野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡にある野口内科です。
  医療に関することはもちろん、近隣の話題や音楽・本のことなどについて綴ってまいります。
    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶ アクセスMAP
         ▶▶ バス路線図

インフルエンザの予防接種は10月より開始する予定ですが、既に流行の兆しが見えます。十分に気をつけてください。

ケルティク【診察室のBGM 135】


リラクゼーションを目的に流していてる診察室のBGMにハープの音色を加えてみようと、あれこれ物色していて見つけたCDが今回紹介する 
Celia Briar の「やすらぎの音楽 ~ ケルティック・ハープ ~」です。
アイルランドの国章 ( 国旗ではありません ) に大きく描かれているケルティック・ハープ。
一般的なハープと違って金属の弦を使っているそうで、やや硬めの音なのですが、それでも優しく心地よく響いてくれて和みますね。

収録されている19曲、どれをとってもBGMとして使えますが、今回紹介するのはアルバムトップを飾る「Pretty Girl Milking a Cow」
あまり馴染みのないアイリッシュ・フルートの音色も絡んで、とても新鮮な耳ざわり。
ちょっぴり物悲しくも聞こえるのですが、乳搾りをしている女の子がどんな気持ちで仕事をしているのだろうか、と考えながら目を閉じて聴いていると、いろんな色彩や情景が浮かんできます。

Clip to Evernote

ピロ本年度から鹿児島県で始まった高校1年生を対象としたピロリ検診で、陽性率は3.7%だったことが先日の地元紙に載っていましたね。
陽性であった生徒のご家庭には既に通知が届いていると思います。
ピロリ菌がいると、将来胃・十二指腸潰瘍や胃がんになる可能性があるため、放置せずに若いうちに除菌するのが望ましいでしょう。

当院は、二次検査以降の受託医療機関として登録しています。
既に問合せもいただいておりますが、除菌を希望される方には、検査・治療の手順や費用についての説明を行ない、資料をお渡ししています。
電話で連絡の上、一度ご来院下さい。
その際は、ご家族の方のみでかまいません。
基本的に自費となります。
胃の症状がある場合、保険診療になりますが、除菌にあたっては内視鏡検査が必要です。
自費と内視鏡検査の加わる3割負担の保険診療を比較すると、後者の方がわずかに高くなります。

当院での検査・治療の流れについては、PDFファイルにまとめましたので、参考にして下さい。

( スマホでは表示されない場合があります )

署名日本医師会による「受動喫煙防止対策を強化・実現するための署名活動」を当院でも実施させていただきました。

恥ずかしいことに、日本の受動喫煙による健康被害への対策は、世界保健機関 ( WHO ) の4段階評価で最低レベルに位置づけられています。
東京五輪開催にあたり、国際オリンピック委員会 ( IOC ) からもその対策をとるように求められています。
にも関わらず、抵抗する人々がいるのです。

今回、署名をいただきながら、たばこにまつわるエピソードをたくさんお伺いすることができました。
案外多かったのは、以前は1日何十本も吸っていたのに禁煙することができたという男性の声。
皆さん案外苦闘することなくピタッとやめておられるようでした。
また、近所の方がベランダなど屋外で吸う煙に参っている方も多いようです。
昔は、子供がたばこのおつかいに行かされるのは珍しいことではありませんでしたが、雨の日に「おまえは濡れても、たばこは濡らすな」なんて理不尽な要求をされた思い出を語る方もいらっしゃいました。

そして何より禁煙が実現したら、いろんな飲食店巡りをしたいという声が圧倒的だったことです。
禁煙による客の減少を気にする飲食店もあるようですが、たばこが嫌で暖簾をくぐらない方も多数いらっしゃることを知っておくべきだと思います。

様々な話を聞きながら署名をいただくことができて楽しかったです。
当院で集めた401名分の名簿は、本日医師会に届けさせていただきました。
ご協力、本当にありがとうございました。
Clip to Evernote

 ★ 診察室のデスクトップ 64 ★


7月に入って真夏のような蒸し暑さが続いています。
もう梅雨明けしたのではないかとも思えるのですが、どうなんでしょう。

今回の診察室のデスクトップの写真は
ラニカイビーチに通じる道です。
このビーチの写真は5年前の「診察室のデスクトップ22」でも紹介しました。
美しい砂浜には、何ヶ所かこのような民家と民家の間の道を通るとたどり着きます。
民家の並ぶ通りは、砂浜で遊ぶ人たちの停める車であふれ返っていましたけど、住民の方々は迷惑していないのでしょうか。

なお、今回の写真と同じ場所を撮影したものがいくつかインターネットでみつかります。
「ラニカイ 道」のキーワードで皆さんも覗いてみて下さい。



はわ



Clip to Evernote

 ● 薬の説明書のイラスト 262 ●


日本に初めてお目見えした日を記念して7月9日がジェットコースターの日になっていますので、今回の薬の説明書のイラストはジェットコースター


ジェットコースターにまつわるエピソードを一つ。
学生時代、実習で姫路の病院に行きました。
実習が終わって時間に余裕があったので、同級生を含め3人で近くの姫路セントラルパークへ。
平日の遊園地は閑散としていて導入されたばかりのフリーフォールなども待たずに乗れました。
最後にジェットコースターです。
先頭に別のお客さんが2人、中央付近に同級生2人が、そして最もスリルを味わえるという最後尾に私がひとりで座りました。
終わってコースターが乗り場に戻ってくる直前に、ふとしたいたずら心が。
座席の下に身を隠してみたのです。
シートベルトを外して振り返った同級生が「あれっ!? いないぞ!! どっかで振り落とされたか??」と騒ぎ始めました。
笑いをこらえていましたが、係員が青ざめた表情で駆けて来たのにはちょっと恐縮。
やんちゃな学生時代の一コマでした。


こーすた
Clip to Evernote

ぶどー〖 今月のつぶやきから 66 〗


医療情報を集めて、簡単なコメントを添えてツイッターでつぶやいているのを、おさらいする「今月のつぶやきから」。
今月はツイートがかなり少なかったですね。
事情があったためですが、来月あたりからはまた増えてくると思います。

まずは、今月不思議と多かった妊娠や出産などに関わる情報を4つ。




次は、毎月のように流れてくる腸内細菌に絡んだ話題。
海外に行くと味噌汁を始めとして和食が恋しくなります。
以前から腸内細菌の仕業ではないかと考えていたのですが、それを支持するような報告もありました。


最後に、食べ物に関するものを4つ。
ブロッコリーについては、これまでもたくさんの知見が得られていますが、いろいろなメリットがあるようですね。



Clip to Evernote

文現在発売されている週刊文春6月29日号に『「消毒液」使ってはいけない〈オキシドール〉も!〈イソジン〉も!』という記事が掲載されています。
実は、この記事に私のコメントも載っています。
当ブログで書いた「無意味なヨード系うがい薬」を記者さんが見つけて取材を受けたのです。

これまでブログでは積極的にお伝えすることはしなかったのですが、週刊文春で記事になるのは今回で3回目。
10年以上書いてきたブログが縁なのですが、これまで文春以外にも複数のメディアから接触があり、協力してきました。
一般の方も当然、医療系の情報検索にネットを活用すると思いますが、エセ情報が蔓延していることも問題になっています。
少しでも皆様のお役に立てるよう、「野口内科ブログ」では医療に関係する有益な情報をわかりやすく間違いのないように伝えていこうと思っています。
Clip to Evernote

 ◆ 診療所ライブラリー 135 ◆


胃もたれ私が医者になった頃に多かった胃・十二指腸潰瘍や胃がんなどは、ピロリ菌の除菌療法が普及したことで、随分減ってきました。
かわりに上部消化管疾患で目立ってきたのが、逆流性食道炎や機能性ディスペプシア。

前者は以前からあったものの、ピロリ菌陰性の人が増えたり食の欧米化が進むことで目立ってきました。
後者は、以前なら検査しても異常ないため、気のせいだと片づけられてきた疾患です。
潰瘍やがんからいわゆる不定愁訴に研究者の目が向いてきて、疾患概念が確立してきました。
しかし「ディスペプシア」という横文字をうまく日本語に表現できないせいもあって、患者さんはもちろん、消化器を専門としない医師にももうひとつ理解が進んでいない病気です。

この両者を中心に、胃の不調についてまとめられているのが今回紹介する本です。
イラストがふんだんに使われていますし、非常にわかりやすく概念や治療法、生活習慣の改善などがまとめられていて、お勧めです。

いつも思うのですが、医療系の情報は横文字や数字が多いので、断然横書きが読みやすいと思います。
この本では、多くを占める図表中においては横書き、本文は縦書きです。
こういうのを難なく読み進めることができる日本人って希有な人種ですよね。


なお、機能性ディスペプシアについては、Rome III という国際診断基準の時代のものでしたら、当ブログ「心窩部にまつわる話」に書いてありますので参考にして下さい。
Clip to Evernote

↑このページのトップヘ