lu4lrgsd.gif経鼻内視鏡を導入して以降、
ほとんどの方が経鼻を選択されています。

経口に比べて苦痛が少ないことはもちろんですが、
鎮痙剤や鎮静剤などの注射を使用しないため、いくつかのメリットがあります。

まず、検査中モニター画面を一緒に見ていただくことが可能です。
当院では内視鏡を受けていただく方の見やすい位置に液晶モニターを用意しています。
どのような所見があるかをその場で説明できるため、理解もしてもらいやすいのです。
自分のおなかの中を自分で見て感嘆しきりで、鼻やのどの違和感をすっかり忘れていた、とおっしゃる方も多くいらっしゃいます。

そして、検査終了後すぐに帰宅あるいは仕事をしていただくことができます。
また、食事をとっていただくのも早い段階から可能となります。

経鼻内視鏡は月・木・金・第 3 土の午前中で受けていただけます。
ご希望があれば土曜日の午後も検査可能です。


          □ 過去の関連記事  経鼻内視鏡、来たる自分で内視鏡をやってみました