wdwxrzzg.gif【診察室のBGM 18】


Kelly Sweet、まだ19歳ながらかなりの実力を秘めた歌姫がデビュー。
高音域に曇りのない伸びやかな声で、ポップスに始まりスムースジャズやクラシック風まで幅広いテイストの曲をアルバム「We Are One」の中で披露しています。
今後どういうカラーを出していくか、楽しみな存在です。

日本版のアルバムのボーナストラックとして一番最後に収められている「Nella Fantasia」サラ・ブライトマンで聞き知っていた曲です。
イタリア語ですし、てっきりオペラ物なのだろうと思っていましたが、エンニオ・モリコーネの手による映画音楽だったのですね。
「ミッション」(86年) というロバート・デ・ニーロが出ている作品のようです。
この曲がどのように使われているのか今度見てみたいと思います。

一つの音楽からいろんな世界が広がります。

BSフジで「Speak in Music」という番組が始まり、27日は彼女がブルーノート東京で歌う様子が流れました。
番組の司会は Fried PrideShiho も務めています。

11月10日に再放送されるようです。



  → 「We Are One」