● 薬の説明書のイラスト 209 ●


今年はサクラが咲くのも散るのも早く、それに続く春の花々の開花も早いですね。
地元武岡の街路樹や公園ではもう
ツツジが花盛りとなっています。
ヒラドツツジという種がほとんどですね。

ツツジを漢字で書くと「躑躅」。
植物なのに足へんがつくので、変だなと思って調べてみました。
「躑」はしゃがむ、「躅」は踏むという意味です。
羊がツツジのつぼみを母親のおっぱいと勘違いして食べたらひざまずいて死んじゃった、といったような意味の故事から来ているようですね。
今年はヒツジ年、勉強になりましたが、何でそのような故事がクローズアップされたのでしょうか。
ツツジとヒツジをどこかで取り違えたのかも。



ツツジ