血圧計012013年に採択された「水銀に関する水俣条約」を受けて、2020年以降、水銀を使った機器の製造や輸出が原則禁止となります。
それで、気になっていた当診療所の血圧計を新しくしました。

今回購入した電子式血圧計は、血圧の表示部分がデジタルの液晶バー表示になっているだけで、腕にマンシェットを巻き送気球で膨らまして聴診器でコロトコフ音を聞く作業は従来通り。
非常に使いやすいです。
ただ、水銀血圧計と違って乾電池を2個使うので、電池切れには気をつけないといけないですね。

水銀血圧計が残っているご家庭もあると思いますが、普通にゴミとして出せません。
ゴミ焼却施設の排気中の水銀濃度が規制値を超えると焼却炉が止まり、清掃事業に大きな影響が出るんだそうです。
水銀を使った機器ついては、2020年に向けて公的に回収事業が展開されるのではないでしょうか。
何らかの呼びかけがなされるものと予想されますので、慌てて廃棄しないようにして下さいね。