野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して42年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

8月14日・15日はお盆休みをいただきます。ご了承下さい。



 薬・注射の話

10月から高齢者の肺炎球菌ワクチン及び水痘ワクチンの定期接種が10月からスタートしました。
ここでちょっと混乱が起こっています。

電話まず、肺炎球菌ワクチンについて。
鹿児島市においては対象者に通知が既に郵送されていますが、この中にどこの医療機関で対応しているかの一覧表が含まれていないのです。
当院で受けていただくことは可能なのですが、確認の電話が1日からひっきりなしにかかってきて業務に支障をきたしています。
行政がたった一枚の用紙の準備を怠った結果、対象者も医療機関も余計な作業に追われる始末です。
来年度以降はこういうことが発生しないよう改善を望みます。

水痘ワクチンについては、対象者のいる家庭に郵送したフローチャートに重大なミスがあったようです。
『水ぼうそうにかかったことがありますか。』の質問に対して「はい」ならワクチン接種の必要がないのですが、「いいえ」で『接種の必要はありません』にたどり着いてしまうという、全くお粗末なチャートです。
これを信じてワクチン接種をされない方が続出するという事態になったら大変です。
正しいフローチャートは鹿児島市のホームページに掲載されていますので、しっかり確認して下さい。( → こちら )

10月から水痘と高齢者の肺炎球菌ワクチンが定期接種化されます。
先日、スタッフ全員で勉強しましたが、肺炎球菌ワクチンについては対象となる人がちょっぴり複雑なので整理しておきましょう。

肺炎球菌基本的には65歳の人が対象になります。
しかし、それでは高齢者をすべてカバーできないので今後5年間かけて、
65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳の方に接種します。
今年度に限っては101歳以上の方全員も対象となります。

なお、肺炎球菌ワクチンは、すべての肺炎を予防するものでないことはこのブログでも繰り返しお伝えしておりますのでご参考に。→ こちら
90歳代男性の死因の第1位は肺炎ですし、高齢者が肺炎球菌による肺炎に罹るとの1/3の方が亡くなるとされています。
肺炎は簡単に治る病気という認識の方が多いようですが、この機会を逃さずに予防接種を受けてくださいね。

サッカーサッカーワールドカップが始まりました。

鹿児島県出身者が2名、そしてもう1名鹿児島実業出身者がメンバーにいるので、鹿児島の方の関心が高いのもうなずけます。
春・夏の甲子園で地元校が出る試合の時は外来も閑古鳥が鳴きますが、今回のサッカーではどうなることでしょう。
ただ、今回の日本の試合スケジュールをみると、二戦目のギリシャ戦が朝一番の外来にかぶりそうですが、三戦目は日本時間の5時から。
ちょっぴり早起きするだけで済みそうです。

楽しむのは大いに結構ですが、あまり極端に生活のリズムを乱さないように気をつけましょうね。
というのも先日、日本対ザンビアの親善試合が午前中に行なわれましたけれども、シーソーゲームだったせいでしょうか、試合中に診察室に入ってきた患者さんの血圧が軒並み上がっていたからです。
普段、サッカーなどさほど関心持っていないだろうと思われるご高齢女性もでしたから。

悩みここ数年、新しい糖尿病治療薬の発売が続いています。
DPP-4阻害薬というジャンルの薬が2009年から昨年にかけて 7種類が発売されました。
一段落したと思ったら、今年に入ってSGLT-2阻害薬というものが出てきました。
4月に 1剤先行して世に出てきたのですが、今月 3成分が一斉同時発売という日本の医薬品史上でもかつてないような事態で、各社の売り込みも激しいものがあります。
処方する我々にとっても非常に悩ましいことです。

このSGLT-2阻害薬は簡単に言うと、糖を尿に流すことで血糖を下げるもので、体重減少や血圧低下なども期待されています。
反面、尿量が増えて口渇や便秘、尿路感染症などが起きやすいとされています。
DPP-4阻害薬もようやくその処方の勘所を掴んできたところなので、SGLT-2阻害薬の使い方もそのうち理解できてくるだろうと思います。


さて、SGLT-2阻害薬に関してちょっと興味がある情報を最近知りましたので紹介しておきます。

まず、毛細血管の周皮細胞にもSGLT-2が存在し、これを介してナトリウムが過剰に取り込まれると細胞の膨化が起こったり増殖能が落ちたりするということ。
この現象が糖尿病性の細小血管障害や網膜症につながる可能性があり、SGLT-2阻害薬を使うことで合併症を防ぐ可能性が期待できそうです。

もう一つ、SGLT-2阻害薬を使うとグルカゴンが増えるという情報 ( → こちら )http://

このことは 9日に同級生がWeb講演会で話していたので知ったものです。
グルカゴンは糖を上げてしまうホルモンなんですが、SGLT-2阻害薬を使うと血糖は改善するわけなので、グルカゴンの上昇が一体どういう意味を持つのかは今後の課題でしょう。


スルカインという薬のちょっと古い添付文書の効能にこんな文章を見つけました。

「胃炎に伴う胃痛、嘔気、呑酸・嘈囃及び胃部不快感」

嘈囃」??
「そうそう」と読むそうです。
消化器を主な専門にしていながら、全く知らない言葉ですし、知らない症状です。
でもちゃんと添付文章の臨床効果の欄に「呑酸・嘈囃に対する有効率 85.4% ( 176 / 206 )」と書いてあるではないですか。( → こちら )
しっかり効果を調べたからにはそういう症状が存在するのは間違いありません。

しかし、辞書で調べても単語としては見つけられなかったので、それぞれの漢字の意味を探ってみました。

 嘈  さわがしい。かまびすしい。やかましい、またその声。
 囃  はやし。かけごえ。歌や舞を助ける声。歌に合わせて調子をとる鳴りもの。

胸やけ2何となく騒々しい声、と連想できそうですが、胃炎という消化器の症状としては全く理解できません。
効能書きの文章を改めてよく見ると、嘈囃の前は読点ではなく「・」。
呑酸 ( どんさん ) と連なった四文字の言葉のようで「呑酸嘈囃」で、胸やけを意味すると医学大辞典に載っています。
酸を飲んで、けたたましく大騒ぎをする・・。
確かに、鹿児島名産の黒酢など酸っぱいものを一気に飲むと、大抵の人はその刺激に思わず悲鳴を上げてしまいますよね。

ただ、嘈囃という二文字の言葉は中国医学の古典的書物にも見られ、これだけでも胸やけの意味になるようです。
傷寒論 ( しょうかんろん ) 」や「金匱要略 ( きんきようりゃく ) 」を解説した「類聚方広義 ( るいじゅほうこうぎ ) 」の中に「嘈囃胸を刺し」なんて文章も見られます。

対して「呑酸」ですが、逆流性食道炎が増えてきたこともあり、酸っぱいものがこみ上げてくることの意味に使われます。
しかし、漢字を額面通りに解釈すると「酸を呑む」です。
酸の流れる方向が逆のような気がしますけれども、胃酸がこみあげてくる症状を表すのに適切なのかどうか。
でも、「呑酸」=「おくび」( げっぷ ) とする辞書もあるようですね。

胸やけを患者さんがどのように表現するかを調査した報告があるのですが、むかむか・胃が重い・胸が熱い・胃が痛い・食欲がない、などバリエーションが多彩であることがわかっています。
昔の人達が、この胸やけを表現するのに苦労して落ち着いたのが「呑酸嘈囃」という言葉ではなかったか、と勝手に推論する次第でありました。

なお、最新の効能書きからは「呑酸・嘈囃」の文字は消え、かわりに「胃部不快感」に改まっていることを付加しておきます。
ということは、どんさんそうそう = 胃部不快感 !? 
 

エピペン給食のチヂミが原因の食物アレルギーによる死亡例がありましたね。
この報道でも出てきましたが、アナフィラキシーショックという言葉を聞いた事があると思います。
「ショック」は誤解されやすい医学用語のうちの一つ。
日本語訳は急性循環不全で、びっくりするといったような意味ではありません。
定義として「生命に対する侵襲あるいは侵襲に対する生体反応の結果、重要な臓器の血流が維持できなくなり、細胞の代謝障害や臓器障害が起こり、生命の危機に至る急性の症候群」。
ちょっと難しいですね。
アナフィラキシーは、短時間のうちに全身性にアレルギー症状が出る反応のこと。
ですから、アナフィラキシーショックとはアレルギーが急激に起こって血圧が著しく低下すること、とおおよそ理解していただければよろしいのではないでしょうか。

さて、関心が高まってきているのがエピペンという自己注射薬です。
このエピペンは症状の進行を一時的に緩和し「ショック」を防ぐ成分を太ももに注射するキット。
簡単な操作で確実に注射できるような仕組みになっています。 
特に素晴らしいのは注射針を見ることなく注射ができてしまう点で、恐怖心を抱くことがほとんどないでしょう。
ただし元々軍事用に開発され、服の上からも打てるように針はやや太めという話ですけれども。
当院でも処方できますので、食物アレルギーのお子さんのいらっしゃるご家庭の方や、森林作業が多くハチに刺された経験のある方などご相談下さい。

ただ、保険が適用されますが1本が1万円を超えるという価格設定がなされています。
いくら何でも高過ぎではないでしょうか。

  ( 参考 → アナフィラキシーってなあに )

既にご存知かと思いますが、9月1日からポリオの予防接種がこれまでの生ワクチンを2回飲む方法から不活化ワクチンを4回注射する方法に変わっています。
接種スケジュールがややこしくなっていますので整理してみましょう。


ポリオ平成24年7月31日以前に生まれたお子さんが対象です。
・既に生ワクチンを2回接種された方は注射の必要はありません
・既に生ワクチンを1回接種された方は注射を3回打つ必要があります。接種間隔に気をつけて予定を立ててください。
・生ワクチンを一度も接種していない場合は注射を4回打つ必要があります。接種間隔に気をつけて予定を立ててください。

平成24年8月1日以降に生まれたお子さんは、従来の3種混合ワクチンにポリオを加えた4種混合ワクチンを4回接種する方法で対応します。これは11月1日以降で接種が始まる予定です。
 

ISSこの前、勉強会で某MRさんにブログのネタにどうでしょうかと振られたので、折角ですから記事にしてみますね。

宇宙飛行士若田光一さんが国際宇宙ステーションに長期滞在中、色々な実験を行なっていたことはご存知だと思いますが、そのうちの一つに無重力空間での骨密度の低下を防ぐための研究を行なっていたようです。( → こちら )
通常 1ヶ月で 1~1.5%減少する骨密度が、2時間の筋力運動とビスフォスフォネート製剤を服用することでむしろ増えていたそうです。
運動と薬剤のどっちが良かったのか、あるいは併用が大事なのか若田さんの実験だけでは判断は難しいですね。

ところでビスフォスフォネート製剤は服用上の注意事項があります。
「服用後少なくとも30分は横にならず、飲食 (水を除く) 並びに他の薬剤の経口摂取も避けること」
これは食道に薬が引っかかって粘膜傷害を起こすことがあるのでその予防のための注意なんですが、無重力では意味をなしません。
実際のところこの注意事項、どこまで必要なんでしょうか ?

鬼の目にも涙まもなく、胃薬の目薬が出ます。

普通に読んだらよく分からない文章ですが、元々胃炎・潰瘍治療薬として発売されているレバミピド ( ムコスタ ) がドライアイ用の点眼薬となって登場するのです。
元々胃粘液が増えることが知られていたのですが、角膜や結膜でも粘液を増やす作用が確認されたとのこと。
面白いですね。
ただ白濁した液体なので点眼後しばらく目がかすむのと苦味があるのが玉に瑕のようです。

元来ドライアイ治療薬の王道はヒアルロン酸の点眼薬でした。
ヒアルロン酸分子内に水分子を保持する作用があるのです。
ヒアルロン酸は医療用に昔から使われてはいますが、点眼薬の他は関節への注射薬しか存在しません。( 注射薬は内視鏡治療時の粘膜下注入剤としても応用されています。)
なぜ内服薬がないかというと、内服では効果の程がはっきりしないからです。
最近ヒアルロン酸を含んだサプリメントの宣伝を盛んに見聞きしますが、どういう利点があるのか明確でないことはしっかり理解しておいてください。

さて、胃薬の中には唾液の分泌を促すものもあります。
ニザチジン ( アシノン ) という胃炎・潰瘍治療薬ですが、ドライマウス症状のある胃炎や潰瘍、逆流性食道炎の方には喜ばれることが多いですね。

HPV.gif夏休みの期間は子宮頸癌予防ワクチンを接種される方が多数いらっしゃいました。

子宮頸癌予防ワクチン接種事業に基づき、鹿児島市では対象年齢の方は無料で予防接種を受けていただくことが可能であることはご存知かと思いますが、注意点があります。( 事業の詳細はこちら → 子宮頸癌予防ワクチン接種について )

① 現高校2年生は特例として、9月までに1回目の接種を受ければ事業の対象として無料となります。10月以降は一切対象となりません。

② その他の対象年齢の方については来年3月末までに接種する分については無料となります。ワクチンは合計3回接種していただく必要があります。3回目は初回接種の6ヶ月後に受けていただきますので、初回はやはり9月中に受けていただかないと、全てが無料の対象となりません。

以上の点を十分ご留意下さい。


9月15日からはこれまでの「サーバリックス」に加えて「ガーダシル」というワクチンが接種可能となります。
サーバリックスは 2価のワクチンで、子宮頸癌の原因となる HPV ( ヒトパピローマウイルス ) の16型・18型の感染を予防します。
そして新しい免疫増強剤が付加されているためワクチンの効果が長く、20年は続くのではと推定されています。( → 参考 )
これに対し、ガーダシルは 4価のワクチンで、16型・18型に加え、6型・11型にも有効です。
6型・11型は子宮頸癌には関係しませんが、尖圭コンジローマという皮膚疾患の原因となるもので、このワクチンにより HPV疾患を広くカバーすることができます。
有効期間は 5年となっています。

9月15日以降に初回接種を受けられる方は、どちらかを選択していただくことになります。


いずれにせよ、この予防接種事業での無料接種の恩恵を最大限に享受していただくためには 1回目を今月中に受けていただく必要がありますので、希望される方は早めにご予約くださいね。

2011061022304312524.gif昨年度末で中学1年生から高校1年生相当年齢の女性に対しての子宮頸癌予防ワクチン接種事業が実施されています。

無料とあってかワクチンがすぐに品薄となってしまい、受けたくても受けられないまま4月に高校2年生なってしまった方も多くいらっしゃると思います。
現高校2年生については特例として、9月までに1回目の接種を受ければ事業の対象として無料となります。
と言ってもワクチンそのものが無くて為す術もなかったのですけれど、数日前に少しずつ納入できるとの連絡がありました。
既に予約を入れておられた方に対して順次電話を差し上げている最中です。
まだ予約数を満たすだけの数が揃っているわけではないので、順番が来るのをもうちょっとお待ち下さいね。

2011052312212222145.gif「粉薬は苦手なので錠剤をください」とおっしゃる方が少なからず存在します。
剤形として粉末しか存在しないものを処方しようとする場合、我々としては困ってしまうことがありますし、飲む側もかなり辛い思いをすることになります。
医師や薬剤師からは市販のオブラートやカプセルを利用することくらいしか助言してもらえないことがほとんどだと思うのですが、これまでの経験から粉薬を苦手とする理由がどうやら見えてきました。

粉薬がダメという人に確かめてみると、薬を口の中いっぱいに広げてしまう傾向が強いようです。
頬の内側や歯茎と唇の間等に粉を付着させてしまい、水を飲み込んだ後も粉が口腔内に残ってしまい薬の苦さに涙しているのです。
また、薬を口に入れる際に鼻で呼吸してしまい粉を鼻へ吸い込んだり、逆に鼻息でまき散らしたりするケースもあるようですね。

以上を踏まえて上手な粉薬の服用法をアドバイスしてみます。

① 水を先に含みますが、この際大量に含まないことが大事です。
  少量含んで、顔を少し上に向けてみましょう。
  その時に下の歯列を堤防にそして舌の前の部分を底にした部分から水がはみ出ない程度が適量です。
  それ以上の水を含むと薬を口の中に広げてしまう原因となりえます。

② ①で口の中に作った水のプールに息を止めて粉薬を入れます。
  唇や歯など余計な部分に粉をつけないよう、あくまで水の部分にだけ薬を浮かべるようにします。

③ 息を止めている間に一気に飲み込みます。
  粉薬を飲むというより、最初に溜めた水を飲み込む感覚で。
  途中で息をすると頬や舌の筋肉が緩んでしまい薬を広げてしまう原因になります。
  若干は粉が残りますが、それは水を追加して流し込んでください。

粉薬を口の中に広げずに留まる時間を短かくすることが大切なポイントです。
嫌がらずに練習してみてくださいね。

2011052622491620631.gif東日本大震災の影響でいくつかの医薬品の入手が困難となっていましたが、徐々に状況も好転してきています。
最もご迷惑をおかけしていたのが「モーラステープ L」という貼付剤だと思いますが、先日より生産が軌道に乗ったという情報を得ました。
小さなサイズのテープ剤で何とか凌いでいただいていた皆様には朗報かと思います。

湿布と違って水分を含まない医療用外用鎮痛消炎テープ剤が登場したのは1988年のこと。
私が医師免許を取得した前の年なのですが、意外と歴史が浅いのですね。
私もたまにテープ剤の恩恵にあずかっている身なので、いい時代に生まれたなと思っています。

2011040617270817109.gif東日本大震災で医薬品にも影響が出ていることを既に2回お知らせしました。

書き漏れたのですが、湿布の一部が工場被災で出荷できなくなっています。
小さなサイズのものは問題ないのですが、大きなサイズのものが作れない状況のようです。
大判サイズは一定のニーズがあるため、他のメーカーのものも品薄状態になっています。
当院でも一度に多くの数を処方するのを控えておりますのでご了承ください。

さて、影響の出た医薬品もある程度供給体制の整備がなされつつあります。
最も心配されたチラーヂンSも今月中には生産一部再開と輸入品とで賄えそうな気配。
他の医薬品も5月、6月には・・・というアナウンスが聞こえてきております。

2011032810373316187.gif
先日、震災による甲状腺機能低下症に対して用いる薬「チラーヂンS」の供給停止の話をしましたが、工場の再開のめどが立ち、輸入品と相まって 4月中旬からは問題は解決しそうです。

それ以外にもいくつか影響があります。
当院では漢方薬の一部、インスリン自己注射用の針、経腸栄養剤などにしばらく影響が出そうです。

内視鏡関係では前回お伝えしたオリンパスの修理サービス以外に一部の内視鏡洗浄剤の製造・出荷停止が生じています。
当院はフジノン製の内視鏡の上、電解酸性水を用いた内視鏡消毒を行っているため全く支障をきたしていませんので、安心して検査を受けていただきたいと思います。

↑このページのトップヘ