野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡にある野口内科です。
  医療に関することはもちろん、近隣の話題や音楽・本のことなどについて綴ってまいります。
    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶ アクセスMAP
         ▶▶ バス路線図

受動喫煙の防止対策を強化・実現するための署名に400名を超える方のご賛同をいただきました。ありがとうございました。

 診察室のBGM

ケルティク【診察室のBGM 135】


リラクゼーションを目的に流していてる診察室のBGMにハープの音色を加えてみようと、あれこれ物色していて見つけたCDが今回紹介する 
Celia Briar の「やすらぎの音楽 ~ ケルティック・ハープ ~」です。
アイルランドの国章 ( 国旗ではありません ) に大きく描かれているケルティック・ハープ。
一般的なハープと違って金属の弦を使っているそうで、やや硬めの音なのですが、それでも優しく心地よく響いてくれて和みますね。

収録されている19曲、どれをとってもBGMとして使えますが、今回紹介するのはアルバムトップを飾る「Pretty Girl Milking a Cow」
あまり馴染みのないアイリッシュ・フルートの音色も絡んで、とても新鮮な耳ざわり。
ちょっぴり物悲しくも聞こえるのですが、乳搾りをしている女の子がどんな気持ちで仕事をしているのだろうか、と考えながら目を閉じて聴いていると、いろんな色彩や情景が浮かんできます。

Clip to Evernote

ニコレッタ【診察室のBGM 134】


今年の霧島音楽祭には、ハンガリーの歌姫、アンドレア・ロストがやって来ます。
みやまコンセールでのコンサートを心待ちにしていますが、今回の診察室のBGMで紹介するのは同じハンガリーのジャズヴォーカリスト Nikoletta Szöke 
東欧のジャズにちょっと興味を持って手にしてみました。
彼女のさらりと聞きやすい歌声もさることながら、バックの音がしっかりしているには驚きました。
ロマ ( ジプシー ) 音楽の影響を強く受けているお国柄、ジャズの分野にもしっかり活きているように思います。

2012年に発売されたアルバム
「Inner Braze」の中には、ランディ・クロフォードのヒット曲「One Day I'll Fly Away」が収録されています。
穏やかな曲調ですが、人生の次のステップへ羽ばたくぞという強い思いが感じられる歌詞ですよね。
軽やかなピアノとともに彼女が唄い出し、ワイヤーブラシのドラムが途中からさりげなく加わり、テナーサックスがまろやかに雰囲気を盛り上げていく展開も素晴らしいですが、歌詞を見ながら曲を聴くと、彼女の見事な解釈と表現力に気づかされます。


私は、今からちょうど30年前にハンガリーを訪れました。
当時は東西冷戦のまっただ中でしたが、首都ブダペストのドナウ川沿いの美しい街並みにすっかり魅了され、ここなら住んでもいいな、と思ったほど。
そんな私のお気に入りの場所へ間もなく旅立つ人がいます。
夢に向かって頑張って欲しいですね。

Clip to Evernote

じゃぱ【診察室のBGM 133】


先月の診察室のBGM132で紹介した
Jazz Lady Project の筝の音が気になって、参加メンバーで"kotist" を名乗っている 宮西希 のアルバムを買っちゃいました。

オリジナルばかり10曲を収録した
「じゃぱねすけ」は2013年の発売。
半数はソロですが、いろんな楽器とのコラボした演奏も聴き応えがあります。
特に、アルバムをプロデュースしている私の大好きなギタリスト
天野清継との掛け合いは情熱的で圧巻です。
下のYouTubeでも聴いていただける「GOMA」は、昵懇の写真家が好きだというウサギの子「ゴマ」を題材にして作られた筝のソロ。
筝の音色は硬くて減衰が速いと勝手に思い込んでいましたが、この曲でそのイメージがぶっ飛んでしまいました。
仔ウサギの写真とマッチしたうっとりするようなメロディで始まりますが、途中から彼女独特のテクニックもふんだんに堪能できますよ。


Clip to Evernote

cinema【診察室のBGM 132】


女性ミュージシャンが集結しジャズを奏でるプロジェクト、その名も Jazz Lady Project 
3枚目となる今回のアルバム
「Cinema Lovers」は、映画音楽をテーマにして総勢17名が様々な楽器を駆使して変化に富んだアレンジで楽しませてくれます。
アルバム冒頭、いきなり筝の音色で始まりますからね。

全部で12曲収録されていますが、映画「ティファニーで朝食を」の中でオードリー・ヘップバーンが唄ったあまりにも有名な曲
「Moon River」は、診察室のBGMに使うのはもってこいの曲で、これまでも別のアーティストのバージョンをいくつか流していました。
ピアノ、ヴァイオリン、ヴォーカルというこのアルバム中で最も少ない3人の構成になっていますが、特にヴァイオリンが情感豊かで思わず聞き入ってしまいます。

下にアルバム紹介の映像を貼っておきますが、結構楽しめるお勧めの1枚です。

Clip to Evernote

passage【診察室のBGM 131】


「They Can't Take That Away From Me」が唄われている映画「踊らん哉」のワンシーンをYouTubeで見ることができます。



モノクロなのはいいとして、唄っている間のカットに工夫がないのは当時 ( 1937年 ) の映画撮影のノウハウとして致し方ないのかも知れません。
ところで 
ガーシュイン はこの曲も手がけているのですね。
まるでJR九州の列車が水戸岡鋭治氏のデザインで埋め尽くされているように、どこにでも登場してくる気がします。

昨年秋にリリースされた
 萱原恵衣 のデビューアルバム「Passage」でもこの曲が取り上げられています。
元々の曲はポップな色調ですが、抑制を効かせながらも表現力のあるヴォーカルにブルージーなエレキギターが絡み、展開も面白いものに仕上がっています。
このアルバムは全体を通して派手さはないですが、一つ一の曲が凝った作りになっていてなかなか聴きごたえのある佳作です。

ところで「踊らん哉」の元々のタイトルは「Shall We Dance」なんですね。
周防正行監督のあの映画のタイトルが「踊らんかな ?」だったらあそこまでヒットしたでしょうか ?
Clip to Evernote

jji【診察室のBGM 130】


J-Popを独自の感性でカバーする「時のままに」シリーズの発表を続けている
 井筒香奈江 
最小限のギターの音だかけが流れる中、彼女がやさしく囁くように唄って昭和を中心とした日本の名曲の魅力を最大限に引き出しています。

「時のままに IV 時代」に収録されている「かもめはかもめ」は、
中島みゆき  研ナオコ に提供した曲。
原曲よりも更にテンポを落とし、ギターの音も徹底的に削ぎ落とし、飾りも肉付けもない分、ヴォーカルと原曲の持つ魅力が際立つ1曲となっています。

最近は、不祥事に一般市民もネットで加わってバッシングをする時代。
研ナオコも世間を騒がせて謹慎しましたが、この曲で見事に復帰を果たしたと記憶しています。
様々な賞を受賞したり、紅白出場をかなえたり。
当時と今では事情も違うでしょうけど、音楽の持つ力が世間を風を変えたのは確かでしょう。

改めていい曲だなと思わせる出会いでした。
Clip to Evernote

K【診察室のBGM 129】


ピコ太郎のPPAPがブレイクしたきっかけは、ジャスティン・ビーバーがツイッターでお気に入りだとつぶやいたのがきっかけ。

今回紹介する Kandace Springs が注目されるに至ったのは、昨年亡くなった 
Prince がやはりツイッターで絶賛したからです。
それは 
Sam Smith 「Stay With Me」を彼女が弾き語りで唄っている映像。



大ヒットしたオリジナルももちろんですが、落ち着きと暖かみのある彼女の声もまた素晴らしいですね。

この曲が日本語版のボーナストラックとして収載されているアルバム
「Soul Eyes」
ジャズをベースに、R&Bやカントリーの要素が程好くブレンドされて、飽きの来ない素晴らしい仕上がりのお気に入りの1枚です。

Clip to Evernote

ボブ【診察室のBGM 128】


12月の診察室では、いつものようにクリスマスソングを流しています。

今年のノーベル文学賞を Bob Dylan が受賞したことが大きな話題になりました。
彼は2009年に「Christmas In The Heart」というクリスマスアルバムをリリースしています。
印税はすべて食糧支援機関などに寄付されることなどもあり、当時はそこそこ話題になりましたが、いくつか視聴して彼とクリスマスソングのギャップに戸惑いが大きかったのを覚えています。
しかし、今年は話題性もあるので思い切って購入してみました。
ジャケットを覆う透明な袋には「ノーベル文学賞受賞 !」と書いた金色の丸いシールが貼られていました。

アルバム中のクリスマスソングは、どれをとってもボブ独特の歌唱法で彩られています。
極め付けが
「The First Noel」
美しい女性のコーラスとは対照的な太く低いダミ声。
しかし意外と暖さを感じさせてくれます。

ノーベル賞の授賞式が行われるストックホルムは今年記録的な寒さと雪を記録したとか。
街の中でクリスマスソングを歌うことをちょっぴり期待していたのですが。

Clip to Evernote

ニッキ【診察室のBGM 127】


ヴォーカリストでもありベースもこなす Nicki Parrott のがこの夏にリリースしたのは、カーペンターズの曲をカバーした「Yesterday Once More ~ The Carpenters Song Book」
14の曲がセレクトされていますが、暖かみのある彼女の歌声と工夫を凝らしたジャジーなアレンジで、それぞれの曲の魅力を再認識させられました。

カーペンターズといえば兄のリチャードの作品もあれば、バート・バカラックの名曲もありですが、
ポール・ウイリアムズロジャー・ニコルスコンビの曲に私のお気に入りが多い気がします。
ポールの奥深い歌詞にロジャーの魔法のような美しいメロディの代表作、
「I Won't Last a Day Without You」
ギターと彼女自身のベースだけをバックに、切々としっとりと‥。
ストリングスの使用やカレンのヴォーカルの多重録音などで展開の大きなオリジナルとは違って、とてもシンプルな分、曲そのものが持つ魅力を存分に感じることができて、何度も繰り返し聴いています。
このアルバムからは、6曲選んで診察室で流しています。

Clip to Evernote

スパーク【診察室のBGM 126】


全米ビルボードジャズチャート、初登場1位となった 上原ひろみ の最新アルバム「SPARK」
素晴らしい出来栄えですね。
複雑なリズムやメロディなのに、トリオを組む
アンソニー・ジャクソンサイモン・フィリップスと縦がぴったり。
尽きることのないパワーにも圧倒されてしまいます。
12月には鹿児島でもライブがあるようですが、アンソニー・ジャクソンにドクターストップがかかっていて来られないのはとても残念です。

このアルバムからは
「Wake Up And Dream」をというピアノソロを診察室のBGMに使っています。
静謐でいて煌めいていて、ついうっとりとするピアノの音色。
他の作品とは全く異なる趣のこの曲にも彼女の魅力が満載です。

Clip to Evernote

昭和【診察室のBGM 125】


現在、連続テレビ小説「てるてる家族」の再放送をしていますね。
このドラマは
いしだあゆみの家族をモデルにしていますが、2003年の放送当時はそのアナウンスが積極的になされていなかったように思います。
終わり近くになって歌手になった次女が
「ブルー・ライト・ヨコハマ」を唄うに至り、驚いた次第でした。
長丁場のドラマの中にはミュージカル仕立ての部分も多くあり、制作にはかなりの苦労があったのではないでしょうか。

「ブルー・ライト・ヨコハマ」は
橋本淳筒美京平という昭和歌謡を代表するコンビの作品で、日本国民のほとんどが口ずさめるのではないかと思います。
この曲、ちょっと前から当院の診察室のBGMで流れているので気付かれている方もいらっしゃると思いますが、ボサノヴァ調にアレンジされた 
犬塚彩子 のヴァージョン。
アレンジも彼女の独特の声も心地よく穏やかな気持ちにしてくれます。

この曲も含まれているアルバム
「昭和を唄うボッサ」は、懐かしい昭和の名曲が満載で一聴の価値があります。
Clip to Evernote

Ryu【診察室のBGM 124】


「ハイレゾ・クイーン」とか「東京の溜め息」等と称され、注目を集めている Ryu Miho 
確かに、一度聴いたら癒されるどころか骨抜きにされてしまうコケティッシュな声の持ち主です。

先月発売されたばかりのアルバム
「Call Me」は、選曲も参加ミュージシャンも実に多彩で、紹介する曲を絞り込むのに苦労しました。
で、選んだのは、ピアニスト
宮本貴奈と共演したジャズスタンダード「Misty」
好きになった相手に自分の思いが届かない切なさを唄う歌詞は、元々インストゥルメンタルだった曲に後付けされたそうですが、メロディに見事にマッチしています。
その哀愁をゆったりと流麗な演奏の中に包み込んだ宮本貴奈のピアノをバックに、曲のタイトル通り涙を感じることを意識して唄ったそうです。
高音に行くほど力が抜けて繊細になっていく彼女の声が、名曲の魅力を存分に引き出しています。

アルバムのタイトル曲のYouTube映像を見つけました。
色香漂う絵と同時に惹き込まれるような彼女のウィスパーヴォイスを聴くことができます。




  → Call me
Clip to Evernote

夢の引潮【診察室のBGM 123】


1980年代に和製シャカタクと呼ばれたフュージョンバンドがありました。
Kangaroo というグループで、学生時代は結構お気に入りで聴いていました。
ふと思い出して調べてみたら、2年前にアルバムがCD化されているではありませんか。

4枚目にして最後のアルバムとなった
「A Night in New York」は、それまでと異なり、日本語の歌詞で女性ヴォーカルを全面に押し出した作品で、ややポップス寄りな仕上がりです。(アルバムタイトルの曲の作詞は大津あきらだったりします)
久しぶりに彼らの曲を聴いて悦に入っています。

ややドラムの音が気になるのですが、
「夢の引潮」という曲を診察室のBGMにチョイスしてみました。
歌詞が秀逸で、夏の刹那の恋を切なく唄う隠れた名作です。
Clip to Evernote

ケイシー【診察室のBGM 122】


先月は忙しくて、行けなかったライブが二つあります。
そのうちの一つがボサノヴァ界の新星、 
Keissy Costa 
楽器に負けない輪郭のくっきりした個性的な声がとても印象的で、耳にいつまでも残ります。
その弾き語りを生で聴けるせっかくのチャンスだったのですが。

小学校からしばらくは日本で過ごしていたという日系3世ブラジル人。
2013年にリリースされたデビューアルバム
「Iemanjá」では、ボサノヴァのスタンダード曲を中心に、彼女のオリジナル曲も収載されています。
繰り返し聴けば聴くほど、独特な雰囲気に魅了されちゃいますね。
日本版にはボーナストラックとして
「Nada Sousou」(涙そうそう) が含まれています。
たくさんの人にカバーされている曲ですが、彼女ならではの空気感は誰にも負けていません。
その味わいを当院の診察室のBGMで是非。

  → イエマンジャ(海の女神)
Clip to Evernote

コリア【診察室のBGM 121】


5月8日、霧島市のみやまコンセールへ赴き、 Chick Corea のライブを堪能してきました。

前半は主に他の作曲家の作品の演奏でしたが、原曲の姿がわからないくらいに彼流の解釈で再構築されていました。
後半には客席から2人をステージに上げてその人のイメージを即興で演奏したかと思えば、中学生の男の子との連弾によるジャムセッションなどがあり、会場は大いに盛り上がりました。
そして、直接弦をたたいたり弾いたりする場面もあり、自在にピアノを操って繰り出されるメロディーに大満足でした。
アンコールの時には、客席にこっそり座っていた
小曽根真が飛び入りするというサプライズも。
本当に贅沢なひとときを過ごすことができました。

会場で購入したアルバム
「Portraits」の中には、ライブでも演奏された「Children's Song」が何曲か入っています。
元々80年代に発売されたアルバムの中に20曲収められているようです。
いくつかをピックアップして、ライブの感動をそのままに診察室のBGMにてお届けしています。

  → Solo Piano: Portraits
Clip to Evernote

DR【診察室のBGM 120】


女性ジャズヴォーカリストの大御所中の大御所、 Dianne Reeves 
彼女のことを改めて説明する必要はないでしょうが、この「診察室のBGM」120回目にして初登場です。
私が20代の頃から聴いているその圧倒的な声量は、癒しを目的としたBGMにはなかなかマッチしないんですよね。

長年所属していたブルーノートレーベルを離れて2013年にリリースされた
「Beautiful Life」の中にちょっと気になる1曲がありました。
ボブ・マリーの名曲「Waiting In Vain」は何とレイラ・ハサウェイとの顔合わせという贅沢さ。
ドラムの刻むリズムがレゲエの味を残していますが、レイラとのハーモニーが優しく融合してとてもリラックスして聴ける仕上がりになっています。
彼女の声を常に聴いていたい私としては、BGMに加えることといたしました。




  → Beautiful Life
Clip to Evernote

【診察室のBGM 119】
すみれ

「誰にも似ていない"すみれ色のジャズ"」と評価されているピアニスト 栗林すみれ 
彼女の2作目となる
「Travelin'」を手にして聴いてみると、確かに女性らしいタッチでありながら深みがあって浮き彫り細工のように絵が浮かぶ音がアルバム全体に一貫していて、理屈抜きに聴き入ってしまいます。

9曲中7曲が個性溢れるオリジナル曲ですが、今回紹介するのはアルバムの最後に収録されているジャズスタンダード
「Blame It On My Youth」
超ベテランベーシスト金澤英明との2人の掛け合いが見事です。
あなたに一途になってしまったのは若さのせいだった、といった内容の歌詞のつく曲ですが、その歌詞と違って、若いピアノのひた向きな恋に練れ者のベースがしっかり応えてピアノの魅力を存分に引き出してる‥。
そんな感じの名演奏、下のYouTube映像の出だしに1分20秒ほどに収められています。





  → TRAVELIN' トラヴェリン
Clip to Evernote

青紀【診察室のBGM 118】


このアルバム、痺れました。
アルバム全編を貫く"男前"の歌声の持ち主は、"女性"ジャズヴォーカリストの 
青紀ひかり 
上田正樹や河島英五、憂歌団、桑名正博など、選ばれているのはアルバムのタイトル通り、男性ヴォーカルのしかも大阪色の濃い11曲です。
しっかりジャズとしてアレンジされた男と女の綾なす世界。
時にささやくように時に存在感の確かな太い輪郭で、一度聴いたら忘れない彼女独特の歌声がそれぞれの曲に深みと艶を吹き込んでいます。

やしきたかじん
の代表作である「やっぱ好きやねん」は、彼女のセクシーなブレスの吸気音から始まるのですが、これだけでも参ってしまいます。
よくよく聴いてみると他の曲でもこのブレスをポイントポイントで巧みに織り交ぜていますね。
無意識のうちかも知れませんが、魅力の一つとなっています。

アルバム冒頭を決める鈴木央紹のサックスから若井優成のピアノで終わるメンバーの演奏も見事です。
支えるメンバーは他に天野清継、荻原亮、井上陽介、小松伸之。
「Otokouta」、これは名盤です。



  → Otokouta
Clip to Evernote

【診察室のBGM 117】
野宮

渋谷系の中心的存在だったピチカートファイヴ
そのヴォーカルを務めた 
野宮真貴 が昨年11月にリリースしたアルバム「世界は愛を求めてる。What The World Needs Now Is Love」
いやはや、恐れ入りました。
渋谷系に影響を与えたという60~80年代の曲をカバーしているのですが、選曲も見事ですし、それらをきっちり野宮真貴流に仕上げて現代に蘇らせています。
日本の曲にはスタンダードがないとよく言われますが、忘れて欲しくない埋もれてはいけない作品はいっぱいありますね。
そして初回限定版はブックレット型式になっていて、お洒落な写真が満載です。

松田聖子が唄った「ガラスの林檎」松本隆細野晴臣コンビの作品で、当時のアイドル路線とは一線を画した曲。
ピアノをバックにした野宮真貴の声は昔と変わらず切なく美しく、途中からストリングスが加わるアレンジはツボを押さえてます。
彼女がピックアップすると、この曲が流行った時以上に輝いて聞こえるのが不思議です。




  → 世界は愛を求めてる。
Clip to Evernote

ペンタ【診察室のBGM 116】


暖かい日が多いので年末の雰囲気を全く感じませんが、診察室のBGMは12月限定のクリスマスソングに替わっており、少々賑やかになっています。

今年紹介するのは、世界中で話題のアカペラ 5人衆 
Pentatonix です。
ハーモニーの美しさはもちろんのこと、ビートボックスのテクニックも見事の一言に尽きますよね。
そんな彼らが昨年リリースした
「That's Christmas to Me」には20曲以上のクリスマスソングが盛り込まれていて、その中に山下達郎の名曲「Christmas Eve」もチョイスされています。
診察室ではドラムを擬した発声がソフトによる打ち込みのようにも聞こえてきます。
iPodに接続したスピーカーの性能によるのかも知れませんが、それだけ凄い正確無比なテクニックなのだと解しています。
そういうことも含めて人の声でこんなことまでできてしまうんだ、とただひたすら舌を巻く彼らのアカペラをYouTube映像でご確認ください。




  → That's Christmas To Me
Clip to Evernote

↑このページのトップヘ