● 薬の説明書のイラスト 150 ●


祖父母の家の門扉から玄関までの短いアプローチの脇にいくつかの植物が植わっていました。
その中でどういうわけかヤツデが強く印象に残っています。
子供にはとても大きく見える葉っぱを数えてみると、8つのものがないじゃないかと不思議に思いながら眺めていたものでした。
そろそろ球状の花序がニョキニョキと伸びてくる時期ですね。
白っぽい花からできる黒い実をつまみとって遊んだ記憶も残っています。
祖父母の家のあった場所は区画整理で昔の姿を偲びようもないのですが、ヤツデとともに私の心に刻まれています。

11月前半の薬の説明書のイラストはヤツデ
です。


ヤツデ