7vrzpx6x.gif嘔吐や下痢の症状を訴える患者さんが、武岡地区では12月上旬にはやや下火になっていたのに、今週再び増加気味です。

これだけ社会問題化しているノロウイルスによる嘔吐下痢症ですが、
臨床をやっていて一つ大きなネックになるのがノロウイルスの検査に保険がきかないこと。

調べて欲しいとおっしゃる患者さんも中にはいらっしゃるのですが、
実費で 1万円もかかると説明すると尻込みしてしまいます。
症状自体、2日もあれば治ってしまうため、そこまでお金をかけて原因を徹底追及しようとする人はいません。

でも、ウイルスが特定されるのとそうでないのとでは、予防対策への力の入れようが違います。
首相は 18日に感染拡大防止のための取り組みを強化するよう、厚労省に指示したようですが、
是非、ノロウイルス測定に保険適応をお願いしたいところでもあります。