野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して41年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

 診療所ライブラリー

 ◆ 診療所ライブラリー 135 ◆


胃もたれ私が医者になった頃に多かった胃・十二指腸潰瘍胃がんなどは、ピロリ菌の除菌療法が普及したことで、随分減ってきました。
かわりに上部消化管疾患で目立ってきたのが、逆流性食道炎機能性ディスペプシア

前者は以前からあったものの、ピロリ菌陰性の人が増えたり食の欧米化が進んできた結果、目立って増えてきました。
後者は、以前なら検査しても異常ないため、気のせいだと片づけられてきた疾患です。
潰瘍やがんからいわゆる不定愁訴に研究者の目が向いてきて、疾患概念が確立してきました。
しかし「ディスペプシア」という横文字をうまく日本語に表現できないせいもあって、患者さんはもちろん、消化器を専門としない医師にももうひとつ理解が進んでいない病気です。

この両者を中心に、胃の不調についてまとめられているのが今回紹介する『「胃もたれ・胸やけ」は治せる』です。
イラストがふんだんに使われていますし、非常にわかりやすく概念や治療法、生活習慣の改善などがまとめられていて、お勧めです。

いつも思うのですが、医療系の情報は横文字や数字が多いので、断然横書きが読みやすいと思います。
この本では、多くを占める図表中においては横書き、本文は縦書きです。
こういうのを難なく読み進めることができる日本人って希有な人種ですよね。


なお、機能性ディスペプシアについては、Rome III という国際診断基準の時代のものでしたら、当ブログ「心窩部にまつわる話」に書いてありますので参考にして下さい。

 ◆ 診療所ライブラリー 134 ◆


なぜかは鹿児島ではそろそろに悩まされる時期に入ります。
知らぬ間に近寄ってきて血を吸うだけならまだしも、その後に痒さといったらたまりません。
日本ではまあそれだけの存在ですけど、世界的にみるとマラリアデング熱など様々な疾患の運び屋としてとても厄介な存在です。( 日本でも日本脳炎やイヌのフィラリア症は問題ですけどね。)

そんな蚊について、生態から科学的に解明された最先端の知見までを網羅してあるのが今回紹介する「なぜ蚊は人を襲うのか」です。
著者の文章能力が長けているので、図版がわずか1つしかなく難しい内容も含まれるのに、一気に読み進めることが出来ます。
遺伝子レベルでの細かい研究がなされていることや、蚊を減らすための様々な試みが行われていることなどに驚きます。
また、歴史上の人物や文学と蚊の関わりなどにも言及しており、著者の幅広い知識には感心しきりです。

私が普段から興味のを持っている温度を関知するセンサー、TRPチャンネルは蚊にもあるようです。
蚊は二酸化炭素・におい・温度の3つを手がかりに標的を探し出すようですが、ワサビの成分がその温度センサーであるTRPA1を麻痺させてしまうようですね。
ワサビが効くなら、ショウガやシナモン、マスタード、ニンニク等もいけるはずです。
今度庭にでる時はいろいろ試してみたいと思います。

 ◆ 診療所ライブラリー 133 ◆


失敗内科医は、患者さんの症状から診察や検査結果を基に診断を下して薬を処方する、というのが主な仕事です。
薬は正しく使ってこそ薬になるのですが、患者さんが想定外の判断をしてしまうことが多々あります。
これまでで一番驚いたのは、友人に処方されたインスリンを借りて試しに打ってみた、という糖尿病の患者さんの行動でした。
インスリンは、それぞれの患者さんの血糖の状態に応じて、種類や打つタイミング、量を決めますので、好き勝手に注射すると重篤な低血糖を起こし、昏睡に陥ることすらあります。

今回紹介する「失敗から学ぶ薬を使う時の12のルール」の中では、自己判断での薬の減量・中断、他人に薬を譲るなど、日常でよく遭遇する事例を12個挙げ、それを通して薬の基本的知識や適正使用の大切さが楽しく学べる構成になっています。
イラストが多く平易な文章が心がけられているので、小学生でも読めるのではないかと思います。

我々もこの本に書かれているような事態が起きる可能性も考慮しつつ、処方がややこしくならないように心がけたいですね。

 ◆ 診療所ライブラリー 132 ◆

ゲーとピーお子様用の読み物、拡充」でもお知らせしましたが、待合室の子供用の本を増やしました。

そのの中の一冊「ゲーとピー」。
タイトルからお察しの通り、嘔吐と下痢について、やさしくユーモラスに説明してある絵本です。
「ゲー」だの「ピー」だの、幼少時から慣れ親しんでいる我々にはすぐにピンとくる擬態語ですが、擬態語は全てが辞書に網羅されているわけではありません。
だから日本語を学ぶ外国人の方には習得のネックになっているのではないかと思います。

すべてひらがなで書かれていますが、後半はちょっと文字数が多いので、小さいお子様には読み聞かせてあげるのがいいかも知れません。
この絵本を通して病気や体の仕組みについて興味を持ってくれたらうれしいです。
待ち時間の間に是非手にしてみて下さい。
もう20年近くも前に発売されたものですが、絵本は簡単には絶版にならないのがいいところですよね。

 ◆ 診療所ライブラリー 131 ◆

貧血大国
消化器疾患を扱っていると、無縁でいられないのが貧血
大量の吐血・下血はもちろん、本人も気付かぬままに消化管からじわじわと出血が続くことも、貧血を招く原因となります。
内視鏡による止血操作や貧血治療は日常茶飯事のことです。

♦♦♦♦♦

貧血はありふれた疾患であるにもかかわらず、はっきりとした診断基準がありません。
WHOによる貧血の定義は、血液中のヘモグロビン ( 血色素 : 以下Hb ) が減ることをいい、その数値が示されています。
しかし、この数値をわずかに下回った程度では全く自覚症状はないはず。
ある教科書には「末梢組織に十分な酸素を運ぶだけの赤血球の量が維持できない状態」を貧血と定義していて具体的な数値はありません。
数値だけでなく、動悸や息切れといった酸素が全身に十分量行き渡らない結果として起こる症状の有無も大事なポイントになるのです。

貧血の中で最もよくみられる鉄欠乏性貧血も同様に数値的な明確な定義がありません。
Hb・MCV・血清鉄・フェリチン・TIBC・UIBCといった項目を参考に、年齢や臨床症状などを加味して治療をやっていきますが、医師によっても考え方がまちまち。
何でこの程度の数値で鉄剤が処方されてるんだろう、と思うこともしばしばあります。

♦♦♦♦♦

今回紹介する「貧血大国・日本」では、貧血について多角的に捉えてとことん掘り下げています。
妊娠中の貧血は子供の将来にも悪影響を及ぼすのに、鉄不足を予防する公的対策が日本には欠けていることを、世界各地の取組みとの比較で浮き彫りにしているのは、他の本にない特徴かと思います。
また、海苔に意外と鉄分が含まれているというの知りませんでした。
おにぎりに海苔を巻いたり、ふりかけを活用したりするのもいい方法なのですね。

私にも参考になる部分が多かったですし、貧血に悩む方には是非一読をお勧めしたい本です。

 ◆ 診療所ライブラリー 130 ◆


じんましん蕁麻疹はごくありふれた病気で、5人に1人が一生のうちに1度は罹るとされています。
しかし、その大半は原因不明のもの。
私自身もなったことがありますが、なぜ起こったのか皆目見当がつきませんでした。

そのありふれた蕁麻疹に焦点を当てて、対処法や治療法、予防法などを解説しているのが今回紹介する「大人も子どもももう悩まない じんましん」です。
蕁麻疹の専門外来をやっていて、原因を追及したいという人やストレスで症状が悪化している人などを数多く診てきた著者が、蕁麻疹に悩む一般の方のつらい気持ちを少しでも和らげたいと筆を執ったようです。
前書きに当たる部分でいきなり蕁麻疹について箇条書きにまとめ、次にQ&A方式でよくある疑問点に答え、そして目次、本文という形態をとっているのは非常に面白いですね。
また、とても平易な文章なので理解もしやすいと思います。

なお、図譜が少なめでモノクロのページが大半なのですが、レイアウトが秀逸なので、疲れず、退屈せずに読み進めていくことができます。
ページの余白や行間のとり方は、普段のワープロ作業に参考にさせていただきたいと思います。

  → 大人も子どもも もう悩まない! じんましん

 ◆ 診療所ライブラリー 129 ◆


どうして今年もいろいろな災害がありました。
熊本地震があり、東北や北海道は台風で大きな被害に見舞われ、糸魚川では大火が・・。
誰もが好き好んで被災者になりたいわけではありません。
猛威に大切なものを奪われる辛い体験は一瞬に留まらず、様々な課題の克服にはかなりの時間を要します。

東日本大震災からは5年が経ちますが、まだまだ解決しなければならないことが山ほどあります。
ドクター小鷹、どうして南相馬に行ったんですか ?」は、大学を辞めて被災地の病院に飛び込んだ神経内科医と精神科医が往復書簡の形式でのやり取りを書籍化したもの。
二人のやり取りからは様々な問題点が浮き彫りになってきます。
悩みつつも類い稀なる行動力で難問を少しずつ解決していく神経内科医の姿には感銘を受けます。
被災地支援に大切なのは他人との協調であり、変化していく状況やニーズに対応するためにも人間関係の構築が大事だと繰返し述べています。

阪神淡路大震災では、復興住宅の割り振りにおいて地域のコミュニティを無視して低所得者や高齢者を優先して入居させました。
その結果、人間関係が希薄でお互いを支え合うことができない状況を生みました。
外見上、震災の傷跡が見えないように街がきれいに整備されても、心の傷を癒すわけではありません。
人と人の接点の数をできるだけ多く持つことの大切さを改めて考えさせられる、そんな一冊でした。


 ◆ 診療所ライブラリー 128 ◆


かぜの科学生きている間に200回は罹るとされるかぜ。
身近な疾患なのにその正体は分からない部分も多く、医学部でもしっかり教育はなされません。
外来に来られた方には、有効とされる既存の薬を組合せて処方するわけですが、絶対的な治療薬がないのも実情です。

そのかぜについて、原因となるウイルスの一つ、ライノウイルスを中心に様々な研究報告を一般の方にも非常に分かりやすく楽しい文章で解説するのが、今回紹介する「かぜの科学」です。
様々なエビデンスに基づいた解説なので、我々医療関係者にもおおいに役立つ充実した内容になっています。
私も勉強させてもらいました。
かぜは基本的に放っておいても治ってしまうので、本腰を入れて研究に取り組む人が少ないのかも知れませんが、その研究は多方面からのアプローチが必要で、一筋縄ではいかないことがよくわかります。

これからかぜをひきやすくなるシーズンです。
興味ある方はこの本を是非読んでいただき、有効な予防手段にはどういったものがあるか、治療はどうしたらいいかを学んでいただきたいと思います。


 ◆ 診療所ライブラリー 127 ◆


世界史を内科医は、今でこそカテーテルや内視鏡を使って手術をすることがありますが、診察や検査から病気を診断して薬を処方するのが基本。
その薬について十分な知識を持ち合わせていたいものだと常日ごろから思っています。
最近は薬も含めて医学の歴史について調べることが多くなっているのですが、今の医療を知る上で案外欠かせないものだと気付かされています。

今回紹介するのは、人類の歴史の中で特に大きなインパクトを与えた十種類の薬を取り上げ、その開発秘話や果たした役割などを様々な視点から描く「世界史を変えた薬」です。
個人的に面白いと思ったのは、アスピリンについての章です。
ドイツのバイエル社が発売し大ヒットしたアスピリンの商標や特許を第一次大戦後に米国が奪います。
そして4分の3世紀にわたって大儲けをするわけです。
欧米の製薬会社が今もって薬の開発競争に血眼になっているのは、一発当てれば莫大な利益がもたらされることを歴史の中で学んでいるからなのでしょうね。

日本発の創薬にも期待したいのですが、ジェネリック利用促進政策が大手メーカーの体力を削いでいる現状ではなかなか難しいように思います。
医療費削減も大事ですが、将来にわたる国益という視点も持つべきなのかも知れません。

 ◆ 診療所ライブラリー 126 ◆


このあとどうしちゃおう亡くなった祖父が残した「このあと どうしちゃおう」というタイトルのノート。
それを少年が読みながら、祖父がどんな気持ちでノートを書いたのかを考えていきます。

そういう風に解説すると、生と死をテーマにした何やら深刻な重々しい内容なのかな、と思ってしまうかもしれません。
しかし、とても楽しく読み進めていくことができます。
悪ふざけにならない一歩手前のところで、上手に笑わせてくれるのです。
そして、死後のことよりも生きていく意義をしっかり見つめてもらおうという作者の意図に自然につながっているストーリー展開。
かなり売れているようですが、それもうなずける非常に素晴らしい絵本です。

診察を待つ間、お子様だけでなく大人の方も是非手にして読んでみて下さいね。

 ◆ 診療所ライブラリー 125 ◆


♀大腸内視鏡検査では、苦痛もなくすんなりと内視鏡が入る人もいれば、全くその逆のパターンでつらい思いをさせてしまうこともあります。
経験上、腹筋の強くない方に内視鏡挿入困難例が多いようです。

機器が発達してきて、CTで大腸の形状が画像で捉えられるようになってわかってきたことがあります。
欧米の人は教科書通りの大腸の走行がほとんどなのに対し、日本人は横行結腸がだらりと垂れ下がっていたり脾彎曲部の位置が低い位置にあったりという走行異常が多いのです。
その走行異常が便通の不具合に関連しており、その部分をマッサージすれば便通が良くなると提唱するのがこの「女はつまる 男はくだる」の説くところとなっています。

特筆すべきは、安易な便秘治療を戒めている点。
日本では医師が便秘について詳しく学ぶ機会がないため、センナや大黄などの薬を安易に処方する傾向にあり、漫然と長期に使用する結果、便秘を悪化させているケースが多いのです。
私はそういう惨めな事態が生じないように適切な処方を心がけています ( 参考→「男女の違い その2」) し、過剰処方に陥っている人を何人も改善に導いています。

便秘に限らず下痢にお困りの方も、是非当院にご相談くださいね。

 ◆ 診療所ライブラリー 124 ◆


ニセ医学真贋を見抜く目を持つためには、ちょっとした知識が必要です。
健康に関する情報については、中学や高校の理科や生物・化学程度の知識で十分にインチキとわかるような物も結構たくさんあるのです。
しかし、様々な情報が飛び交う中で、心理をくすぐる巧みな宣伝文句や根拠のないとんでもない話をいとも簡単に信じてしまう方が少なくないのが現実です。

野放しになっている悪質な情報を否定するのも案外骨が折れる作業です。
一つ一つ間違いのないように根拠を示して説明すると、眠気を誘うようなつまらない話に終始してしまいます。
それに対して偽物をもっともらしく語る時には、根拠がないがゆえに人を惹きつけるような言葉を適当に並べればいいだけなので楽な作業です。

この『「ニセ医学」に騙されないために』には、我々にとってはごく当たり前のことが書かれている良書。
上述のような理由で少々退屈に感じるかも知れません。
でも医学の情報は、健康や命に関わります。
この本を読んで、真贋を見抜く目を持つための知識を蓄えてみませんか。
そして、自分自身の健康を守る力をつけていただきたいと思います。

 → 「ニセ医学」に騙されないために

 ◆ 診療所ライブラリー 123 ◆


あいうえお
医者になりたての頃に拒食症過食症の入院患者を受け持ったことがあります。
連日、時間をたっぷりかけていろんな話をしたのは貴重な経験です。
ニコニコしているかと思えば、突然不機嫌になって何も話してくれないこともあるなど、向き合うことに困難を感じることもありました。
接することを通じて、頑固な性格と家族を含めた対人関係が大きく影を落とす疾患だなというのを実感しました。

今回紹介する「摂食障害あいうえお辞典」は、他のどんな本とも似ていない独特な構成をしています。
摂食障害の解説は一切なく、見開きでひとつひとつの言葉を解説している点はまさに辞書。
摂食障害の方の症状や言葉・行動などを一つ一つ集めてあいうえお順に並べ、その裏に隠れている心理状態を簡潔に解説しているのです。
様々な形で発せられる誤解されがちなシグナルから、本当の心の声を理解するヒントになると思います。
その気持ちに寄り添うことができたら、悪循環から脱する力になるかも知れません。
また、摂食障害に限らず、心の不安定な思春期や反抗期の子どもの心理を理解する手助けにもなるのではないかと思います。
何でこんなこと言うのかな、という時にひもとくとこの本から見えてくる世界があります。

  → 摂食障害あいうえお辞典

 ◆ 診療所ライブラリー 122 ◆


家族が死生学を専門とし、生と死の問題に関わってきた著者が、パートナーの看取り体験を綴りながら、医療や介護、葬儀、相続や死後の後始末などについて家族が知っておきたいことを多岐にわたって記してある「家族が死ぬまでにするべきこと」。

死期が近づいてきた大切な人と向き合うと、心理的にも身体的にも大きな負担を感じる場面も多くなりますが、肩の力が抜けて良き看取りができるヒントがたくさん盛り込まれています。
また、葬儀やお寺とのつきあい方などはもちろん、死後の煩雑な手続き等についての一覧表もあり実用的。
こういった部分はあらかじめ知っておくとあたふたせずに済むと思います。

医療現場の実態という項目の中で「医師にはもっとカウンセリングマインドを持ってほしい」というくだりがあり、医療者の立場としても反省させられる部分と感じました。
医師は人を見ないで病気ばかり診ていると昔から言われていますが、患者とその家族の心理に寄り添うスキルはもっともっと磨いていかなくてはならないな、と気持ちを新たにする機会ともなりました。

  → 家族が死ぬまでにするべきこと

 ◆ 診療所ライブラリー 121 ◆


なぜ皮膚は「かゆみは痛みの非常に軽い感覚」
幼い頃、医師である父親がそう話していたのを記憶しています。
しかし、かゆみが強くなって痛みに変わったり、あるいはその逆が起こったりという経験はしたことがありません。
今ではかゆみと痛みが異なるメカニズムであることがわかっています。

この「なぜ皮膚はかゆくなるのか」を読んで私も初めて知ったことがいくつかあります。
機能的MRIを用いた実験で、かゆみに反応する脳の部位がわかったのが2009年。
同じく機能的MRIを使い、かゆい部分を掻いたときに報酬系と呼ばれる脳の部位が反応することがわかったのが2014年。
誰もが日常的に感じているかゆみという感覚の研究は、現在進行形であるということなのです。
生命を脅かすような疾患なら研究は進むのですが。

本の前半はとても興味深く読むことができる基礎的内容です。
後半では、かゆみのことを十分理解しないままに行われている治療の未熟さを嘆きながら、様々な疾患が起こすかゆみの対処法が書かれています。
一般の人も医療関係者も一読の価値がある本だと思います。

  → なぜ皮膚はかゆくなるのか

↑このページのトップヘ