野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して41年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

④ 連載

b59t0qno.gif【診察室のBGM 3】


ベット・ミドラーの主演した映画のタイトルでもあり、かつ映画中で唄われる「The Rose」。数多くのアーティストにカバーされた名曲で、ご存知の方も多いと思います。

溝口肇 のアルバム「Angel」では、その冒頭を飾っています。
この曲は歌詞がとても秀逸なのですが、チェロのソロで情感たっぷりに奏で上げ、
本来この曲の持つ意味以上の魅力が引き出されているのではないでしょうか。
「The Rose」、ここに極まれり、と言っても過言ではありません。
ちなみに、日産のCMにも使用されていました。

溝口肇は 20年来聴いているお気に入りのアーティストで、診察室用には25曲ほど選んであります。

最近、子供に付き合ってディズニーチャンネルを見ていたら、ベット・ミドラーが魔女役で出ていました。
とてもはまり役。時代の流れを感じます。





  → 「Angel」

b5ro1i_c.gif ◆ 診療所ライブラリー 4 ◆


介護の有無に関わらず、親と一緒に生活していらっしゃるご家庭、多いと思います。
そんな中、どうも上手な親子関係が築き上げられていないと感じておられている方に、ヒントになることがこの本の中に見つけられたら幸いです。

親が頑固になったと感じるのは、親に対する偏見や無理解が原因とか、
「もう年だから」と考えるのもそもそも偏見で、それが対立の原因になるとか、
ふむふむと思いながら読み進めていけば、
それぞれのご家庭での親子間の最適な距離のとり方が見えてくるかも知れません。

当診療所の書籍貸出しを遠慮なくご活用下さい。


( 新しい本の購入のために..ご協力をお願いします )  → 老人の「複雑な思い」をわかってあげる本

 ● 薬の説明書のイラスト 6 ●


薬の説明書のイラスト、1日早いのですが、明日から11月のものに変更します。
選んだのはもちろん七五三です。
今年も300日以上が過ぎ去っていきましたが、日中の暖かさで七五三の時期であることを実感出来ませんね。

gpassi2y.gif

fjcgolho.gif【診察室のBGM 2】


1987年まで活動していた Carioca が、1984年に発表した「Pale Moon」のオープニングを飾る曲です。
佐藤正美のアコースティックギターと今は亡き乾裕樹のピアノが何とも心地よく響きます。

当時はまだLPの時代で、水墨画のようなレコードジャケットには見飽きることがありませんでした。これは加納典明の手によるもので、彼の映像とのコラボでレーザーディスクも売られていました。
アルバム全体が美しい癒しのサウンドばかりです。
最近、iTunes storeでも扱われるようになり、購入して懐かしく何度も聴いています。

佐藤正美はその後ソロで、乾裕樹はおかあさんといっしょやアニメの音楽などで活躍。
(「パンダうさぎコアラ」などご存知ではないでしょうか)
手持ちのCariocaの作品からはこの曲も含めて8曲を選んで診察室で流しています。





  → 「PALE MOON」

sa4x2pmb.gif ◆ 診療所ライブラリー 3 ◆


つい手に取って開きたくなるタイトル。
貸出し可能な書籍の紹介、第三弾です。

実は当診療所でも、この本に書かれていることをいくつか応用させてもらっていて大変重宝している本です。
ハーブや松の葉、木酢など自然の物を利用した消臭法、臭い自体を発生させない工夫など、
ちょっとした身近な工夫で出来ることが紹介されています。
実際にご自宅で介護をなさっている方々には大いに参考になることと思います。

27日からは読書週間当院の書籍貸出しを是非御利用下さい。>



( 新しい本の購入のために..ご協力をお願いします )  → イラスト版 介護・臭いで困っていませんか (健康ライブラリー)

vyhqnrxm.gif【診察室のBGM 1】


今回から、診察室のBGMに選んだ曲を紹介していきます。
手始めに紹介するのは Jane Monheit の1曲です。

透明感のある優しい伸びやかな声。癒しにはぴったりだと思います。
アルバム「Taking a Chance on Love」は、数々のミュージカル作品をその魅力ある歌声で聴かせてくれます。彼女の声を遺憾なく引き出すアレンジも見事。
「Over the Rainbow」は控えめなオーケストラが彼女の魅力を際立たせています。
このアルバムからは他に5曲をチョイスしました。

また「Over the Rainbow」は村治佳織の作品も選んであります。柔らかでいてなおかつ表現豊かな彼女のギターにうっとりさせられます。
最近では、UA X 菊地成孔の「Over the Rainbow」も強烈な印象を残してくれました。








  → 「Taking a Chance on Love」

iwcudeu9.gif ◆ 診療所ライブラリー 2 ◆


診療所の貸出し可能な書籍の紹介第二回目です。

大腸がんの予防にはやっぱり食物繊維がいいんですよね」と患者さんに聞かれて、
「そうですよ」と何も疑わずに答えていましたが、どうやらそれは間違いだったようです。
食物繊維をいくら摂っても大腸がんの発症率に変化はないんだそうです。

科学的なデータを基にしてこれまでの常識に根拠がないものがあることを示し、
逆に信頼のおけるデータから健康に関する新しい常識を紹介してあります。
例えば -- コーヒーをたくさん飲む人は糖尿病になりにくい --
えーっと思ったけど、ちゃんとしたデータがそこには提示してあります。

いい加減な宣伝文句に惑わされずに、冷静に健康に関わる情報を見分ける目を持つことがとても大切なのだと改めて思います。




( 新しい本の購入のために..ご協力をお願いします )  → 生活習慣病、その「常識」で防げますか?―意外に知らない健康情報のウソとホント

dr_blign.gif ◆ 診療所ライブラリー 1 ◆


今回より当院で貸出しを行う書籍をピックアップして紹介していきます。

この本はタイトルに惹かれて購入したものです。
Q&A方式で靴に関してのいろいろな雑学が学べます。
例えば、「ハイヒールは本当によくない履物か」「重い靴、軽い靴のどちらがよいか」「革靴は燃えるゴミか」など。

さらに、腰痛症・変形性股関節症・O脚・扁平足・巻き爪など疾患ごとに靴の選び方をアドバイスしてあります。

足腰の悪くない人にも読み物として十分楽しめる内容ですが、情報量に比べちょっとお値段が張る気がしますので、是非当院の貸出しを利用して読んでみてください。




( 新しい本の購入のために..ご協力をお願いします )  → 腰痛・下肢痛のための靴選びガイド―からだにあった正しい靴を履いていますか

 ● 薬の説明書のイラスト 5 ●


薬の説明書のイラストは今週より柿です。
ハロウィンのイラストとどちらにしようか迷いましたが、
日本にもう一つ定着しきれていない行事なので今回は見送りました。

例年ハロウィンの日に、武岡にある鹿児島で最も有名なケーキ屋さんに我が子供たちは仮装して出向きます。
クッキーが貰えるからです。私はもうすぐ親戚から送られてくるであろう岐阜の富由柿を楽しみにしています。

vylfyqdg.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 4 ●


10月となりました。
最近は 9月のうちに運動会を終わらせてしまう学校が多いので、少し時期はずれかも知れませんが、
今回の薬の説明書のイラストには運動会を選びました。
同じカゴに紅も白も玉を入れ合っているのは少しおかしいですけれど、まあご愛嬌。

7ydzlqkn.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 3 ●


今日の鹿児島の最高気温は27度台だったとか。秋の訪れを肌でも実感出来るようになってきました。
9月後半の薬の説明書のイラストにはキキョウを選びました。

saymyd8t.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 2 ●


まだまだ暑い日々が続くものの、明日より9月ですね。
9月前半の薬の説明書のイラストは赤トンボです。
昨日は診療所内にトンボが迷い込んでいましたが、知らないうち無事に脱出してくれたようです。

dzuclvf7.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 1 ●


薬を処方する際に一緒にお渡しする「薬の説明書」は、私が ファイルメーカー Pro で手作りしたものです。
それだけに至らない部分もありますが、手を加えることも自由自在です。
この6月からは季節に応じたイラストを入れるようにしました。
今週からはうちわです。

wkx9hbzq.gif

↑このページのトップヘ