野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して41年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

 ただ今流行中

r4pbhazq.gif鳥インフルエンザが隣県で発生したことで、不安に思われる患者さんから質問を受けることがあります。
鳥インフルエンザを理解して安心していただけるよう、簡単にQ&A方式にまとめました。

Q) 鳥インフルエンザはヒトには感染しないの?

A) ウイルスは自分で増えることが出来ません。生物の細胞に侵入し、細胞に備わっているメカニズムを利用して、ウイルス自身の遺伝子やたんぱく質を作らせることで増殖します。
ウイルスは一般に細胞表面の特定の物質に吸着してその細胞内に侵入します。
鳥インフルエンザウイルスはヒトの細胞に吸着できないので、仮にヒトの体に入っても増えることが出来ません。
ただし、ウイルスの遺伝子が変異してヒトにも感染出来るようになるのではと危惧されているため、様々な対策が練られている最中なのです。

Q) 鳥インフルエンザになぜヒトのインフルエンザの治療薬タミフルが効くの?

A) インフルエンザウイルスが感染した細胞内で遺伝子を増やし、その細胞から脱出しようとする時に働くノイラミニダーゼという酵素があります。
これはヒトインフルエンザでも鳥インフルエンザでも共通したものです。
タミフルはこの酵素の働きを阻害しますので、仮にヒトに感染したとしても有効という訳です。


qxzxyluu.gif当院にて、今シーズン初めてインフルエンザの患者さんが確認されました。A型です。
ここ数日の寒い気候も関係しているのではないでしょうか。

皆さんも外から帰宅されましたら手洗いやうがいをしっかり行って、感染予防に努めてください。
また急な発熱などありましたら早めの受診をお願いします。

7vrzpx6x.gif嘔吐や下痢の症状を訴える患者さんが、武岡地区では12月上旬にはやや下火になっていたのに、今週再び増加気味です。

これだけ社会問題化しているノロウイルスによる嘔吐下痢症ですが、
臨床をやっていて一つ大きなネックになるのがノロウイルスの検査に保険がきかないこと。

調べて欲しいとおっしゃる患者さんも中にはいらっしゃるのですが、
実費で 1万円もかかると説明すると尻込みしてしまいます。
症状自体、2日もあれば治ってしまうため、そこまでお金をかけて原因を徹底追及しようとする人はいません。

でも、ウイルスが特定されるのとそうでないのとでは、予防対策への力の入れようが違います。
首相は 18日に感染拡大防止のための取り組みを強化するよう、厚労省に指示したようですが、
是非、ノロウイルス測定に保険適応をお願いしたいところでもあります。


2ilkyg2m.gifついに、鹿児島市でもインフルエンザ発症の報告を耳にしました。
この土日の寒さが影響したのでしょうか。
とにかく、手洗い、うがいを十分に。

流行を聞いてから受けに来られる、年末の駆け込み需要に対応すべく、
当院ではインフルエンザワクチンを十分確保しておりますが、
本格的にはやる前の早めの接種をお願いします。


olb1uadz.gif特に先週頃から、発熱、嘔吐、下痢などの症状を訴える患者さんが受診されるケースが目立って増えてきました。

口から原因となるウイルスが侵入することで発症します。
予防法としては、手洗い・うがいの徹底と症状のある人との濃厚な接触を避けることくらいしかありませんが、とても大事なことです。
また、症状の出た方は感染拡大を防ぐため、トイレの後の手洗いを徹底し、タオルも他の人と別にしましょう。できればペーパータオルがいいかと思います。

_lim9cjc.gif昨年のこの時期に鹿児島ではチャドクガが大発生し、皮膚炎を起こす患者さんがたくさんいらっしゃいました。この秋も小流行しています。
主として幼虫の毛が皮膚に着いて激しい痒みを起こすのですが、幼虫はツバキやサザンカなどの葉に整然と隊列をなしているのを見ることが出来ます。

発生時期は春と秋なのですが、私個人は昨年秋から三期連続でチャドクガの被害に遭っています。
最初は、患者さんが何人か続いたので家のツバキにいるかも、と覗いてみたら、おびただしい数の幼虫がいて、それを退治したことがきっかけでした。
二回目はは今年の春、ツバキの剪定をしていた時です。
毛虫はいなかったものの、どうも幼虫の毛が葉に残っていたらしく、発症。
三回目は、このお彼岸です。墓参りでサザンカのそばを通りかかった際にうっかり背中が触れてしまいました。
よく見るとそこにチャドクガの幼虫が。今、背中はかちかち山のタヌキの如く真っ赤っ赤です。
これから10日前後痒みに悩まされると思うと憂鬱です。

チャドクガにやられたら、掻かずにセロハンテープなどで患部の毛を取り除くべくペタペタやるのが一番です。

また痒くなったと人に話していたら、ツバキやお茶の木にいる「ホジョ」のことですか? と聞かれました。
鹿児島弁?


↑このページのトップヘ