cx64gquc.gif先月、記事にしたばかりでしたが、
8月23日、ヘリコバクター・ピロリの二次除菌療法としてメトロニダゾールを含めた三剤併用療法の保険適用が承認されました。


あくまでも、これまでの治療法で除菌がうまくいかなかった例に対してのみ使える次なる手段として認められたものです。
日本ではこれまでメトロニダゾールがトリコモナス症という病気にしか使われなかったため、この薬剤に対するピロリの耐性菌がかなり少ないようですので、除菌率の上昇が期待できます。

前の記事にも書いた通り、あとは除菌療法の適応拡大が課題となります。
この点については来年春の消化器病学会でもテーマとして取り上げられる予定です。