野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して41年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

 診療所ライブラリー

 ◆ 診療所ライブラリー 105 ◆


がんと患者の週刊誌で連載のコラムから抜粋し、物語仕立てでがんや放射能について分かりやすく解説した一冊です。
実際のがんの検診や治療に当たっての様々な問題点に言及しており、専門的な本とは違った知識が身につくものと思います。

私が興味を引いたのは、第5話の韓国で急増している甲状腺がんについての話。
2007年に甲状腺がんと診断された女性が2000年の7倍に跳ね上がったというのです。
甲状腺がんが増えたのではなく、がん検診がブームとなり早期に発見される人が増えただけという実情が語られています。
がんと名前がつくと心配してしまうのは当然でしょうが、甲状腺がんは危険度の低いものがほとんどなのです。
日本のがん検診の受診率はあまりにお粗末な低さなのですが、隣国のように検診ビジネスが進み過ぎるのもいかがなものかと思わせる内容です。

それぞれの話の終わりに有名人のがんとその治療について触れています。
放射線治療が専門の著者なので、放射線治療で臓器の機能が温存されることを強調しているものが多く、その中に菅原文太の膀胱がんについての記述もあります。
膀胱摘出を嫌い、著者の勧めで陽子線治療をしましたが、ご存知のように先日、肝転移が元で亡くなられました。
標準的な外科治療を受けるべきだったか、陽子線治療を受けて約7年をストーマを使わずに過ごせたことを良しとするか、その選択一つをとっても病気の治療は本当に難しいものなのです。

  → 専門書が伝えないがんと患者の物語

 ◆ 診療所ライブラリー 104 ◆


病人の生き方病と無縁でいると、時間の経過も気にせずに退屈に思える日々を過ごしてることが多いように思います。
しかし、いざ重い病気が自分の身に降りかかると、生きることについて様々な思いを馳せることになります。
医師は病気の治療に注力しますが、心のケアまでは十分に配慮できないのが現状です。
今回紹介するのは、長期闘病を余儀なくされた著者の実体験に基づき、病気と闘う人に勇気を持ってもらおうと自らの言葉で語りかける本です。

内容で特徴的なのは、
① 病気になったばかりの不安と焦りの時期、② 闘病が長引いて自分の弱さとの葛藤をする時期、③ 病院生活に慣れるが絶望も見え隠れする時期、④ 厳しい告知を受けても自分らしく生きていく時期
と、時期を大きく4つに分けての展開にあります。
それぞれにおいて、著者自身がどうであったかをベースにした療養生活を送る上での具体的なヒントがちりばめられています。
勇気づけになる言葉の数々に前向きな気持ちが湧いてくるのではないでしょうか。

病気を抱えた方だけでなく、そのご家族や病院に縁のない人も是非読んでいただきたい本です。


 → 誰も教えてくれない病人の生き方

 ◆ 診療所ライブラリー 103 ◆


介護はつらいよ7年半にわたり一人で両親を介護する日々を綴ったエッセイ。
元々編集の仕事に携り、ゴーストライターもやっていたというだけあって文章が実に巧み。
辛くきつい生活を書き留めているのにもかかわらず軽妙な言葉遣いでさらりと読ませてくれるところが見事です。
実際に両親の面倒をみる体験談からは、日本の介護の現状が見えてきますし実用的な情報も含まれています。

一昔前は人生50年と言われ、男が職を辞してから亡くなるまでの期間はそれほど長くはありませんでしたし、その老後を支える子供たちも多くいました。
現在は、寿命が伸びたため、自分自身が仕事をリタイアしてもなお、親の介護が待ち受けています。
そして核家族化も進んでいるため、その期間と負担は以前とは比べ物にならないほど長く大きなものになってきています。
この本が出版された時に著者の父親は100歳を越えてご存命で、それを70代になってなお面倒をみているのです。
こういう社会が訪れることを誰が想像していたでしょうか。

今後の日本の社会構造の中で介護のウエイトはますます大きくなっていきます。
この実録を参考にして、介護する側もされる側も心構えをしっかり持って「つらくない」介護が実現できればいいのですが、今の介護制度の仕組みではなかなか厳しいでしょうね。


 → 介護はつらいよ

 ◆ 診療所ライブラリー 102 ◆


病気になるサプリ当院では初診時の問診票で健康食品やサプリメントの接種の有無について聞いています。
薬の飲み合わせに少なからず影響を与えるものがあることや、サプリメントそのもので健康を害しているケースをこれまでに何例か診たことがあるからです。
私は、数多く存在する商品に対応するため、外来に「サプリメント事典」を常備したり、インターネット等で常に新しい知識を仕入れるようにしています。
それでも先日は耳鳴りに対する蜂っ子とか知りませんでしたし、オルニチンとカルニチンを混同するなどまだまだ努力が足りません。

多くの人が健康食品やサプリメントを使ってみようと思うきっかけになるのが広告やTVCMだと思いますが、その手法の巧妙さや、製造過程の安全性、成分の有効性など様々な角度から科学的に検証したのが今回紹介する「病気になるサプリ」。
皆さんがよく見聞きする根拠の乏しい情報は一切排除し、科学的・医学的に正しい知見を積み重ねていき、サプリがいかに危険なものであるかを見事に描き出しています。
私も日々接している知識の再整理に役立ちましたし、健康食品やサプリメントには期待もお金もかけるだけ損であることを皆さんに強調できる自信が改めて強固なものになりました。

多くの医師は多忙なせいかサプリについて決して明るいとは言えませんし、どこまで理解しているのか知りませんが自ら摂取している人も少なからずいます。
診療上、全く無視して通ることの出来ないこの分野についても医師はもっと勉強して欲しいなと思います。
一般の方を含めて、商品に手を出す前に是非目を通していただきたい一冊です。

当院の書籍の貸出しについてはこちらをご参照下さい。

 → 病気になるサプリ 危険な健康食品


 ◆ 診療所ライブラリー 101 ◆


心に効く
病気の原因がはっきりわかっていないのに治療薬は存在する、ということは結構あります。
たとえば、潰瘍性大腸炎。
適用のある薬を服用すると多くの場合で症状を緩和ることができます。
ありふれた高血圧症だってその大半は原因不明ですが、下げる薬はいくらでも存在しています。

今回紹介する本で興味を惹かれた点は、統合失調症やうつ病といった領域の薬の開発の歴史について詳しく書かれていること。
最初に開発された「クロルプロマジン」という薬剤は、最初マラリアの治療薬を探しているうちに見つけられたものだったそうです。
抗ヒスタミン作用が強く、興奮の強い統合失調症の患者に使ったら鎮まったという報告がなされ、薬物療法の道が開けたのです。
現在でも神経伝達物質を制御することを目的とした薬が次々と開発されてきていますが、実のところ統合失調症の生化学的なメカニズムがわかっているわけではないのです。

私たち医者は、実のところ病気の根源がわかっていないのにその疾患の治療を薬剤を使って治療しているケースが多いことを肝に銘じなければなりません。
副作用に留意しつつ薬剤の持つ作用を最大限に利用して、症状を和らげているだけ。
それもありなんですけどね。
薬の成り立ちを知り、臨床への導入の経緯も知った上で、安易な処方は避け上手に活用していきたいものです。

 ◆ 診療所ライブラリー 100 ◆


サプリメント事典当院の待合室などに置いてある書籍を紹介するこの「診療所ライブラリー」も100回目を迎えました。

今回は、診察室の書籍棚に並べて私が常に活用している「サプリメント事典」についてです。
これまでもサプリメントについては当ブログや twitter などで言及してきましたが、患者さんで服用している方は多いので、私も日々知識を蓄える努力をしなくてはなりません。
その時役に立つのがこの本です。
我々が使う漢方薬も項目に含まれていますが、約1000種類の成分について分かりやすく解説がなされています。
ただし、基本的に利点しか書いてありません。
そこで、私が拾い上げることのできた新しい知見などについて書き込みを加えています。
今日も書き込みを加えたところなんですが、患者さんから相談を受けた時などに適切な情報提供ができていると自負しております。
頻繁に活用しているため、この本は貸出しには対応しておりませんのであしからず。

サプリメントや健康食品については間違った安心感を持たれている方が多いように思います。
宣伝文句を盲信せず、成分について自分でしっかり調べてから購入するかどうか判断する習慣をつけていただきたいと思います。
でも、ネットの情報、とくにメーカーのサイトは商品に誘導するものが多いので注意してくださいね。

 → サプリメント事典 第4版

 ◆ 診療所ライブラリー 99 ◆


減らしたい人がメタボリックシンドローム絡みの本はたくさん出ててますが、これはお勧めの一冊。
理由の第一は税別 600円と値段が安いこと。
そして、医学の常識から外れず、分かりやすくコンパクトにまとまっていることです。

中性脂肪が高い場合に、脂肪分を取りすぎないようにしましょうと指導をする医師がいたりして呆気にとられることがあります。
実際のところは糖分やアルコールの摂り過ぎや遅い時間の食事に起因するのですが。
そういうことが見開きで、イラスト入りで楽しく学べてしまいます。

最近話題の低炭水化物ダイエットについても少し触れられています。
理論的なことは本書に譲るとしますが、確かに効果がある方法なのですけれども、個人的には短期間に留めるべきだと思います。
過剰な内臓脂肪蓄積が様々な疾患を招くことは本書に書かれている通りですが、減量して脂肪が減ればそのリスクは小さくなります。
後は元の体形に戻らないよう留意しつつ、バランスの良い食事を心がけること。
低炭水化物ダイエットって長続きするものではないですから。

 → 内臓脂肪を減らしたい人がまず最初に読む本 (病気を防ぐ!健康図解シリーズ)

 ◆ 診療所ライブラリー 98 ◆


痛いところに誰でも経験する不快な感覚、痛み。
一口に痛みと言っても、頭痛、歯痛、関節痛、腹痛など様々なものがあります。

8年間にわたり新聞に連載された痛みとペインクリニックに関する117の話題をまとめた本。
痛みを伴う多彩な疾患の解説や治療法が丁寧になされているので、慢性的に痛みに苦しんでおられる方には役に立つ情報に巡り合うことが出来ると思います。
それだけでなく、歴史上の人物と痛みにまつわるエピソードや、文学作品の中に出てくる痛み、芸術作品にみる痛みなど、多岐にわたる雑学的な知識が文章のあちこちにふんだんにちりばめられているのが読んでいて楽しい点。
医療関係者以外の一般の方にはやや難解な用語が多いかなという気もしますが、ホットドッグを食べて起こる頭痛とか、古代エジプトでは脛骨を縦笛の材料にしていたとか、知らなかった情報に出会え、知識が増えるのは本を読む醍醐味です。

ご存知の通り「痛」の字は「疒」に「甬」。
単に形声文字だとする辞書もありますが、「甬」には突き通すという意味があるとするものもあります。(「甬」は鐘を吊るすための棒をさしこむ鐘柄の輪とするものもあり。 )
白川静説では「疒」は床の上に病気で伏している人の形、「甬」は桶の元字で筒型の空洞をを表し、痛みが全身を通り抜けていくのを表しているとしています。
漢字の字源にも色々な説があるのですね。

 → 痛いところに手が届く本-117の痛みの話

 ◆ 診療所ライブラリー 97 ◆


なぜ嘘が多いのか一見すると科学的な説明がなされているようで、実は根拠がないままに消費者を信用させて売られているものがあります。
紫外線でダニが死ぬという証拠はないのに布団専用のダニクリーナーが売られていたり、実際の効果が疑わしい二酸化塩素を使った空間除菌グッズが売られていたり。
後者においてはインフルエンザが防げると信じて首からぶら下げたらやけどを負ったとか、子供が誤飲してメトヘモグロビン血症になったとか、思わぬ被害も実際に起こっています。
マイナスイオンを発生するテレビが発売された時は開いた口が塞がりませんでしたし、国がお墨付きを与える「トクホ」でさえどれだけ意味があるのか首をかしげたくなるものもあります。

無用なものに手を出さないようにするために、我々消費者も賢くなる必要があります。
最近はネットで手軽に情報が得られる時代ですが、間違いも多く明らかに商品に誘導するために美辞麗句を並べているところもありますので注意が必要です。
今回紹介する本は「栄養」について楽しく学べるので、巷にあふれる健康情報を選別する力を養うことができると思います。
特に口にするものに関しては十分な注意をしないと、健康を維持しようとして逆に損なうこともあり得ます。
健康食品に頼ることをせず、普通にまんべんなく食材を口にしていくことの大切さ、わかっていただきたいものです。

 → 食と健康の話はなぜ嘘が多いのか

 ◆ 診療所ライブラリー 96 ◆


めまいが内科医として外来をやっていても、よく遭遇するのがめまいの訴え。
めまいといってもいろんなタイプのものがあるので、詳しく話を聞くことが大事になってきます。
案外多い良性発作性頭位めまいは、できるだけ当院で対応するようにしています。

めまいのことを網羅したこの本、表紙はとても地味ですが中身は充実しています。
著者自身が体験しためまいや外来で遭遇した逸話、ゴッホはメニエール病だったのではといった話などを織り交ぜながら、様々なめまいを起こす疾患を解説していきます。
難しい解剖用語や医師がよく使う表現が若干多いので、一般の方にはやや難解に感じる部分があるかもしれませんが、それを補う現代風のイラストは全てカラーで、写真もふんだんに使われているのは理解の一助になるでしょう。
ここまで図版に注力した医学系の本はそう多くはありません。

当院のライブラリ、内科系に限らず幅広い分野を網羅するように今後も充実させていく所存です。

 → めまいがわかる

 ◆ 診療所ライブラリー 95 ◆


声のしくみスピーカーを通して患者さんを診察室に呼び入れるようになってから、自分の声の通りの悪さが気になっていました。( → マイクの設置 )。
それで手にしてみた本ですが、声を多方面から捉えていて楽しく読み進めていくことができます。

ただ、医学的な記述に関してはいろいろと問題あり。
解剖用語が間違っているし、肺機能の解説では残気量について「すべての息を出せないのは、命を守るためです。全てを出せたら、悪い空気を吸ったとき、一瞬で死んでしまうからです」なんて書いているし。
日本語と英語の比較では面白い検討が多数書かれていましたが、表情筋の発達が人種によって異なることも言語にも影響を与えている点には全く触れていませんし。

それでもいろいろと勉強になる部分があります。
「こんにちは」と「こんばんは」には合わせて三つの「ん」がありますけど、三つとも発音が異なるというのはこれまで日本語を使っていて気付いておられましたか ?
この本で、日頃使っている日本語や声について再発見があると思います。

 → 声のしくみ

 ◆ 診療所ライブラリー 94 ◆


肥満の医学欧米を中心に深刻な問題となっている肥満。
日本も環境や習慣の変化に伴い、避けて通れない課題となってきています。

「何を食べると肥満になりやすいか」「正しいダイエットとはどんなものか」「運動は肥満予防に役立つか」といったような肥満に関する興味を引く話が満載です。
すべて医学的研究結果をベースにして提示されていますが、一般の方には難解になるところを極力平易な文章にしてあるので、読みこなすのは難しくないと思います。
ただ、ページをパラパラとめくると図版に魅力がなく、あまり読む気を起こさせないのでその点は改善の余地有りでしょう。

読んで知識を増やすことも大事ですが、減量に向けて実行に移すことも忘れてはいけません。
読むこともせず、何も実行しない方が多いのが現状ですけど。

 →  肥満の医学

 ◆ 診療所ライブラリー 93 ◆


漢方読本私が臨床の場で漢方薬を活用する機会が格段に増えるきっかけとなったのは、自分自身の花粉症の治療に四苦八苦したことでした。( → 私自身の花粉症には )
漢方薬を使いこなせるようになると、西洋薬だけでは治せない症状も改善することがあり、確実に臨床に幅が出てきます。
しかし、漢方薬の世界は奥が深く、まだまだ修業の身であります。

前回紹介した本は50歳からの体力作りに焦点を当てたものでしたが、今回は心身の不調を良い方向に導いてくれる漢方の魅力を紹介する本です。
一般の方ににもわかりやすいように様々な疾患についての解説をしているのはもちろんですが、漢方を学んでみようとする医療関係者向けにもとても役立つ内容になっています。
私自身も、普段使い慣れている漢方薬に別の活用法もあることに目から鱗が落ちる部分もありました。
鱗を表す英語「scale」にもいっぱい意味がありますが、一つの漢方薬が様々な疾患に応用が利くのも魅力の一つですね。

 →  100歳まで元気にすごす漢方読本

 ◆ 診療所ライブラリー 92 ◆


動ける体のつくり方50代になると急速に体の筋力が衰えるとされています。
野球やサッカーで40代後半でも現役のプロスポーツ選手でいるのはごく少数。
50代を超えても現役でいられるのはゴルフとプロレスぐらいのものでしょう。

村田兆治氏が還暦を過ぎても130km台の速球が投げられるのは、相当の努力をしているからなのでしょうが、あそこまでやらなくても、高齢になっても日常活動において不自由をしないように体の機能を維持しましょうと説いているのがこの本。
紹介されている体操はどれも1分程度でできる簡単なものばかりで肩透かしを食らうかも知れません。
しかし50代から無理のないからだづくりを習慣づけて継続すれば将来に大きな差が出てくるのです。

患者さんに運動を習慣づけるアドバイスをしている私も、よく考えれば一日中診察室の椅子に座りっぱなしですし、あらゆるシーンで筋力の衰えを自覚します。
この本は自分自身のためにも患者さん指導の新しいヒントにも活用してみたいと思います。

 →  一生寝たきりにならない「動ける体」のつくり方

 ◆ 診療所ライブラリー 91 ◆


サプリメントサプリメントを愛用されている方も多いと思いますが、是非一度目を通していただきたいのが今回紹介する本です。

成分の効能や効果を解説する本が数ある中で、世の中に出回っているサプリメントの宣伝文句やクオリティに怪しいものが多いことをえぐり出した画期的な前半部分は、業界事情を知らないと決して書けない内容です。
ほとんどの原料が中国で作られ、アミノ酸の原料が人毛であったり、ソフトカプセルの構成成分のゼラチンに含まれるアミノ酸を成分表示の中に丸め込んだり、鉄剤として鉄粉が入っていたり・・・。
読んでいるだけでも嫌になってしまいます。
成分表示自体、医薬品と違ってしっかりと品質管理がなされていないので結構いい加減なものみたいですね。

さて、後半は症状別にお勧めのサプリメントが書かれているのですが、ここは少し問題があります。
例えば脳卒中にEPAを勧めている点。
脳卒中といっても血管が詰まる脳梗塞には有効かも知れませんが、脳出血は逆に助長させてしまう可能性があります。
それと、いろんな分野でやたらにマルチビタミンを勧めているのですが、私はよほどの偏食がない限りビタミンなんて摂る必要はないと考えています。
普通に食事をしていたらビタミンなんてしっかり摂れているものなのです。

昔は加工の段階でゴミとして捨てるだけだった甲殻類の甲羅やニワトリの頭が、今やサプリメントの材料としてお金に化ける時代。
皆さんが健康になることを第一に考えているのではなく、健康指向に上手に付け込んで商売がなされている現状の一端を知っていただきたいと思います。


当院で書籍の貸し出しを始めて丸7年が経過しました。
これまで多くの人に役立っていただけてものと思いますが、これからもライブラリのさらなる充実を図ってまいります。

 →  サプリメントの正体

↑このページのトップヘ