★ 診察室のデスクトップ 34 ★


いつもなら、この時期の診察室の机に置いてあるモニタ画面は冬をイメージした写真を使っていますが、今回は真夏のハワイのマウイ島。
でもマウイ島の最高峰
ハレアカラのてっぺんにあるサミットビルディングを写したものです。
車で行けてしまう標高3055メートルの山頂は真夏と言っても肌寒く、ちょっと動くと空気の薄さを感じました。
そのひんやり感をお届けしようとこの時期の写真に選んだ次第です。

ハレアカラは日の出や日の入りの時間帯に人気があるようですが、オアフ島からの日帰りでは午前中にたどり着くのがやっと。
ごつごつした岩肌の眼下に雲を望み、切れ間からは青い海、そして頭上はただひたすら青い空。
この時間帯でも絶景と自然の雄大さをたっぷり堪能できました。

しばらくはこの写真で画面を飾っておきます。



ハレアカラ