月から雑誌を数種類並べるようにしました。( → 待合室に用意した新たな雑誌 )
お子様向けの「たくさんのふしぎ」、定番の「NHKきょうの健康」、美術や骨董などを扱う「目の眼」、シニア向けの健康や生活情報を特集する「明日の友」はこれまで通りです。
この4月からは、旅の情報雑誌を「旅の手帖」に切り替えました。
これまでの雑誌より、幅広い世代をターゲットにした内容になっている印象です。

また、昨年の9月末からはモニターを設置して、当院からのお知らせや医療情報などを流すデジタルサイネージも始めました。
20分前後にまとめたものを繰返し流しています。
体温計の使い方や家庭での血圧の測り方、ピロリ菌のことなど、理解が深まったというお声を頂いており、コンテンツを集めて編集する私の励みになっています。
内容は不定期に更新していますが、来週からはまた新たな情報を流す予定です。
是非、お楽しみに。

↑このページのトップヘ