大腸内視鏡を行う意義 日本人に大腸がんが増えています

男性の2人に1人、女性の3人に1人ががんに罹る現代日本においてとりわけ増えているのが大腸がんです。

その大腸がんを検診で見つけるのに有効な手段として評価されているのが 便潜血反応検査。この簡便な検査を受けた人は受けない人に比べて、大腸がんによる死亡率が7割も低いという調査結果も2007年に報告されています。苦痛を伴わない効率的な検査にも関わらずこの検診を受けられる方は対象年齢の15% ほど。鹿児島県では受けられる方が全国平均に比べると若干多いのですが、それでも19% ほどです。

2009060914141725181.gif便潜血反応検査で陽性となった場合、大腸内視鏡などの精密検査を受けなくてはがんの有無の診断はできませんが、受けずにほったらかしにしている方が鹿児島県でみると2割ほどいらっしゃいます。これでは便潜血反応検査を行なった意味がありません。実際にがんが見つかるのは陽性の中の3% 程 ( 陽性反応的中度 ) に過ぎないのですが、自覚症状のない早期のうちに見つけて適切な治療をすると予後が良いのも大腸がんの特徴です。特に鹿児島県では集団健診により見つかった大腸がんの5年生存率は9割を超えるという成績が出ています。

 私が大腸内視鏡に取り組むようになったきっかけ

当院でも 大腸内視鏡検査 を積極的に実施しております。小さな診療所ながらポリープ切除も行なっておりますし、数多くの症例経験をもとに苦痛の少ない検査を心がけております。
2017年4月からは、フジの最新鋭の内視鏡「EC-L600ZP7」を導入しました。この機種は操作性や観察にすぐれ苦痛も少なく受けていただける、大腸内視鏡史上最高傑作との評価の高いものです。

600

そもそも学生時代は消化器病にはあまり興味がなかったのですが、研修医時代、平成になりたての当時に年間2000例は大腸検査を行なうという関西では最も症例をこなしていた先生の下で、その華麗なるテクニックに魅せられて内視鏡医としての道を選んだ経緯があります。

他の施設との比較で大きなアドバンテージといえば土曜日の午後も検査を行なっているという点でしょうか。
便潜血にしろ大腸内視鏡にしろ少々恥ずかしさを伴うものかもしれませんが、非常に有用な検査です。 日頃忙しい方も、当院の土曜日などを活用して是非大腸内視鏡検査を受けていただきたいと思います。

検診での便潜血陽性の方のみならず、

  便通異常や下血など大腸疾患を疑う症状のある方
  糖尿病 ( 根拠 ) やメタボリックシンドローム ( 根拠 ) の方
  40歳以上の方で大腸検査を一度も受けられたことのない方

などでも検査をお勧めします。

 大腸内視鏡の検査スケジュール

検査は 月・火・水・金・土の午後に実施しております。
ご予約はお電話で → 099-281-7515

 大腸内視鏡に関するブログの関連記事

   
   ■ メタボリック症候群から大腸がんへ
   ■ 薬で大腸がんの予防 !?
   ■ 牛乳で大腸がんの予防 ?
   ■ 補足しておきたい最新のデータ
   ■ 便潜血反応検査について

   ■ コロナビ体験記
   ■ 内視鏡医にウーロン茶ブーム
   ■ 増えてます、大腸内視鏡検査
   ■ 昨年の内視鏡検査
   ■ ビジュアル版 がんの教科書

   ■ 腸の病気は連鎖する
   ■ 内視鏡検査で便秘薬を選択
   ■ 内臓感覚
   ■ 宿便の定義を調べてみる
   ■ 便はヒダには溜まらない

   ■ 大腸憩室症について
   ■ 早期発見・早期治療
   ■ 男女の違い その2
   ■ 土曜日に大腸内視鏡
   ■ 虚血性大腸炎

   ■ 大腸がん 手術後の生活読本
   ■ 大腸の形態と便通異常
   ■ 大腸憩室からの出血
   ■ 「排便力」が身につく本
   ■ 突き詰めれば、シンプルそしてアート

   ■ 最近、大腸がんの話題が目につきました
   ■ 1位となった大腸がん
   ■ 肉を食べて大腸がん ?