野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して42年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

 薬の説明書のイラスト

 ● 薬の説明書のイラスト 63 ●


3月に入ってまもなく、ヤマザクラがちらほらと咲き始め、今や盛り。

鹿児島は南国なのにいつも遅いソメイヨシノの開花。
去年はちょうど入学式の頃が見頃となり花も長続きしました。
しかし、今年はいつもより早い予想が出ています。
暖冬傾向とはいえ、今年はキリッと寒い日が目立ったせいだと思います。

春の定番ですが、いつも月を跨ぐ頃が花見の時期になるためこれまで薬の説明書のイラストに採用するのを見送っていました。
2年後に新大阪まで直通する予定の新幹線の名称も「さくら」と決まったようですし、今回は 3月後半のイラストとして選んでみました。


photo-5.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 62 ●


先月の後半は梅雨時のようなどんよりとした天気が続きました。
暖かい割に花粉が飛びにくいのでその点花粉症の私にはありがたいのですが、太陽も恋しいですよね。
そんな中、武岡中央公園のレンギョウが先週あたりから咲き始めているのにはびっくりしました。
春が近づいています。

今回のイラストはミツバチ。
少し早いと思われるかもしれませんが、3月8日はミツバチの日。
それに鹿児島ではぼちぼち姿を見せ始める頃でもあります。

ちなみに8月3日はハチミツの日だそうです。



photo-8.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 61 ●


13日の春一番は生暖かい猛烈な風でした。
春一番の後は寒さが戻るとされていますので体調管理には十分お気をつけください。

今回、2月後半のイラストに選んだのはフリージアです。
少し花の季節には早いと思われるかも知れませんが、鹿児島の沖永良部島では特産のフリージアがこの時期から咲くことを鹿児島の皆さんはご存知のことでしょう。

少し早い春の雰囲気を薬の説明書のイラストにてお楽しみください。



photo-1_1.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 60 ●


寒い 1月でしたが、今月は暖かくなるとの予報が出ています。

今回のイラストは恵方巻き
節分に恵方に向かって太巻きをまるかぶりするという風習は、私が神戸に住んでいる頃に関西地方で広まり、ここ数年で全国的に知られるようになってきたと思います。
皆さんはかぶりついておられますか ?

土用の丑の日にしろバレンタインデーにしろ食品業界の主導で定着したイベントがあります。
茶柱が立つと縁起がいいと言われるのも、二級茶葉を売っていきたい業界の戦略とか。
安いお茶ほど茎が多く含まれるようになりますからね。



photo_2_1.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 59 ●


年明け以降、かなり寒い日が続きましたが、週末からは逆にかなり暖かく感じる日が増えそうです。
1月も早いものでもう後半に入りますが、今回の薬の説明書のイラストにはキンカンをチョイス。

鹿児島ではキンカンを庭に植えている家庭が多いですね。
我が家にもあるのですが、実は収穫することなくほったらかし。
大概鳥の餌になっています。



6b6910a0236436994e231f4178aa47f4_2.png

 ● 薬の説明書のイラスト 58 ●


桜島の雪化粧で平成21年が始まりました。
かなり寒い日が続きましたが、皆様におかれましてはどのような年末・年始だったでしょうか。

今年の診療は 1月5日より始まります。
新年最初の薬の説明書のイラストには鏡餅を選びました。

本年もよろしくお願い申し上げます。


qceyppae.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 57 ●


12月後半の薬の説明書のイラストには、サンタが唐草模様の風呂敷を持っている面白いイラストを選びました。

環境問題への意識の高まりとともに風呂敷が見直されています。
最近はおしゃれなデザインのものも多くなりましたね。

さて、頬被りに唐草模様の風呂敷は泥棒をシンボライズしたアイテムになってますが、実際にそんな格好をした人はいません。
それと同じでマンガなどではよく医者の典型像は額帯鏡と聴診器を身に着けて描かれています。
額帯鏡は耳鼻科や口腔外科、歯科等で主に使われるもの。
何でも診ていた昔なら典型像通りの医師もいたかも知れませんが・・・。
と思っていたらなぜかうちの診療所には額帯鏡がありました。

d0ivt3qr.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 56 ●


早いもので2008年、平成20年も残すところこの12月だけとなりました。
昨日やっと診療所のクリスマスイルミネーションの取り付けを終えました。
例年以上にやらなければならないことが数多く残る年末なのですが、皆様はいかがでしょうか。

12月の上旬のイラストにはセイヨウヒイラギを選びました。
鋸歯状の濃い緑の葉と愛らしい赤い実のコントラストの美しいクリスマス飾りの定番ですね。

juvgw5sn.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 55 ●


今月後半の薬の説明書のイラストにはツワブキを選びました。
武岡近辺ではちょうど今が花の見頃となっています。

実益を兼ねて植えられている方が多いせいなのか、気づかぬうちに我が家の庭にも昔からそこに居たように生着しています。
花が終わるとタンポポみたいに綿毛のついた種ができますのであちこちに広がっていくのでしょうね。

診療所でも入口の花壇など何カ所かで元気な花の姿を見せてくれています。

vhznnobx.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 54 ●


今月 1日から使っている薬の説明書のイラストはとてもシンプルな青い丸。
東京メトロ東西線ではございません。
これは11月14日の世界糖尿病デーのシンボルマークであります。

糖尿病の予防や治療の啓発のためのイベントが世界各地でこの日に行われます。
鹿児島でもアミュプラザの観覧車がシンボルマークと同じブルーにライトアップされます。

糖尿病そのものの自覚症状は口渇や多尿程度なのですが、糖尿病の合併症等で10秒に 1人が世界のどこかで亡くなっている計算になるとか。
決して甘い病気ではありません。

私は消化器を専門としていますが、神戸時代に所属していた医局は糖尿病を中心に据えた教室でした。
その関係もあって糖尿病の治療も専門分野に準じて診療にあたっております。

tprewoha.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 53 ●


日暮れが日に日に早くなってきています
鹿児島の日没の時間は15日で17時47分ですが、31日には17時30分になります。
この時期は 1日にほぼ 1分位ずつ早まっていくようですね。

16日から切り替える予定の10月後半のイラストは読書
10月27日から読書週間ですね。
ライフスタイルの多様化した現代社会で、秋の夜長に本を手にして過ごす人は一体どのくらいいるのでしょうか。

7g8ylpyt.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 52 ●


例年だと日中はまだ30℃を超えることが珍しくないこの時期。
今年は朝晩がめっきり涼しくなり、出水へのツルの飛来も最も速い記録だそうです。
こういう季節の変わり目は体調管理に十分気をつけてください。

今回の薬の説明書のイラストはコスモス
神戸時代に約10年過ごした須磨区の花がコスモスで、バス停などにイラストが描かれていました。
鹿児島にもコスモスの名所が数多くありますが、この涼しさに盛りも近いことでしょう。

gvjrbtwz.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 51 ●


9月の後半の薬の説明書のイラストには招き猫を選んでみました。
9月29日は「招き猫の日」。
どうしてかというと、来る (9) 福 (29) と読めることと、929 はニャン (2) が両手を挙げて招いているように見えるからだそうです。

神戸にいる時は縁起の良い「2951」等の希望ナンバープレートを付けた車をよく見かけましたが、鹿児島ではまだお目にかかっていません。

招き猫生産日本一は、愛知県の常滑だそうです。
10年ほど前に行ったことがあるのですが、常滑焼の器ばかりに夢中になっていて招き猫の記憶がありません。

lnix0e70.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 50 ●


8月後半は雨が多く、庭に散水しないですむ日がずっと続いています。
とんでもない降り方をする時もあり、災害に繋がらないことを祈るばかりです。

鹿児島の 9月の初めは例年真夏の延長でしかないのですが、この時期にしては朝晩が涼しく、天気の良い夜は虫の声も競うように響いてきます。
そう、もう9月です。
今回のイラストはハギを選んでみました。
鹿児島でハギの名所ってあまり聞きませんが、ご存知の方がいらっしゃったら教えて下さいね。

dwdrqu4x.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 49 ●


今回の薬の説明書のイラストは打ち上げ花火

鹿児島最大の花火大会である錦江湾サマーナイト、今年は23日に行われます。
8月末の花火大会というのも全国的に少ないでしょうが、これは日没時間も関係していると思います。
8月半ばで日没時間がようやく午後 6時台になる鹿児島では夏至の頃だと 8時過ぎまで明るさが残ってます。
7月末の武岡団地夏祭り納涼大会での花火は 9時が近くなってから。
大きな花火大会で、あんまり遅くなると帰宅の足にも影響しますからね。

サマータイムの論議もあるわけですが、導入されると六月灯をはじめ、夏のお祭りで夜更かしを強いられてることになるので、こういう観点からも私は大反対。
鹿児島には無用な制度です。

lmyj8jyr.gif

↑このページのトップヘ