<< 宿便について考える 第二回 >>


photo-6.gif宿便は医学用語ではないため、消化器病関連の専門書をめくってその意味を突き止めようとしても徒労に終わります。
例外的に前回お伝えした①の「宿便性潰瘍」という疾患名にその名を見るだけですが、これはまた後で。

♦♦ 「宿便」を辞書でひも解くと…

医学用語でなければ一般用語のはずですから、国語辞典をひも解いてみました。
すると「便秘のため、長い間腸の中に溜まっていた大便」とか「排泄されないで、腸内に長くたまっている大便」等と書いてあります。
「宿」という字に注目して漢和辞典も調べてみました。
「一時そこにいさせる」「とどめる」「もとからの。古い」など、宿の持つ意味も幅広く、様々な意味に解釈できます。
仏教用語で「前世からの」という意味にも使われているようですが、さすがにこれはないでしょう。
なお、漢和辞典には宿便という言葉は載っていません。

ともあれ、辞書の意味から推測すると便秘は便が出ないという現象で、その便秘という現象によって腸に残っている便を指して宿便と称するという解釈ができますよね。
これで解決・・・!?

♦♦ 桂枝加芍薬大黄湯の効能には…

しかし初回の③で指摘した桂枝加芍薬大黄湯という漢方薬の効能には「常習便秘、宿便、しぶり腹」と便秘と宿便をわざわざ分けて記載してあります。
宿便が便秘の結果として腸に残る便であるならば、あえて書く必要はないはずです。
それにしても漢方薬の効能の欄には、しわがれ声、くさ、のぼせ、血の道症等とおよそ医学用語とは程遠い昔ながらの言葉が並んでおり読んでいて面白いのですが、宿便という言葉が古くから一般に存在していることを伺わせますね。

♦♦ 便が腸壁にこびりつくことはありません !

さて、宿便について広く流布されているのは、腸の壁にこびりついている便とするもので、そう信じておられる方も多いと思います。
しかし、長年大腸内視鏡をやっている経験上、それは絶対にあり得ないと断言しておきますし、私だけの主張でないことはネットであちこち当たってもらえば明らかです。
(その上で「胃腸の処理能力を超えて負担をかけ続けた場合に、腸管内に停滞する食物残渣や細菌類を含めた腸管内容物」と定義している医師もいて、Wikipediaではこれを採用していますが・・・。)
健康食品等を売らんがために体の仕組みをよく知らない素人が作り出した虚構でしょう。

また、こびりつきはあり得ないと否定する情報が増えてきたからでしょうか、今度は「滞留便」なる言葉が編み出されたようです。
昨年末でしたか、この滞留便なるものを解消するという薬剤がある製薬会社から発売されました。
テレビCMを見ているとご丁寧にも腸ヒダの間に溜まって簡単には動かない便のアニメーション付き。(右上のイラスト)
滞留便 = 老廃物、としていますがこれも一体どこで定義されたものやら。
いずれにしても、ヒダの間に便が残るということ、これも実際にはあり得ないことなのです。

次回から、具体的な腸の働きや疾患について見ていきながらこの辺りの事情を探ります。


宿便について考える 第一回 「宿便って何ぞや ?」
宿便について考える 第三回 「便はヒダには溜まらない」