野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して42年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

 診療所ライブラリー

photo-2.gif ◆ 診療所ライブラリー 35 ◆


同じ温度のスープなのに平気で飲める人もいれば、猫舌なのでとフーフー冷ましながら飲む人。
同じ刺激でも人によって感じ方が様々であることは日常の中でよく遭遇することです。

普通の人なら何とも感じないのに、内臓の感覚が鋭いばかりにちょっとした刺激が脳に伝わり、それが不安やストレスという形になっている。
日本人の 5人に 1人が罹患しているという過敏性腸症候群 (IBS) の研究において、腸の「知覚過敏」が脳の情動形成に影響を及ぼすことが明らかになりつつあります。
線維筋痛症などの分野でもこの知覚過敏が注目されているようです。

この本に書かれていることは私が学会や講演会などでこれまで勉強したことがふんだんに盛り込まれていてちょっと専門的なのですが、研究で得られたデータの解釈が筆者独特の比喩やユーモアを交えて加えられており、一般の方でもある程度面白く読んでいただけるものと思います。
最先端を行く腸と脳の関係の研究成果を知ることは、得も言われぬ苦痛に日常的にお困りの方の生活上のヒントとなるかも知れません。

そう言えば、一つ思い出しました。
あるうつ症状の強い患者さんに大腸内視鏡をしたときのことです。
「先生、大腸を折りたたむようにしながらカメラを進めていく感じがよくわかりました」
事実、大腸を短縮しながら挿入していくのですが、そういう感覚は普通まずありません。


さて、2年半ほど前から始めた書籍の貸し出し
当初50冊ほどだった当院のライブラリーも今月とうとう300冊を超えました。
皆様に是非ご活用いただきたいと思います。


( ライブラリ充実のために .. ご協力いただければありがたいです )  →内臓感覚―脳と腸の不思議な関係


 □過去の関連記事
 ・内視鏡検査で便秘薬を選択
 ・ミントも提供開始
 ・増えてます、大腸内視鏡検査

a65bdad6ce9395175e43a2340e409cee.png ◆ 診療所ライブラリー 34 ◆


世の中、メタボ、メタボと騒いではいるものの、一番話題になるのはおなか周りの脂肪のことだけで、実際にどのような定義のものなのか、それを放置しておくとどのようになるのかしっかり理解されている方は少ないのではないでしょうか。

この強烈なタイトルの本は、メタボリックシンドロームの行き着く先の心臓疾患について書かれているものです。
マンガ仕立てで図版も多く、見開きで一項目ずつ解説するスタイルをとっており読みやすくなっています。

タイトルにもあるように健診でひっかかっても仕事等を理由に受診されない男性が結構いらっしゃいます。
自分のためにも家族のためにも会社のためにも健康を維持して仕事に励むことが何よりも大事です。
メタボと指摘された方はこの本を読んで大病を未然に防ぐよう心がけましょう。

医師向けサイトの中の某メーカーの連載に「脂質を下げて男を上げる」という文言があります。
この本のタイトルなどインパクトがあって印象に残る言葉は患者さんを指導していく上で大いに役立ちそう。
活用させていただきます。


( ライブラリ充実のために .. ご協力いただければありがたいです )  →病院に行かない夫 体重計に乗らない妻


□ 過去の関連記事
 ・脂肪肝に漢方薬
 ・メタボリック症候群からアルツハイマー病
 ・メタボリック症候群から大腸がんへ
 ・間食がやめられない理由

bcbwvra1.gif ◆ 診療所ライブラリー 33 ◆


タイトルは「血糖値を自分で改善」。
内服薬やインスリンを使わず、病院に行かなくてもOK、なんていかがわしい内容の怪しげな健康本ではありませんので早とちりのないように。

境界型であるとか糖尿病だが薬物治療はまだするほどでもない、と健診や外来等で言われたことのある人も多いと思います。
ではどうすればいいのか、限られた時間の中では指導が十分に行なえないのが現状です。

そういう人たちをターゲットにしたこの本には我々の言いたいことが全部網羅して書いてあります。
高めの血糖は普段の食事や運動の習慣に合格点が付けられない状態だと自覚し、快適さに甘えた自分の日常を見直すきっかけにしていただくのにうってつけの内容です。
もちろん、糖尿病の基礎知識についても学べます。

地球温暖化などで環境問題に対する意識は高まってきました。
次は飽食を始めとする日本の食習慣の現状にも目を向けてみましょう。
それは自分自身の疾病予防だけでなく、環境問題の改善にもつながります。


( ライブラリ充実のために .. ご協力いただければありがたいです )  → 血糖を自分で改善


lwnxcvvw.gif ◆ 診療所ライブラリー 32 ◆


ある楽器を習い始めました。
思うように指が動かないことにもどかしさを覚えながら、年齢という壁を言い訳にしたりしてました。
しかし練習を積み重ねるとともに多少は上達の兆しが見えてくるものです。

この本の中に「音楽家の脳はどうなっている ?」という項目があります。
その部分を読んでちょっぴり安堵しました。
楽器を始める年齢に左右されるけれど、大人でも繰り返し練習することが大事であること。

この本では、最新の脳の科学に基づいて脳内のメカニズムをわかりやすく解説しつつ、脳を上手に鍛えながら人生をよりよく過ごしていくための様々なヒントが散りばめられていてとても勉強になります。
月曜日に頭が働かない理由もわかりますよ。

演奏家は指が器用に動いても手のひらがやや鈍感なんだとか。
はたまた、イメージトレーニングというのも技能向上に重要であるとか。
なるほどなあと読みつつ、脳の老化を防ぐためにも楽器を続けていこうと意志を強くしたのでありました。


( ライブラリ充実のために .. ご協力いただければありがたいです )  → なぜ月曜日は、頭が働かないのか―心が、脳を「変える」

e0wkpzy_.gif ◆ 診療所ライブラリー 31 ◆


皆さんが一番よく罹る病気といえば「かぜ」。
当然、診療所で最もよく診る病気も「かぜ」です。

しかしこのありふれた「かぜ」をどんな病気なのか正しく理解している人は意外と少ないのではないでしょうか。
この本では、まずかぜとはどういうものかをわかりやすく解説してあります。

頼もしいのは、一般市販薬についての解説があること。
薬事法の改正でコンビニ等でもかぜ薬が買える機会が今後増えてくると思います。
実はかぜに用いる薬の成分には副作用に十分注意を払わなければならないものが多いのです。
十分な知識を持たず、それこそコンビニ感覚で気軽に買うのは禁物です。

私はかぜに対しては積極的に漢方薬を使っています。
なぜなら早く治るし副作用も少ないからです。
この本において、一章を割いてかぜに用いる漢方薬についてもわかりやすく説明がなされています。

「かぜは万病の元」と言われます。
本の中にも書いてありますが、二次感染につながることがあるのが最大の理由。
しかし、急性B型肝炎やエイズなどでも初期はかぜに類する症状で、しばらく間をおいて固有の症状が現れます。
ウイルス疾患の始まりはかぜ症状・・・そういうこともこの言葉の裏にあるのではと私は考えています。

これからかぜに罹りやすいシーズンです。
当院の書籍の貸出しを活用して、体調管理を万全に。


( ライブラリ充実のために .. ご協力いただければありがたいです )  → さよなら!不快症状 知って安心かぜ対策 (健康を科学する)

gzpgya35.gif ◆ 診療所ライブラリー 30 ◆


年寄りの話はなぜ長いのか ?
若者はなぜ年寄りの話を理解できないのか ?
年寄りはなぜ頑固になるのか ?
年齢とともに健康への不安が増すのはなぜか ?
顔を見てもなぜ名前が思い出せないのか ?

この本を読むとそんな疑問も見事に解きほぐされていきます。

脳の仕組みやその老化についての話から脳の働きを衰えさせない手立てに至るまで、大変楽しく読み進めていくことができる本です。

当院の貸出し可能な書籍も毎月少しずつ増えております。
遠慮なくご活用ください。


( ライブラリ充実のために .. ご協力いただければありがたいです )  → 年寄りの話はなぜ長いのか

wxq2ouyq.gif ◆ 診療所ライブラリー 29 ◆


紹介が遅れましたが、これは書くべき人が書いた本。

診療所のライブラリーに書籍を揃えながら、困っていたのが最近増加の一途をたどっている疾患、胃食道逆流症 (逆流性食道炎) に関する本の少なさでした。

大学の先輩にあたるこの分野の第一人者が昨年秋に出した待望の本で、たいへん分かりやすく胃食道逆流症について解説しています。
講演などで披露するカレーの話や唾液の役割などなどについても言及しており、一般の方から専門職の人まで有用な中身の濃い本だと思います。
医学関係の本は数字や横文字がどうしても多くなるので横書きに限る、と思っていますが、その点も文句なし。

ちょっと残念なのは背表紙。
青地に赤い文字で本のタイトルが書かれているため、本棚に並んでいると字が目立たないし、目の悪い方には読みづらいと思います。
なので、本屋で誰も手にしてくれないのではないかとちょっと心配です。


( ライブラリ充実のために .. ご協力いただければありがたいです )  → つらい「胸やけ」スッキリ―胃食道逆流症といわれたら

ovwnbman.gif ◆ 診療所ライブラリー 28 ◆


全国的に梅雨が明けてとてつもない暑さが続いています。
猛暑の中、気をくけなくてはならないのが熱中症
これは、油断をすると誰でもなり得る病気です。
熱中症については当ブログで既に簡単に解説してありますので、こちらを。

熱中症で息子さんを失い、この悲劇を繰り返さないようにと、テレビなどにも出演して熱中症の知識の伝授に傾注する医師の本。
熱中症についてわかりやすく解説してあることはもちろんのことです。
この本のもう一つの柱は、子どもを失った悲しさ、虚無感、そのどん底からいかにして立ち直ったかを伝えていることにあります。
熱中症に限らず、身近な人を失った人にも是非読んで頂きたい一冊です。


( ライブラリ充実のために .. ご協力いただければありがたいです )  → 熱中症―息子の死を糧にして

kjxkysko.gif ◆ 診療所ライブラリー 27 ◆


雨が続いていても油断のできない紫外線の多い時期になってきました。
そこで今回紹介するのがこの本。
著者はこの分野の専門家で、私が学生時代に講義を受けた先生でもあります。

講義で印象に残っているのは、中学生になったらもう日焼けなんかするもんじゃないと言っていたこと。
日焼けは健康美とされ日焼けサロンも普及し始めた頃で、鹿児島出身ながらやや色白なことにちょっぴり引け目を感じていた私にはなぜか心強いお言葉でした。
そんな先生の本ですから、親の責任で子どもを紫外線の害から守って皮膚の光老化を早めないようにすることも強調されています。
先生の研究には、秋田と鹿児島の人を比較し、鹿児島の人にシミが多い事を証明したものもあります。
鹿児島の夏の日差しは確かに肌に痛いです。

実は、紫外線は体に悪影響を及ぼすだけの存在ではありません。
ビタミンDが活性化するのに紫外線が必要で、濃度が低いと骨粗鬆症につながる可能性がありますが、最近は心血管系の疾患との関連性を示すデータも次々に出てきています。
肌の色や住んでいる緯度、季節等の因子でビタミンDの濃度も変化するようです。
ですから、夏季に低緯度地域に旅行するのと冬季に高緯度地域に行く場合とか、色白の人と地黒の人の場合とか、状況に応じて紫外線への対応を細かく変化させる必要もあるのでしょう。

何はともあれ読みやすい本ですので、当院のライブラリで一度手にしてみてください。


( ライブラリ充実のために .. ご協力いただければありがたいです )  → 紫外線Q&A―お日さまと仲良くつき合う方法 (CMC books)

tt0ryb2x.gif ◆ 診療所ライブラリー 26 ◆


成人病という言葉が新しい概念の下、生活習慣病と呼ばれるようになり10年以上経過しました。
この 4月からはいわゆるメタボ健診が始まり、ライフスタイルを見直して大病を未然に防ぐための動機付けも積極的に行われるはずです。

生活習慣病の大部分は、変えたくない「快適習慣」に起因するのだと説くのがこの本。
糖尿病の外来での患者さんとのやり取りを再現し、様々な生活習慣の実態を浮かび上がらせています。
それと照合して読者自身の生活習慣を振り返るきっかけになれば、というのが筆者の狙いです。

図版が少ないのが唯一の欠点かと思いますが、医者の立場からも興味深く読み進めることができる一冊です。
限られた診察時間の中で生活習慣の見直しを指導するのは大変なことです。
このままではいけないのだと患者さん自身に自覚を持ってもらうことが何より大事なこと。
いかに自覚してもらうか、そこは指導の工夫を重ねていかなくてはならないでしょう。
この「快適習慣」という言葉はちょっとインパクトがあって使えそうですね。

当院では、皆様の生活習慣の見直しに活用できる貸出し可能な書籍を数多く揃えております。
是非ご活用下さい。


 → 懲りない患者 快適習慣の落し穴

u5pp1pfk.gif ◆ 診療所ライブラリー 25 ◆


わかりやすい本にはいろいろな工夫があります。

この本では、まず一般的な目次に続いて、「しびれの部位別目次」というのがあります。
自分が必要とする情報だけを本の中から効率的に選び出すことができるわけです。

本文の方はまず、しびれの部位や起こり方からどんな病気が考えられるかを図解し、必要なページに誘導してくれます。
次にしびれの起こるメカニズムをイラストをふんだんに使って非常にわかりやすく解説。
そして検査や治療法、日常での注意点などをこれまた図表たっぷりに満載。

専門領域のことを一般の方にわかりやすく伝える手法は大いに参考にしなくてはなりません。
この本で残念なのは、すぐに手に取ってくれないのではないかと思われる表紙の味気なさだけでしょうか。


( ライブラリ充実のために .. ご協力いただければありがたいです )  → しびれが気になるときに読む本 (早わかり健康ガイド)

xqjs3p14.gif ◆ 診療所ライブラリー 24 ◆


この本を手にして驚くのは、本格的な図版がとても豊富なこと。
医学や薬学などの専門領域で使っても恥ずかしくないイラストが使われています。
それでいて、解説の文章は一般の人にも理解できる平易な言葉で書かれています。
私もおおいに参考になる部分がありました。

クスリの特徴や体内での動態などの総論と、それに続いて病気別、症状別に使われるクスリについての具体的な説明から構成されています。
一つ一つがとても丁寧で、内容も豊富。
この値段なら一家に一冊買っても損ではありませんが、当院の書籍の貸出しも是非活用して下さい。

病気を治す上で必要なクスリを飲んでいただくにあたって、我々もある程度説明をします。
しかし、自分の飲んでいるクスリについてご自身で勉強して知識を得ていただくことで、クスリと上手に付き合うことができると思います。


( ライブラリ充実のために .. ご協力いただければありがたいです )  → 全図解 クスリのしくみ事典―どう効くのか?なぜ副作用が起こるのか?

t6e3qkyf.gif ◆ 診療所ライブラリー 23 ◆


その昔、日本人は魚を生で食べると野蛮人扱いされていたのに、今や寿司はヘルシーフードとして世界的に認知されるまでになりました。
ところが、日本人の魚の摂取量は減る一方。
そして脂肪摂取のパーセンテージは米国を抜いたとも言われ、食生活は世界の健康指向とは逆行するばかり。

血液をサラサラにし、コレステロールを下げ、アレルギーを抑え、ガンも予防する多価不飽和脂肪酸をはじめとして、魚の人体への効能を解説し、魚の種類に応じた様々なレシピがこの本では紹介されています。

メタボな体が気になる方、海の幸がいかに素晴らしいものなのかこの本で認識していただきたいと思います。


( ライブラリ充実のために .. ご協力いただければありがたいです )  → おさかな博士の新・魚を食べる健康法―すぐれた効能、らくらくメニュー

myrdfreg.gif ◆ 診療所ライブラリー 22 ◆


診療所のライブラリには、お子様を退屈させないように絵本も揃えてあります。
今回はその中の一つ「チャーリー・ブラウン なぜなんだい ?」を紹介。

この物語は先にテレビアニメとして放送され、絵本になったもので、クラスメートが白血病になってしまう話です。
周囲では友だちをいたわるやさしい気持ちがある一方で、病気への無理解や偏見という大きな壁も存在します。
かわいいキャラクターたちが登場する物語を通して、人として大切なものを教えてくれる本です。
大人の方も読んで損のない内容だと思います。

以前の記事に古い本は順次更新していく、と書きました。
これは16年ほど前に出されましたが、古くても大事にしていきたい本があります。


( ライブラリ充実のために .. ご協力いただければありがたいです )  → チャーリー・ブラウンなぜなんだい?―ともだちがおもい病気になったとき

8ww90iw6.gif ◆ 診療所ライブラリー 21 ◆


ご高齢の方は筋力が衰えて転倒しやすくなり、いともたやすく骨折。よくある話です。
いずれ治るとしても、骨折は高齢者にとって日常生活に大きなダメージを与えます。
米国では高齢者の大腿骨頚部骨折で一年後の死亡率が15.9%にもなることが報告されています。

この本では、高齢者に多い「大腿骨頚部骨折」「腰椎圧迫骨折」「橈骨遠位端骨折」「上腕骨頚部骨折」の四つの骨折を取り上げ、どのような機転で起きるか、治療やリハビリはどのように行なうかをとてもわかりやすく解説してあります。
ご家族の力で寝たきりになるのを防ぐ方法や、再び骨折しないための工夫なども書かれています。
骨折したお年寄りを抱えたご家庭には必ず役立つ情報が数多く含まれていると思います。

貸出し可能な書籍もおおよそ200冊となりました。
医学や介護、健康に関する多岐にわたる本を揃えておりますので是非ご活用を。


( ライブラリ充実のために .. ご協力いただければありがたいです )  → お年寄りが骨折したら―寝たきりにさせない知恵

↑このページのトップヘ