野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して42年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

 薬の説明書のイラスト

 ● 薬の説明書のイラスト 78 ●


暖かかった10月も終わり、急激な冷え込みが予想されている11月。
そろそろ鍋料理が恋しくなる季節ですね。

これからどんどんうま味を増すのがカキ。
ほとんど動かずに岩にへばりついて過ごしているのにどうしておいしいのでしょうか。
漢字で牡蛎と書きますが、これを音読みすると「ボレイ」。
殻が漢方薬の成分としていくつかの製品に含まれ、この「ボレイ」の名を一部に冠した製剤もあります。
食する時、殻は全くの用無しなんですけどね。

今月前半の薬の説明書のイラストは牡蛎です。


2009103121544122878.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 77 ●


この時期、散歩をしているとあちこちから甘い香りが漂ってきます。
一つ一つは小さい花ですが、しっかり存在感をアピールするのがキンモクセイ
小さな花ゆえ、それとわかるイラストを探すのも大変でしたが、ようやく見つけて薬の説明書に添えました。

いつもご近所より若干遅れ気味で咲く自宅のキンモクセイも昨日あたりから花を開いています。


200910142247582864.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 76 ●


10月13日はサツマイモの日。
栗 (九里) より (四里) うまい十三里 (九里 + 四里) とは関東のサツマイモの産地川越が江戸からちょうど十三里離れていることに引っかけてあるそうですが、この日をサツマイモの日と決めたのは川越の人たち。

本場鹿児島の人にとってサツマイモの存在は当たり前すぎて、こういう全国へ向けてのアピールを怠ってしまいましたか。
しかし、安納芋を使った焼き芋が銀座で一個1000円で売られるご時世。
もっともっと本場のサツマイモの魅力を伝えて欲しいものです。

そう言えば、紫芋がまだメジャーではなかった頃の話です。
紫芋を鹿児島から神戸に持ち帰って、某病院の当直の時にトースターで焼き芋にして食べようと医局の片隅に置いていたら、掃除のおばちゃんが家に持って帰ってしまったのです。
後日そのおぱちゃんが「ここに置いてあったサツマイモ、気持ち悪い色をしていたので捨てた」と話していました。

今回の薬の説明書のイラストは焼き芋です。

2009093019390328736.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 75 ●


この時期、鹿児島のあちこちで真っ赤なヒガンバナの花が見られます。
ヒガンバナを名所にしているところもあちこちにありますが、田んぼのへりとかお墓の周りとか昔ながらの風景の中に咲く姿がやはり一番ですよね。
有毒性のため、地中のモグラやネズミなどを避ける目的でそういう場所に植えられたのだそうです。

わが家にも黄色い彼岸花がありますが・・・
と思っていたら、黄色いのはショウキズイセンという別物なのだそうです。
ブログをやっていると勉強になります。
やってなければずっと黄色いヒガンバナと思い込んでいたでしょう。

シルバーウィークがあるためちょっと早めの切り替えですが、今回の薬の説明書のイラストはヒガンバナです。


200909121731307637.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 74 ●


平成15年に鹿児島に帰ってくる時、鹿児島と聞いてイメージするものを何人かに聞いたら、真っ先に黒豚と答える人が圧倒的でした。
私が神戸に行った昭和58年頃は桜島か西郷隆盛が定番だったのですが、この変化にはびっくりしました。

さて、9月6日は鹿児島黒牛・黒豚の日というこで今回のイラストは黒豚です。
ネット上で見つけたかわいらしい黒豚は、こちらの管理人さんのご好意により使用させていただくことになりました。
ありがとうございます。

そういえば、小中学校の 4年間川内で過ごしたのですが、通学途中にセリ市場がありました。
曜日によっては黒豚がいっぱい運ばれてきたのを思い出します。
今は川内警察署になっているあたりだったと思います。


2009083018202222416.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 73 ●


お盆休み明けの 8月後半の薬の説明書のイラストはヘチマ

風鈴のイラストをヘチマに替える作業をしていたら、スタッフの間でヘチマの話題になりました。
まず、ヘチマが好物かどうか。
鹿児島では食用にすることもあるので、他地域の人がこの会話を聞いたら面食らうとことでしょう。
ヘチマを持っていくと化粧水を作ってくれる所もある、という話も挙がりました。

庭に棚をこしらえてヘチマを育てる家もいまだに多い鹿児島。
天候不順の今年の出来はいかがなものでしょうか。


2009081513551218924.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 72 ●


いっこうに夏らしくならない天候が続いていましたが、ようやく暑さの本番を迎えた感じがします。
雨が続くと梅雨明けはいつだと不平を言い、暑くなればなったで耐えられないと不満を言う。
人間って勝手なものだなと思います。

さて、今回のくすりの説明書のイラストは風鈴
夏場、窓を閉め切ることが多くなった昨今、風鈴の出番は実際にはどの位あるのでしょうか。


2009073022083223870.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 71 ●


7月22日はいよいよ皆既日蝕ですね。

この天体イベントによっては地元トカラ列島が多いに注目されています。
私も空の上からこれらの島々を眺めた経験しかないのですが、飯嶋和一の小説「汝ふたたび故郷へ帰れず」は宝島が舞台になっていますので、興味のある方はご一読を。

今回の薬の説明書には、初めてモノクロのイラストを使います。



2009071516132216525.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 70 ●


7月に入りました。
一週間くらい前までは全くの空梅雨でしたが、ここへ来て荒れぎみの天気ですので十分にご注意下さい。

今回のイラストは
7月3日は波の日なんだそうです。
世の中波乱含みですが、さざ波程度でありますように。



wave.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 69 ●

前回まで、8本続けて隔日に記事を書くという「野口内科 BLOG 」始まって以来の出来事に皆様お気付きになられたでしょうか ?
今後はこれまで通り 3日に一度程度のペースでぼちぼちと書いていこうと思います。

さて、薬の説明書にイラストを入れるようになって、4年目に突入します。
その時期にちなんだ花や風物などを中心にイラストを選んで月に二度更新しています。
これまでは同じ物を使わないように配慮してきましたが、それが難しくなってきた時期も出てきました。
無理をして季節感を損なうより、過去に使ったテーマでも異なるイラストならばいいかな、と考えている次第です。

今回はクチナシ
これは初めて使います。
わが家にもヒメクチナシを植えていたのですが、少し日当たりの悪い場所にあった上、スカシバの幼虫に食い尽くされてダメになってしまいました。
実を活用しようと思って植えていただけに残念です。



2009061421253117586.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 68 ●


6月10日は言わずと知れた時の記念日。
そこで今回の薬の説明書のイラストは鳩時計にしました。

鳩時計に子供の頃はとてもあこがれていました。
毎時その数だけ出てくるなんて何て賢い鳩なんだろう、と思っていました。

時の記念日の由来は全く知りませんでしたが、日本書紀の記述に基づいているのですね。( 参考 )
制定を推進した組織の機関誌にある「時を守らぬものは人の命を奪ふものなり / 時を重んぜぬものは己の命を捨つるものなり」って大仰な文面から推測すると、大正時代は時間にルーズな人が多かったのでしょう。
我が鹿児島には今でも「薩摩時間」というのが存在していますけどね。

1987年夏にプラハを訪れた時、観光スポットの一つ旧市街広場は工事だらけで名物の旧市庁舎のからくり時計も動いていませんでした。
いつかまた訪れてちゃんと動いている時計を見たいと思っています。

2009053023441024754.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 67 ●


5月の後半は交通に関する記念日が多いようです。
例えば、5月16日・旅の日、5月17日・パック旅行の日、5月25日・食堂車の日、5月26日・東名高速全線開通記念日など。
そして、5月21日はリンドバーグ翼の日となっています。
そこで今回の薬の説明書のイラストはプロペラ機を選びました。

彼の使用した愛機は「Spirit of St. Louis」と言いますが、これと同じ名を持つアルバムをかつて出した女性アーティストがいます。
その女性はエレン・フォーリー 。
1979年のデビュー時はパット・ベネター等と共に注目を集めたものです。
セントルイス出身で、恋仲となったクラッシュのミック・ジョーンズを追いかけて大西洋を渡りロンドンへ行きました。
その時に作ったアルバムにこの名が付けられたのです。
とても洒落ているなと思いましたが、日本語タイトルはなぜか「悲しみシアター」と訳のわからないものになっていました。
その後の彼女は有名な映画にも出演するなど幅を広げて活躍していき、今も現役で歌っています。

リンドバーグと言うと必ず彼女のことを連想してしまう私です。


2009051523201531623.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 66 ●


今回の薬の説明書のイラストはテントウムシ
GWは診療日数が少なくなるため早めに更新させていだきました。

神戸時代の住まいの周辺は自然が多く、ナナホシテントウやナミテントウがたくさんいました。
近くからサナギを持ち帰り、成虫になる様子もじっくり観察することが出来ました。
ナナホシテントウだと羽根の色は最初黄色っぽいのですが、だんだん色が変わって模様もはっきりしてくる様子は神秘的です。

武岡ではナナホシテントウをほとんど見かけません。
その代わり、庭にジャガイモを植えた時にニジュウヤホシテントウがたくさん集まりました。
これはジャガイモの害虫です。

200904271508102232.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 65 ●


4月後半の薬の説明書のイラストにはシャクナゲをチョイス。
私の好きな花の一つです。

神戸に住んでいる時に一度だけ奈良の室生寺に行ったことがあります。
GWは寺の代名詞ともいえる見事なシャクナゲの花も相まって観光客のピークとなります。

鹿児島では指宿のフラワーパークかごしまの中にシャクナゲのエリアがありますが、春休みの期間に花を楽しめますよね。
屋久島や宮崎の三股町のシャクナゲの名所にも一度は足を運ぼうと思っています。



2009041412364030724.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 64 ●


4月7日は世界保健デー。
WHOの設立された日に合わせて制定されているものです。
今年のテーマは「Save lives. Make hospitals safe in emergencies」で、日本語では「救おう命!危機に強い医療機関を」と訳されています。

今回は世界保健デーを薬の説明書のイラストに選びました。

参考までに厚労省とWHOの関連するホームページを紹介しておきます。

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kokusaigyomu/sekaihoken_day.html
http://www.who.int/world-health-day/2009/en/index.html



photo-9.gif

↑このページのトップヘ