野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して41年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

 内輪の話

20日は当院の41回目の忘年会を開催しました。
いつものご近所のお寿司屋さんに、足元の悪い中、大勢の方々に集まっていただきました。
この場を借りて改めて御礼申し上げます。

グローブプレゼントを競う余興は、今回は2つに絞りました。
一つは子どもでもできるしりとり。
ただ、特殊なルールを設けたため、かなり難しかったようで、最初でつまずく方もいらっしゃいました。
そしてもう一つは、今年話題となった人物当てゲーム。
フルネームで答えていただくようにしたのですが、4問とも正解が出ませんでした。
反省材料として、来年以降の忘年会のネタ作りに活かしたいと思います。

そして、当院恒例の芋焼酎は「村尾」「なかむら」「島娘」でした。


来年は消費税が上がりますが、お寿司屋さんから出前を取って診療所で忘年会をすると、8%の軽減税率が適用されるんだそうです。
多くの方を招待するようなスペースはないので、現実的ではない話ですが、今度の消費税はややこしいですね。

昨日21日はご近所のお寿司屋さんで当院の40回目の忘年会を開催しました。
寒い中、大勢の方々に集まっていただきました。
この場を借りて改めて御礼申し上げます。

叩いてプレゼントを競う余興では、今年話題となった生き物や人物を当てるゲーム、前国会議員の暴言をヒントにしたゲーム、そしてビール瓶をヒントにした叩いてかぶってジャンケンポン。
盛り上げていただいてありがとうございました。
そして、当院恒例の芋焼酎は「村尾」「なかむら」「㐂六 ( きろく ) 」。
㐂六は私も初めて飲みましたが、美味しかったです

また、お寿司屋さんからは特製の醤油を景品として提供していただきました。
ありがとうございました。

仕事納めまであと一週間ほど。
寒さが続きますが、頑張りましょう。

名称未設定-1昨日22日はご近所のお寿司屋さんで当院の忘年会を開催しました。
夕方まで雨の残る中、多くの方々に集まっていただきました。
この場を借りて改めて御礼申し上げます。

今回は、流行のPPAPをヒントにペンを使ったシンプルなゲームを二つ用意。
芸達者な皆さんに盛り上げていただきました。
そして、当院恒例の芋焼酎は「村尾」「なかむら」「伊佐美」など。
最後の争奪じゃんけんでは皆さんの本気度に圧倒されてしまいました。

今日は休日。
ゆっくり羽を休めて、年末まであと一頑張りいたしましょう。

宴会24日は当院の忘年会でした。
ちょっと遅くなりましたが、例年通り多くの方々に集まっていただき改めて御礼申し上げます。

毎年ミニゲームを用意していますが、今回の「言葉に合わせて五郎丸・佐野研二郎ポーズ」は案外難しかったようで、私の想像以上に早くギブアップする方が続出しました。
来年も使い回しができそうです。

また、当院好例の芋焼酎は「村尾」「萬膳」「なかむら」の3つを提供させていただきました。
そしてプレゼント用に「酔十年 ( すいとうねん )」のハーフボトル。
芋焼酎ブームは沈静化しましたが、プレミアムと呼ばれるものは今でも入手困難です。
来年はどんな焼酎を集めることができるか、楽しみにしておいて下さい。

宴会昨日は当院の忘年会でした。
毎年、本当に年の暮れが押し迫った頃に行なっていますが、スタッフだけでなく多くの関係者の皆様に集まっていただきありがとうございました。

いつも会場としている近所のお寿司屋さんがリニューアルして初めてで、新鮮な気持ちで臨むことができましたし、毎年私がひねり出しているミニゲームも芸達者な皆様に助けられおおいに盛りあがりました。

涙ぐましい努力をしてこの日のために集めた焼酎は「村尾」「萬膳」「熟柿」「赤霧島」の4つ。
どれもおいしかったですね。

医師01今年最後の外来、18時30分をもって終了いたしました。

2013年は1月4日 (金) よりスタートいたします。
5日間、外来がお休みとなりますのでご了承ください。

当院では今シーズン、インフルエンザの患者さんはいらっしゃいませんでしたが、年末になって鹿児島市の他の医療機関では発症ケースがちらほら見受けられたようです。
年末年始で流行地域から帰省される方も多いはず。
医療の手薄な時期となりますので、基本的な予防法で対処していただきたいと思います。  

忘年会昨日の忘年会、スタッフをはじめ関係者の方々本当に有難うございました。

今年は趣向を凝らして出席者全員が何らかの形で参加するゲームを行ないました。
皆さんに挑戦していただいたのはスペースが限られることも考慮した単純なルールのものでしたが、いかがだったでしょうか。
時間配分なども大体わかりましたので、今回の反省も踏まえて来年はもっと楽しめるようにしたいと思います。

明日は振替休日ですが、当番なので一部のスタッフは出勤していただきます。
いつになく忙しい日々が続いていますが、今年の診療もあとわずかです。
もう一頑張りよろしくお願いします。

スコア17日は当院恒例のレクレーションでした。
皆さんお疲れさまでした。

いつも当院のスタッフだけでなく、製薬会社の担当者の方々にも参加していただき一緒になって楽しんでいます。
しかし、この4月からお付き合いに関しての自主規制が始まっていて距離の取り方が難しくなっています。
今回は、通常なら土曜開催なのに木曜日に変更して時間も早めに切り上げるなどの配慮を必要としました。

世界的な流れなのかも知れませんが、ずっと続けてきたことが容易にできなくなるのは少し寂しい気もしますね。

2010122712443817275.gif25日は当院の忘年会。
毎年会場に持ち込ませていただている焼酎は今年も大好評でした。
それから、私の今年限りの独演会・・・お粗末さまでした。

年末の最後の土曜日、なおかつとても寒い中、たくさんの方に集まっていただき本当にありがとうございました。
皆様、よいお年を。

2010042421461613144.gif昨日24日は野口内科のボーリング大会でした。
ボーリング場が次々になくなって実施できる場所が限られてきており、今回は初めて利用した会場。
ワンフロア貸し切り状態で気兼ねなくプレイできるのはいいですね。

参加された皆様方、お疲れさまでした。

2009042607145227725.gif昨日は、野口内科、恒例のボーリング大会でした。
5月開催だった去年とは違い、例年通りの4月後半に戻っての開催でした。
スタッフの皆様、参加していただいた関係者の皆様、お疲れ様でした。

私は昨年、親指のばね指の症状がひどく泣く思いで成績も散々なものでした。
今年は痛みの影響もあまりなかったのですが・・・。

n2i1hu1t.gif25日は、当診療所の忘年会でした。
スタッフの皆さんや参加していただいた関係者の方々、本当に今ありがとうございました。

例年、会場として近所のお寿司屋さんを利用しています。
畳の座敷を改装したと聞いていましたが、その変わりようにびっくりしました。
料理もいつも以上においしいものでした。

今年もいくつか焼酎を持ち込ませた頂きました。
そのうち、「天誅」という焼酎を初めて飲んでみました。
芋と米をブレンドしたものだそうですが、まろやかでとてもおいしかったです。

新しい年もよろしくお願い申し上げます。


uaixgwmz.gif昨日はいつもより一ヶ月遅れで当院のレクリエーションが行われました。
雨足が強くて会場に辿り着くまでが大変でしたが、参加された皆様方、楽しんでいただけたことと思います。

私は予め芍薬甘草湯を服薬していたので、今日は筋肉痛もなく爽快です。
スタッフにも事前に飲んでおくことを勧めておきましたが、効果の程はいかがだったでしょうか。


4rb0ydzy.gif昨日は、当診療所の忘年会でした。

年の瀬にも関わらず、例年以上の多くの方々に参加していただきました。
スタッフの皆さん、関係者の方々、本当に今年一年ありがとうございました。

さて、当院の忘年会の目玉、持ち込みの焼酎ですが今年も何種類か用意しました。
中でも「熟柿」(じゅくし) と「剣」は私も初めて味わいました。
いずれもロックでいただきましたが、
前者はとても飲みやすくあっという間にグラスが空になりましたし、後者も深みがありとてもおいしかったです。
参加いただいた皆さんにもとても好評の焼酎でした。

皆様方、来年もよろしくお願い申し上げます。


3swcalhl.gif8月11日、野口内科 30周年記念パーティーを開催させていただきました。

日頃お世話になっている多くの方々にお集まりいただきまして、本当にありがとうございました。改めて御礼申し上げます。

私のつたない挨拶のあと、ご重鎮の方々に挨拶をいただきました。身に余るお言葉の数々を頂戴しまして本当にありがとうございました。
また、スタッフや関係者の方々によるステージも盛り上がり、パーティーに花を添えていただきました。

鹿児島に帰ってきて一番おいしいと感じた焼酎「侍士の門 (さむらいのもん)」にすっかり酔いしれてしまって、失礼があったかと思いますが、
今後とも野口内科をよろしくお願い申し上げます。


↑このページのトップヘ