野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡にある野口内科です。
  医療に関することはもちろん、近隣の話題や音楽・本のことなどについて綴ってまいります。
    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶ アクセスMAP
         ▶▶ バス路線図

インフルエンザの予防接種は10月より開始する予定ですが、既に流行の兆しが見えます。十分に気をつけてください。

名称未設定-1先日、観光客の無理な要求に疲弊している竹富島の診療所の記事を読んで、嘆かわしく思いました。( → 軽症なのに「救急ヘリを」竹富診療所、観光客対応に疲弊 )

旅行の際には、少々の体の不調に対応できるだけの薬を持って行くべきだと思いますが、私が特にお勧めする漢方薬を紹介しておきます。

① 五苓散
酔い止め・航空中耳炎・嘔吐・下痢・頭痛・二日酔い など応用範囲の広い薬です。
航空中耳炎とは、飛行機に搭乗中の圧変動に伴う耳痛や詰まった感じなどの障害のことです。

② 葛根湯
風邪の初期症状・肩こりなどに。
重い荷物などを持っての移動も多くなると思いますが、葛根湯が効くのは風邪だけではないのです。

③ 芍薬甘草湯
腹痛・筋肉痛などに。
横紋筋、平滑筋のどちらの痛みにも効いてくれます。

この3つの漢方薬だけでかなりカバーできます。
いずれも一般の薬局でも入手可能かと思います。
お盆休みの旅のお供に是非。

Clip to Evernote

武岡の地に野口内科が開院して、8月でちょうど40周年を迎えました。
消化器系を中心に、内科医療全般の診療を行なっていますが、今後とも地域社会の皆様の健康の維持・向上を目指していきたいと思っています。
よろしくお願い申し上げます。

また、当ブログも11周年。
ツイッターと合わせて、医療や健康に関する情報を従来通りお届けしていく予定にしております。

下の写真は、昭和52年 ( 1977年 ) の開院前の当院です。
屋上の看板などが今とは違いますね。

当時



さて、今年は5日間連続のお盆休みをいただきます。

 8月11日 ( 金 ) ~ 8月15日 ( 火 ) 

この期間は外来診療をお休みとさせていただきますので、何とぞご了承下さい。
8月10日の木曜日の診療は13時までとなる点も併せてご留意下さい。
Clip to Evernote

 ● 薬の説明書のイラスト 264 ●


野口内科はこの8月で開院40周年を迎えます。

そこで8月前半の薬の説明書のイラストに、40という数字をあしらったロゴを入れることにしました。

特別に何かが変わるというわけでもなく、いつもの場所でいつものように外来診療を行なっています。
今後ともよろしくお願い申し上げます。



40しゅう
Clip to Evernote

ちご〖 今月のつぶやきから 67 〗


今月もツイッター上でのつぶやきは少なめでしたが、毎月のようにお届けしている腸内細菌絡みのものが少なく、バリエーションに富んで中身も濃かったように思います。
その中からテーマを3つに絞ってまとめてみました。

まずは、死亡リスクや寿命についての情報です。




次は、認知機能に関する話題を。




最後は、サプリメントに関わる情報です。



Clip to Evernote

かざり2毎年大勢の方が集まる武岡団地夏祭り納涼大会、今年は今週末の29日に行なわれます。

当日の天気は今のところ良さそうですが、このところ突然の大雨が時々あるのが心配ですね。
会場となる武岡中央公園の水はけがあまり良くなく、すぐに水溜まりができてしまいますので。

毎年、お祭りに合わせて当院の玄関先に七夕飾りを作っていますが、本日設置しました。
いつも写真に収めるのですが、構図を決めるのに苦労します。
今回は当院の室内から窓ガラス越しに武岡中央公園も入るように撮ってみました。
例年になく長尺物が多いです。

夏祭りにお越しの際は、この七夕飾りも覗いてみて下さいね。
Clip to Evernote

 ◆ 診療所ライブラリー 136 ◆


天気天気が悪くなると関節が痛む、という訴えを臨床現場で数多く聞いてきました。
私の膝は天気予報ができる、とまでおっしゃった方もいました。
なぜだろう、と思いながらもその原因を深く考えたことがないのは平凡な医者の証ですね。

気圧や湿度と慢性的な痛みとの関連が徐々に分かってきていますが、今回紹介するのは、長年の研究から「天気痛」という概念を提唱した医師の著書です。
やや専門的な内容も含まれますが、ポイントは、気圧のセンサーが内耳 ( 前庭神経 ) にあり、酔い止めや漢方薬を服用することで、天気に絡む症状を緩和することができるという点です。

五苓散という漢方薬は頭痛に効く場合があるのですが、頭痛に対してもう一つ使い方のコツを掴めないでいました。
しかし、この天気痛という概念を知ってからは、五苓散を効果的に活用できるようになりました。
なぜ効くかは、本書を読んでいただければわかるのではないかと思いますが、関節リウマチの方にも天気が悪くなる前に服用してもらって効果を上げています。
五苓散は、嘔吐や下痢といった消化器症状によく使いますが、非常に応用範囲が広く、お気に入りの漢方薬の一つです。
Clip to Evernote

地震7月11日、午前11時56分に鹿児島で最大震度5強の地震がありました。
ドシンという縦揺れとグラグラと回る横揺れをほとんど同時に感じましたよね。
ああいう場合は、震源地がかなり近いことを意味しますのでご参考に。
桜島の噴火とは関係なくてよかったです。

あの10秒弱の揺れの間、皆さん何をしていたのか。
ちょっと興味もあったので、診察中に多くの患者さんに尋ねてみました。
家の中にした人、運転していた人、買い物をしていた人・・・、皆さんいろんな場所で活動されていました。
しかし、ほとんどの方が怖かったと言うだけでしっかり対応ができていなかったようです。
お昼時で、火を扱うことの多い時間帯でした。
どのように行動すべきであったか、もう一度検証してみて下さいね。
そしてもっと大きな揺れがきて、家が壊れたりライフラインが途絶えたたりした時に、3日間は自力で過ごせるように、普段から備えをしっかりしておいて下さい。

さて、一つ非常に興味ある話が聞けました。
発生時に、ちょうど震源の真上の喜入付近を走行していた高速艇トッピーも揺れたんだそうです。
最初は、へたくそな運転だなと思ったそうですが。
海の上も揺れるんですね。
Clip to Evernote

 ● 薬の説明書のイラスト 263 ●


昨夜は照国神社の六月灯に行ってきました。
毎年7月15日と16日に開催されますが、今回は土日に重なり天気も良かったので、かなりの人出でした。
近年は浴衣も復権してきましたけど、浴衣を着ている外人さんもたくさんいましたね。
中にはヒジャブ ( イスラム教の女性が頭部を覆うスカーフ ) を付けたままの浴衣姿の人もいて、ちょっと新鮮でした。

今月末まで鹿児島各地の神社で六月灯は行われます。
そこで、今回の薬の説明書のイラストには浴衣
を選んでみました。


かた
Clip to Evernote

↑このページのトップヘ