その名をカラテア・ランシフォリア。
葉の表裏で印象が大きく異なり、すらりと伸びた姿が気に入って購入しました。
今、診療所の玄関にて来られる患者さんの目に留まっていることと思います。

買ってしばらくして気がついたのですが、朝と夕方で葉の開き方が違うのです。
朝は横に広がっていますが、日が傾くにつれだんだんと直立してきます。
調べてみるとこれを「睡眠運動」と呼び、カラテア属の多くでみられる現象なんだそうです。

写真の左側は午前10時頃、右側は午後5時半頃の様子です。

健康を維持するのに生活のリズムを崩さないようにするのも大切なことです。


            □ 関連記事  「動く観葉植物」の花

axn8t9tr.gif