2019鹿児島マラソン昨日3月3日は、第四回鹿児島マラソンでした。

過去、天候に全く恵まれてこなかった鹿児島マラソン。
今回も、週間予報などではかなりの降雨量が予報されていましたが、前日になってトーンダウンし、大会当日は、整列時から午後1時半頃までは全く雨は降らず、気温もそれほど上がりませんでした。
スタートを待つ間に風が吹くとやや寒さを感じる程度。
海沿いはやや風が強かったものの、レース中日差しもなく走りやすかったです。
そのためか、完走率も94.6%と過去最高だったようです。

今回もメディカルランナーとして走りましたが、対応事案もなく、救急車の出動も随分少なかったように思います。
また、沿道の応援が寂しくなる国道10号線には、ボランティアの方々の応援がかなり増えていてありがたかったです。
特に仙巌園から竜ケ水にかけての高校生260人による応援ウォーキングはとてもいい企画で、元気をもらいました。
走り終わった後のおもてなしは、県外からのランナーにはかなり好評なようですね。


私は、昨年11月の神戸マラソンで初サブ4を達成しましたが、その際にマラソンの走り方がなんとなく見えた気がしました。
いわゆるネガティブスプリットを心がけることや、水分・栄養補給を怠らないことなどなどです。

今回も前半を抑え気味にして、中間点を超えたあたりからやや抑えを和らげ、28km付近から徐々に速度を上げていった結果、前半よりも後半が3分半程早くなっていました。
うまくハマり過ぎて、自分でもちょっとびっくりしています。
また、栄養補給には先日紹介した「スゴ飯」を2本。
これを14kmと24km付近で利用し、トータル552kcalも補えたのが後半の走りにつながったように思います。
おかげさまで、神戸マラソンの際の記録を更に7分程更新できました。

また来年もいい天候に恵まれますように。