野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡にある野口内科です。
  医療に関することはもちろん、近隣の話題や音楽・本のことなどについて綴ってまいります。
    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶ アクセスMAP
         ▶▶ バス路線図

インフルエンザの予防接種は10月より開始する予定ですが、既に流行の兆しが見えます。十分に気をつけてください。

 薬の説明書のイラスト

 ● 薬の説明書のイラスト 267 ●


9月後半のイラストはモノレールです。
東京五輪直前の1964年の9月17日に東京モノレールが開業したのを記念して、モノレールの日が制定されているからなのですが、つい先日、立ち往生して全線運転を見合わせていましたね。

この東京モノレール以外に乗ったことがあるのは、東京ディズニーランドにあるものと、沖縄のゆいレールだけです。
私が神戸に住み始めた頃、廃止して放置されていた姫路のモノレールの送電線が落下する事故があり、それをきっかけに路線の撤去が始まったと記憶しています。
調べてみるとまだ一部の路線は残っているのですね。
モノレールにまつわるエピソードでした。


もの

Clip to Evernote

 ● 薬の説明書のイラスト 265 ●


関東以北は天候不順で気温もあまり上がっていないようですが、鹿児島は例年よりも暑い日が続いていてうんざりします。

昔ながらの知恵として、打ち水というのがあります。
確かに温度を下げる効果があるようですが、湿度も上げてしまうので、体感的にはあまりかわらないように思います。
そのせいでしょうか、打ち水に関するイベントが一時よりは減ってきたような気がしますが。

8月後半のイラストは昨日から打ち水に変わっています。



うちみず
Clip to Evernote

 ● 薬の説明書のイラスト 264 ●


野口内科はこの8月で開院40周年を迎えます。

そこで8月前半の薬の説明書のイラストに、40という数字をあしらったロゴを入れることにしました。

特別に何かが変わるというわけでもなく、いつもの場所でいつものように外来診療を行なっています。
今後ともよろしくお願い申し上げます。



40しゅう
Clip to Evernote

 ● 薬の説明書のイラスト 263 ●


昨夜は照国神社の六月灯に行ってきました。
毎年7月15日と16日に開催されますが、今回は土日に重なり天気も良かったので、かなりの人出でした。
近年は浴衣も復権してきましたけど、浴衣を着ている外人さんもたくさんいましたね。
中にはヒジャブ ( イスラム教の女性が頭部を覆うスカーフ ) を付けたままの浴衣姿の人もいて、ちょっと新鮮でした。

今月末まで鹿児島各地の神社で六月灯は行われます。
そこで、今回の薬の説明書のイラストには浴衣
を選んでみました。


かた
Clip to Evernote

 ● 薬の説明書のイラスト 262 ●


日本に初めてお目見えした日を記念して7月9日がジェットコースターの日になっていますので、今回の薬の説明書のイラストはジェットコースター


ジェットコースターにまつわるエピソードを一つ。
学生時代、実習で姫路の病院に行きました。
実習が終わって時間に余裕があったので、同級生を含め3人で近くの姫路セントラルパークへ。
平日の遊園地は閑散としていて導入されたばかりのフリーフォールなども待たずに乗れました。
最後にジェットコースターです。
先頭に別のお客さんが2人、中央付近に同級生2人が、そして最もスリルを味わえるという最後尾に私がひとりで座りました。
終わってコースターが乗り場に戻ってくる直前に、ふとしたいたずら心が。
座席の下に身を隠してみたのです。
シートベルトを外して振り返った同級生が「あれっ!? いないぞ!! どっかで振り落とされたか??」と騒ぎ始めました。
笑いをこらえていましたが、係員が青ざめた表情で駆けて来たのにはちょっと恐縮。
やんちゃな学生時代の一コマでした。


こーすた
Clip to Evernote

 ● 薬の説明書のイラスト 261 ●


梅雨に入ったのに、今年はこれまであまり雨が降っていません。
11日の朝に強い雨が降りましたが、次は20日に傘マークが付いているのみ。
また、気温が高いのに湿度があまり高くないのでとても過ごしやすいです。
木陰にいると気持ちのいい涼しい風が吹いてきます。

ですが、6月後半の薬の説明書にはレインコート
を選びました。
毎年、何らかの形で梅雨後半には災害が起きます。
十分に気をつけて下さいね。


カッパー
Clip to Evernote

 ● 薬の説明書のイラスト 260 ●


日本に古くからある花、なでしこ

秋の七草の一つなのですが、春先から見かける花ですよね。
一体いつが開花時期なのか、調べてみたら種類にもよるそうです。

今、当院の玄関先の植え込みで咲いていますので、6月前半の薬の説明書のイラストに選んでみました。


なで
Clip to Evernote

 ● 薬の説明書のイラスト 259 ●


5月はゴールデンウィークがある関係上、薬の説明書のイラストの更新は18日からになります。
今回選んだのは
お茶漬けですが、これは5月17日がお茶漬けの日だから ( 日程的にはずれてしまっていますけど‥) 。

小学生の頃、永谷園のお茶漬けのおまけで入っていた広重の東海道五十三次の浮世絵にとても興味を持っていました。
プレゼントに応募したら浮世絵セットが当たり、その勢いで五十三次をすべて暗唱。
絵をバラバラにしても順番通りに並べることもできます。
5月上旬まで鹿児島市立美術館で広重展をやっていましたが、2度足を運びました。

現在の静岡市にあった鞠子 ( 丸子 ) 宿には茶屋が描かれていますが、店の右側には「御茶漬」と書かれています。
下の画像でご確認下さい。
なお、永谷園が広重の浮世絵をおまけにつけるようになったのはこの絵がきっかけだったのかどうかは知りません。


ちゃづけ



まりこ

Clip to Evernote

 ● 薬の説明書のイラスト 258 ●


鹿児島では端午の節句にもち米から「ちまき ( あく巻き ) 」が作られます。
竹皮に包まれた重みのあるカラメル色をした見てくれの悪い物体を凧糸で切り分けます。
もち米のつぶつぶが残っていて、ちょっぴり苦味があり、そしてねっちりとした独特の食感。
砂糖をまぶしたきな粉で食べるのですが、正直あまり好きではありませんでした。

甘党ではない私が、この時期はちまきを避けて手を出すのが柏餅。
で、5月前半のイラストには柏餅
にを選びました。

しかし、ちまきのことを調べてみると、保存食としては大変優秀で、西南戦争の時には薩摩藩士は腹ごしらえのために持参していたのですね。
昨日、知り合いからちまきをいただいたので、食材として見直しつつ味わってみようと思います。


柏餅
Clip to Evernote

 ● 薬の説明書のイラスト 257 ●


昨日、お昼の休憩中に見た番組で、富山の桜とチューリップを同時に楽しめる場所からの中継をやっていました。
その際、アナウンサーがスタジオにいるアグネス・チャンに「アグネスさんは春といえば何の花を思い浮かべますか?」と質問。
それに対して即座に「私はひなげしの花です」と回答しスタジオは笑いに包まれていました。

4月後半の薬の説明書のイラストには別の花を用意していたのですが、このやり取りが面白かったので急遽ヒナゲシ
に変更しました。
彼女のデビューシングル「ひなげしの花」は1973年の発売ですが、案外下の世代の人も知っているのは物まね番組の影響でしょうか。


ぽぴ
Clip to Evernote

 ● 薬の説明書のイラスト 256 ●


高校一年生の時に初めて見た奈良の大仏には圧倒された思い出があります。
その大仏の開眼供養が行われた日を記念して4月9日は大仏の日となっています。

鹿児島は徹底した排仏毀釈が行われたので、歴史ある仏像を拝むこともありません。
島津の居城であった鶴丸城の御楼門を復元させるプロジェクトに多額の寄付が集まりました。
今は学校の敷地になっている福昌寺や一乗院など、由緒あるお寺の跡も何か活用できないものでしょうか。

4月前半の薬の説明書のイラストは大仏
です。


だいぶつ
Clip to Evernote

 ● 薬の説明書のイラスト 255 ●


卒業式のシーズンです。
9年前に薬の説明書のイラストに「卒業証書」を使っています。
その時のブログには「転勤なども多く、別れや新しい出会いなど人の動きも気持ちも複雑に交錯するこの時期は毎年決まって訪れます。しかし、卒業証書を手にする機会は人生の中で何回とあるわけではありません」と書いていますね。

今年は子供二人がその卒業という節目を迎えるので、再びそれにちなむものをイラストに使ってみました。
前回と同じアイテムにならないようにと腐心して選んだのは卒業帽

日本ではほとんどお目にかからない物ですが、お許し下さい。


卒業帽

 ● 薬の説明書のイラスト 254 ●


3月前半の薬の説明書のイラストに選んだのはサンゴです。
ピンときた方も多いと思いますが、3月5日が「サンゴの日」だからです。

日本は黒潮の影響があって、サンゴの北限にあたるそうです。
また、鹿児島県の離島のうち、トカラ列島の宝島・小宝島、奄美群島の喜界島・沖永良部島・与論島は隆起サンゴでできた島。
徳之島は隆起サンゴと花崗岩の二つの地質から成ります。
今年1月の地元紙には、徳之島南部の飲料水はサンゴ由来のマグネシウムを多く含むエビアン並みの硬水で、これが長寿の一因なのでは、という記事が載っていました。
因果関係が証明されたわけではないですし、いきなり硬水を飲むと下痢になることが多いので気をつけて下さい。


さんご
Clip to Evernote

 ● 薬の説明書のイラスト 253 ●


2月後半の薬の説明書のイラストはおでんです。
ふーふーふーと息で冷ましながら食べるので2月22日は「おでんの日」なんだそうです。

私自身は好んで食べる方ではないので、コンビニで売られ始めた頃、こんなの売れるの ? と思ってました。
でも今やおでんと言えばコンビニ、という状態ですよね。
それでもわざわざコンビニで買うことはありませんし、ツンツンすることもありません。


おでん

 ● 薬の説明書のイラスト 252 ●


20℃を超える気温を記録したのもつかの間、再び寒さが戻ってきました。
暦の上では小寒から立春にかけては1年のうちでは最も寒い時期とされていますし、やむを得ないですね。

元々寒がりの私ですが、年齢とともにますます寒さが苦手になってきたように思います。
自宅から診療所までわずかな距離を毎朝歩いていますが、手袋が欠かせません。
これがなければ手が冷たくなってしまいます。
2月前半の説明書のイラストは手袋です。


てぶくろ
Clip to Evernote

 ● 薬の説明書のイラスト 251 ●


昨日の京都の都道府県別女子駅伝は降雪の中で行われていましたし、センター試験も随分影響を受けていたようですね。

今回鹿児島は大丈夫でしたが、去年の1月24日は大雪でなおかつ水道管の破裂が相次ぎましたよね。
あの時は雪の予報が数日前から出ていたので、除雪グッズを事前に買い揃え、とても重宝しました。
しかし、次は何年先に使うことになるのでしょうか。
1月後半の説明書のイラストには雪かきのスコップを選んでみました。


スコップ

 ● 薬の説明書のイラスト 250 ●


クリスマスのイルミネーションの飾り付けを行う家が増えてきていますが、逆にお正月に門松を玄関先に置いてある家はめっきり減ったように思います。

門松には松竹梅の他、葉牡丹や赤い実を付ける植物などが添えられていますよね。
赤い実はナンテン、センリョウ、マンリョウなどが用いられますが、わが家に飾っているものにはセンリョウとナンテンの両方が使われています。
ハボタンは西日本地域で飾ることが多いようですね。

1月前半の薬の説明書
イラストはセンリョウです。
使ったイラストはヒイラギと見分けのつきにくいのがナンテンです。


なんて

 ● 薬の説明書のイラスト 249 ●


ちょっと寒くなってきましたが、今年はまだまだ年末であることが実感できません。

12月後半の薬の説明書
イラストにはクリスマスツリーのてっぺんに飾るトップスターを選びました。

わが家では庭にドイツトウヒを植えていて毎年飾り付けをします。
最初の頃はこの木の先端に星を取り付けることができたのですが、植物は年々生長します。
マジックハンドなどを使って何とかなっていた時期もあるのですが、とうとう手が届かなくなってしまいました。
何かいい方法はないだろうかと思いつつ、4メートルを超える高さのドイツトウヒを眺めています。


トップ
Clip to Evernote

 ● 薬の説明書のイラスト 248 ●


私は青いみかんが大好き。
まだ硬い皮をむき、酸味の強い中身を可能な限り口の中に押し込んで頬張るのです。
あの酸っぱさが何ともたまりません。
オレンジ色に熟して甘くなったものは、もう食べる気がしません。
でも、青いみかんが売られていること自体少ないですし、買い置きしても熟してしまうので、あの味を楽しめる期間がとても短いのが残念です。
青いうちの方が、ポリフェノールの一種であるヘスペリジンが多いとされているのは覚えておきましょう。

みかんに関して面白い統計を見つけました。( → こちら )
九州各都市はみかんへの支出額が軒並み低いのに、購入量は下位に入っていないのです。
九州のみかんは安いってことですよね。

12月前半の薬の説明書
イラストはみかんです。
「みかんの日」が11月3日と12月3日の2つあるのはなぜなんでしょうね。


みかん

 ● 薬の説明書のイラスト 247 ●


将棋の某棋士が対局中にスマホの将棋ソフトを使って手を指していたのではないかという疑惑が、先月報道されていました。
まだ決着を見ていないようですが、事の真相はどうなのでしょうか。

学生時代に東北を旅行して天童に立ち寄った際、左馬という「馬」の字が鏡像になっている駒を買いました。
福を招く商売繁盛の守り駒なんだそうです。
この駒の馬の字を鏡に映してみると正しい向きの馬の字になるのですが、そうするとちょっぴりバランスが悪いように思います。
おそらく左馬の状態で力強く見えるように工夫された書体なのでしょうね。

11月17日の将棋の日にちなんで、今日からの薬の説明書
イラストは左馬です。


左馬

↑このページのトップヘ