6arolwvc.gif当院で経鼻内視鏡を正式に導入したのが昨年の11月半ばでした。

本年10月末までの 1年間で検査内容を検討してみたところ、
上部消化管内視鏡検査を5人のうち4人 (81.1%) の方が経鼻内視鏡で受けられています。

経鼻ではなく経口内視鏡で検査を行った理由として最も多いのが、
経鼻内視鏡導入以前より病変を定期的に検査しており、同じ画質で比較していきたいという理由によるもので、これが 33.3%。
次いで吐血や消化管出血が疑われ止血処置が必要と判断したもので 29.2%でした。
経鼻内視鏡では止血操作に必要な道具がまだ揃っていないためです。
いずれの理由も最初から経鼻内視鏡を選択せずに検査を始めたもので、
経鼻内視鏡が鼻から挿入できず、経口に切り替えたのはわずか 2例のみでした。

経鼻内視鏡挿入の勘所も随分心得てまいりました。
そして経口の時とは違って、検査中に画像の解説もしますが、その口上も磨いてきたつもりでおります。
胃のスクリーニング検査として、是非経鼻内視鏡を試してみて下さい。

   ■ 経鼻内視鏡は  月・木・金・第 3 土  の午前中  で受けていただけます。