u5pp1pfk.gif ◆ 診療所ライブラリー 25 ◆


わかりやすい本にはいろいろな工夫があります。

この本では、まず一般的な目次に続いて、「しびれの部位別目次」というのがあります。
自分が必要とする情報だけを本の中から効率的に選び出すことができるわけです。

本文の方はまず、しびれの部位や起こり方からどんな病気が考えられるかを図解し、必要なページに誘導してくれます。
次にしびれの起こるメカニズムをイラストをふんだんに使って非常にわかりやすく解説。
そして検査や治療法、日常での注意点などをこれまた図表たっぷりに満載。

専門領域のことを一般の方にわかりやすく伝える手法は大いに参考にしなくてはなりません。
この本で残念なのは、すぐに手に取ってくれないのではないかと思われる表紙の味気なさだけでしょうか。


( ライブラリ充実のために .. ご協力いただければありがたいです )  → しびれが気になるときに読む本 (早わかり健康ガイド)