2009121906583513834.gif20日日曜日の午前中、新型インフルエンザワクチンの接種を行ないます。
平日だけでは対応しきれないための措置です。
鹿児島は冷え込んで時々雪の舞うあいにくの気候ですが、予約をされた皆様方、お気を付けて来院してください。

予防接種時には基本的に必要ないのですが、当院ではカルテを作製します。
万が一、副反応などが出た場合にいつどのロットのワクチンを使ったかを把握してすぐ対応できるようにするためです。
カルテと保管場所が異なる問診票だけだと、定期的に来られている方でさえいつワクチン接種したかわからなくなってしまうのです。
そのため若干お時間をいただきますのでご了承下さい。

今回日曜日に診療所を開けるのは10mlバイアル対策のためです。
これは6歳未満だと40人に接種できる量なのです。
一度封を切ったら24時間以内に使用しなければならないのですが、平日の一般の外来患者さんをこなしながらでは、とてもこれだけの数の方に対応できません。
今回10mlバイアルが1本だけ当院に納入されると分かったのは15日のこと。
我々は、もし10mlバイアルが2-3本来たらどうしよう、と考えて早々に20日の接種を決めておいたのですが、もう少し早い段階でそれがわかれば予約のとり方も変わってくるのですけどね。

そして、今回の納入では予定よりも1mlバイアルで3本分不足していました。
県があらかじめ提示していた通りの人数枠を確保して予約をとっていたのにそれはないでしょう。
今回は何とかやりくりできそうですが、このような状況が繰り返されるので頭を悩ませています。