野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡にある野口内科です。
  医療に関することはもちろん、近隣の話題や音楽・本のことなどについて綴ってまいります。
    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶ アクセスMAP
         ▶▶ バス路線図

11月30日より再開していたインフルエンザ予防接種の予約を、12月1日より再び中断しました。

過去のお勧め記事 → ほらね、やっぱり

 思うこと・他

常套02ちょっと気になっている患者さんがいるのですが、カルテをめくってみるとやはりここ4ヶ月ほど来院されていません。
最後の診察の時に、サプリメントの販売員に「飲んでいる薬が多いからやめるべきだと言われた」といった内容のこと話していたのが頭の片隅に残っていたのです。
私は極力薬を出さないようにしていますが、血圧も糖尿病もそれぞれ複数の薬を使ってようやくコントロールできていた方でとても減薬できるような状態ではありません。
医療から切り離して、儲けさえすればいいという悪徳業者の常套句だという説明もしていたのですが‥。

糖尿病のある私の遠い親戚でも次のようなケースがあります。
あるスポーツをやっていて、体を痛めてなかなか治らない時に知人からトレーナーを紹介してもらいました。
そのトレーナーがついて体の不具合も改善してきたためすっかり心酔。
数ヶ月して、あなたの糖尿病はこういうトレーニングをすれば治るから病院に通うのはやめなさいと言われたのです。
言われるがままに内服をやめ、トレーナーの勧める高額なサプリや機器を購入して過ごすこと2年。
どんどん痩せていくのが気になって病院に行ってみたら、血糖がとんでもないことになっていたのです。
通院を再開し今では元気に過ごしていますが、この経験をおおいに反省しています。

病気やけがに付け込んで巧みな言葉で近づいて信頼を得てから、一儲け。
途中で体調の異変があってもすぐに発見されないように医療と切り離してしまうのです。
健康と財布の中身を奪われないように、皆様もくれぐれもお気をつけて。


Clip to Evernote

老人私が幼い頃は、65歳ってとてつもなく年寄のイメージがありました。
サザエさんの磯野波平やフネがいずれも50代前半なのにも全く違和感を感じませんでした。
でも今は年配の方がかくしゃくとしていて、敬老の日にお祝いするのを気兼ねしてしまうような方が多いですよね。
20日に総務省から発表された人口推計では65歳以上が3384万人。
鹿児島では今年100歳を迎える方が604人もいらっしゃるとか。

今年の6月に公職選挙法が改正され、選挙権が20歳以上から18歳以上に引き下げられました。
その延長で飲酒・喫煙までも18歳以上にしようとする自民党特命委員会からの提言がありましたけど、批判を浴びて引っ込めましたね。

対して、高齢者。
こちらには明確な定義はありませんが、国連では60歳以上、WHOや多くの先進国では65歳以上を目安にしているようです。
日本でも制度によって異なるんですよね。
日本老年学会においては、若々しい高齢者が増えているということで65歳以上としている現在の高齢者の定義を見直す予定にしています。

少子高齢化が進む我が国の社会制度設計もどう変わっていくのかと思いつつ、身近な方々に背中に軟膏を塗布するのに便利なグッズを贈った今日の敬老の日でした。

Clip to Evernote

左手8月13日は「左利きの日」なんだそうです。
私も左利きなんですが、日常生活の中には右利きを前提に作られているものもあって、右手を全く使わないことはありません。
子供の頃にしつけられたので、鉛筆も箸も右手で持ちます 。
自己分析なのですが、細かい作業は右で、力を伴う作業は左でやっていることが多いように思います。
ただ、水道の蛇口やサッシのロックなどは、どういうわけか左利きの人に便利なように作られていますね。

全く新しいことを始めるときはどっちの手を使うか試行錯誤することがあります。
例えば、自炊生活を始めてお米を研ぐという作業に遭遇しました。
慣れないうちは右手でも左手でもやっていましたが、やがて左に収束してきました。

私が日常的に使う医療道具に消化管内視鏡があります。
内視鏡の出し入れや鉗子の扱いは右手で行ないますが、先端のアングル操作を行なうダイヤルや吸引や送気・カメラのシャッターなどはすべて左手で行なう仕様になっています。
左利きの医学生は是非内視鏡医になっていただきたいと思います。

左利きを直さないとプロにさせないと師匠に言われあえなく棋士の道を断念したとか、離婚の原因となったとか、ちょっと前までの日本では理不尽なことがまかり通っていました。
躾けがなっていない、という根拠のない考えがあったからです。
バドミントンや消化管内視鏡のように左利きが圧倒的に有利なものもあります。
私自身、左利きであることに負い目はちっともありません。
Clip to Evernote

毎年5月は近隣の保育園・幼稚園・小学校の検診が集中します。
外来患者さんにはご迷惑をおかけすることもありますが、ようやく一段落しました。

武岡小学校が作られた時は日本一のマンモス校でした。
しかし、住民の高齢化等もあって児童が随分少なくなってきています。
受け持っている2つの幼稚園も一時は児童が少なくなっていたのですが、こども園というスタイルに替わって増加傾向が続いているようです。
子供の声が騒音と見做されてしまう昨今ですが、少ないのはやっぱり寂しいですよ。

幼稚園・保育園児で面白いのは、靴の左右を逆に履いている子が年中さんくらいまでは目立つのに年長さんになるとほとんどいなくなること。
この1年で成長するのでしょうね。

肥満児また、年々肥満児が増えているように思います。
小学校高学年から顕著になりますが、おなかがぽっこりしている幼稚園・保育園児も散見されます。
子供が欲しいと言っているからと無制限に食べ物を与えるのはやさしさではありません。
親の責任が問われる問題であることをしっかり認識して、子供が早々に成人病に罹患して早死にするようなことがないようにしなくてはなりません。
これから人口減少が続く日本。
子供は宝です。
Clip to Evernote

ヘルメット月日が経つのは早いですね。
あの日あの時、往診車の中にはNHKのFMからクラシック音楽が流れていました。
それが突然中断し、アナウンサーが慌てふためきながら地震の情報を伝え始めました。
そして緊迫した声で6メートルの津波警報。
6メートルでも凄いことだと思いましたが、診療所に帰ってすぐにつけたテレビが伝える現実は…。

あれから4年が経ちました。 1月の阪神淡路大震災20年にあたって地元テレビ局の取材を受けたこともあり、家の防災グッズの再チェックをしてみました。
1月の阪神淡路大震災20年にあたって地元テレビ局の取材を受けたこともあり、家の防災グッズの再チェックをしてみました。
万全なつもりだったのに不備っていくつもあるもんですね。
古くなったグッズを更新したのはもちろんのこと。
鹿児島はやはり桜島の大噴火が最も懸念されるので、今回、新たにヘルメットを買い揃えました。
阪神淡路大震災の前年には琵琶湖の渇水があり、取水制限などの措置がとられた際にポリタンクを購入したのですが、それが震災の時に役に立ちました。
どこで何が役に立つか分かりません。
備えておいて決して無駄になることはないと思います。
 
Clip to Evernote

地震明日で阪神淡路大震災から20年の区切りの日を迎えます。
わずか15秒の揺れでしたが、私は今でもその時を鮮明に覚えています。
わずか15秒の揺れでしたが、20年経った今でも傷を癒し切れない人達が大勢います。

振り返るとあの震災は多くの教訓を残しました。
DMAT ( 災害派遣医療チーム ) や災害伝言ダイヤルが作られるきっかけになったはあの震災です。
PTSDに対する心のケアの必要性が認識されるようになったのも、トリアージや災害救助犬の重要性が認知されるようになったのも、危機管理や黄金の72時間という言葉が広まったのも、あの震災がきっかけです。
教訓から学んだことを活かして今では当たり前に生きているものが、ここに挙げたこと以外にも数多くあります。

阪神淡路大震災以降にも多くの大災害や大事故が続き、その都度知見は蓄積されてきました。
しかし、災害が全く同じパターンで起こることはありません。
いざ災害に遭遇した時に、その知見をなぞっているだけではだめで、応用して賢く振る舞う必要も出てきます。
過去の経験が無駄だということではありません。
経験は強みです。
20年経って震災を知らない世代が増えてきました。
経験した者がしっかりと語り継ぎ、知らない世代がそれを学び、後々の世代において何が起こっても被害が最小限で済むように。
そう願っています。
Clip to Evernote

サプリある高齢の方にある薬を処方しようとしたら、副作用のことを気にされると同時にサプリメントとの飲み合わせは大丈夫か、と聞いてこられました。
種類を尋ねたところ、たくさん飲んでいるらしく全部答えられませんでした。
ただ年に何十万円ものお金をサプリメントにつぎ込んでいるという話でしたので、こちらから質問してみました。
「いろんな勧誘の電話やダイレクトメールが来るんじゃないですか?」
図星でした。

「サプリ」と「名簿」というキーワードでググってみてください。
高額のサプリの購入者の名簿が出回っているのがわかります。
テレビなどで繰り返し流れる巧妙な宣伝文句を信じてしまい、健康のためにと思って老後の蓄えを切り崩すことを繰返しているうちに個人情報が晒され、追い剥ぎの格好の餌食になるのです。

私は、日頃からサプリメントについての情報を集めるようにしております。
何らかのアドバイスが出来ると思いますので、外来で遠慮なく疑問をぶつけていただいて構いません。
ただ「サプリメントには期待もお金もかけるだけ損」ということはこのブログでも何度かお伝えしてきたことですからね。

それにしても今回の患者さん、サプリメント同士の飲み合わせについては懸念することがなかったのでしょうか。
処方薬には警戒をするのに、サプリメントには抵抗感がないなんて本当に危険なことです。
Clip to Evernote

リットマン聴診器のバイノーラルと呼ばれる部分がまた壊れてしまいました。( → 「安く手に入れる聴診器」)
バネの部分が折れてしまうのです。
白衣のポケットに丸めて無理やり押し込んでしまうのが原因ではなかろうかと考えた私は、4年前に新調してからはポケットに入れずに首に巻くようにしてバネに負担がかからないようにしてきました。
しかし、寿命としてはあまり変わらずじまい。
Littmann の聴診器のチューブは独特の形状をしていることもあって、中がどうなっているか気になっていましたので、今回はチューブを切って中を取り出してみました。

聴診器写真で見て分かるように、折れている部分より左側はバネが二重に重なっているのですが、一重の部分が2cmほどあります。
そのちょうど中央部分が見事にポッキリ。
これまでも必ず左耳にあてがう方が折れていたのですが、その原因が構造上の問題であることが理解できました。
これは Littmann に改善を望みたいですね。

工夫したのに寿命が変わらなかったのは、ポケットにしまい込む操作よりも、使う際に耳に差し入れるにあたってバネの部分を広げる操作の方が負担が大きいからだろうと思われます。
この機種を使い続ける限り、バイノーラルのトラブルは覚悟しないといけませんね。
Clip to Evernote

感染最近、エボラ出血熱やデング熱といった感染症のニュースが続いています。
いつもこのような騒ぎの時に、正しい情報がある程度伝えられているにも関わらず、必要以上に不安に思われたりデマを真に受けたりする方がいらっしゃるように思います。
的確に判断する能力が問われます。

一方で、昨年から続く風疹や麻疹の流行には全く危機感を抱いていないのではないでしょうか。
エボラやデングといった濁点の入ったカタカナ語には力強さがありますし、聞き慣れないため得体の知れない恐怖感を覚えるのかも知れません。
風疹、麻疹は昔からある言葉ですし、濁点も入っていないので何となく耳に優しく感じます。

言葉は長い間使われていると、価値が変わってきたり失われたりする不思議な側面を持っています。
例えば「貴様」は本来は尊敬語であったはずですが、今は値打ちがありません。
「らい」という疾患名も歴史的背景が積み重なって今は差別用語とみなされています。
夜の繁華街で「社長 !!」と声を掛けられてもちっとも嬉しくありません。

言葉には使われ続けているうちに変容してしまう不思議があるのですが、風疹や麻疹は昔からとても恐れられていた疾患です。
あまりに耳にする機会が多い言葉なので警戒感が薄くなっているかも知れませんが、今でも罹ってしまうと悲劇を招きかねない病気であることを忘れないでくださいね。

台風11号は各地に大きな被害をもたらしつつ、日本海を北上しています。

雨風進路予想から鹿児島には接近や上陸が懸念されていたため、週末の多くのイベントが中止や延期の措置がとられました。
その判断は結構早くて、先週の前半あたりから決めた所も多かったようです。
当院外来に定期受診されている方も、予定を早めて受診されるケースが目立ちました。
これって鹿児島では当たり前のこと。
台風銀座と呼ばれ、何度も痛い経験をしてきた地域だからこそ、普通に行動ができるのです。
実際はあまり大した影響はなく、イベントなども開催できたのではないかと思われますが、判断ミスだったと批判されることはありません。

対して、神戸時代は周囲のあまりの楽観具合に驚いたものでした。
自宅の雨風対策も疎かだし、来るとわかっているのに早めに用事を済ます等の行動ができないのです。
今回も、鹿児島では考えられないようなイベントの中止判断の遅れが、ネットのニュースなどで散見されました。

昨今の気象変化は半端ではありませんが、情報量は増えています。
情報を上手に活用して備えを万全にしたいものです。

健康や医療については、間違った情報に惑わされないようにしてくださいね。
Clip to Evernote

蝕む24日にも報道がありましたが、「脱法ハーブ」吸引による交通事故が後を絶ちません。
今回の件に関しては逮捕時の運転手の状況も映像が報道されるなど警察も異例の対応をしていました。
薬事法が改正されこの4月から取り締まりの対象となりましたが、この「脱法ハーブ」という名称が使用する際の負い目を軽くしているような気もします。

心筋梗塞や脳梗塞の再発を予防する目的で低用量アスピリンが処方されるケースがここ10年ほどで随分増えてきました。
しかし、これも「低用量」というネーミングのせいでしょうか、心筋梗塞や脳梗塞を発症していないのに念のため、として安易な使われ方がされていることもあります。
発症を防ぐことを一次予防、再発を防ぐことを二次予防といいますが、低用量アスピリンに一次予防のエビデンスはないのです。
このことは先月FDAからも注意喚起がなされています。( → こちら )

この1ヶ月ほどの間にも低用量アスピリン絡みの消化管出血を複数例経験しています。
消化管出血リスクがつきまとうことと、Proton pump inhibitorと呼ばれる酸分泌抑制薬にそのリスクを軽減させるエビデンスがあることを十分に理解した上での処方が望まれます。


エコー先日、少人数での勉強会に参加しました。
そこで、最近の研修医はほとんど自分で超音波検査をすることがないという話を聞いてちょっと驚きました。
今の臨床研修制度では設備の整った病院に勤務することが多く、すぐにCTやMRIをオーダー。
そして超音波は技師さん任せ、なんだそうです。
日本はCTやMRIの普及が抜きんでているとはいえ、どんな医療機関にでもあるものではありません。
被曝の問題や長時間うるさい撮影室に閉じこめられる苦痛などを考慮せず、安易にこれらの画像検査を選択してしまうのは、私自身気が引けます。
一方、超音波は診療所レベルでも備えている施設が多く、最近は携帯できるものも登場しています。
往診先や災害現場でも活用することができるわけです。

胎児や甲状腺などを調べる際には第一選択となる超音波検査。
何でもかんでも診断できるわけではありませんが、将来自分自身で扱えない医師が増えていけば一体どうなるのでしょうか。
今の研修制度では十分に時間をかけて検査法を学べないという事情もあるでしょうが、若いうちは貪欲にいろいろな知識を吸収してほしいものです。
Clip to Evernote

スリッパ当院の外来でスリッパを廃止し土足OKとしたのは、ちょうど1年前の12月19日のことでした。
その理由は当時のブログに書きました。( → 今日から土足OK )

スリッパを廃止するかどうかはかなり以前から当院内で議論されてきたのですが、二の足を踏ませていたのが、一体どれくらい床が汚れてしまうのだろうかという懸念でした。
実際にスタートしてみるとほとんど問題ありません。
一体何を躊躇していたのか、「泣こよか、ひっ飛べ」ですね。
ただ、夏場の桜島の降灰のひどい時期は灰が院内にある程度上がり込んでしまいますが、鹿児島に住んでいる以上致し方ないことと割り切っています。

1年経っても、まだ靴を履き替えようとされる方がたまにいらっしゃいます。
5年経っても、休診となった木曜日の午後に来院される方がいらっしゃいますので、習慣づいていることを改めることや周知を徹底させることの難しさを感じる今日この頃です。

Clip to Evernote

アイパッドプライベートで使用していた iPad の画面に赤く滲んだ縞模様が出るようになったので、新しいものを購入しました。
新品を買った後でネットで調べたところ、その液晶の不具合は iPad を落とすと直ることがある、というのを見つけました。
駄目元でヘソの高さからカーペットの上に落とすこと3回。
画面に一瞬光が走ったと思ったら、元通りになったではないですか。

その iPad ですが、現在外来で活用しようとあれこれ手を加えています。
既に尿酸の結晶や乳糜血清等の写真を提示して、患者さんの説得材料に使っています。
iPad には医療系アプリケーションが豊富に揃っているので活用できそうなものをどんどん取り込んでいこうと思っています。
Clip to Evernote

試験管先日、群馬で教授をやっている大学時代の同級生が鹿児島で講演するためにやって来ました。
皆さんの計らいで、当日座長を務めた地元大学の教授を交えていろいろな話をすることができました。

思い出話や近況について話が盛りあがりましたが、その中で気になったのは、医学部の卒業生のほとんどが臨床医になってしまい基礎系の講座が人集めにかなり苦労しているという件。
このままだと日本の医学の基礎研究レベルが中国や韓国に数年のうちに抜かれてしまうだろう、と同級生が危惧していました。
学生時代、神戸大学にはノーベル賞候補の生化学の教授がいて、希望すれば学生であっても実験の手伝いをすることができました。
世界の最先端の研究の一端に触れることができるとあって、実際に何名かの同級生も教室に出入りしていましたし、基礎研究は恰好いいというイメージが学生の間にありました。
大学の同級生のうち4人が大学教授の職に就いていますが、いずれも臨床系ではなく基礎医学系であるのも大学のそういう風潮があったからこそでしょう。

病気に苦しむ方々を救う臨床医を目指して医学部に入る学生がほとんどですが、臨床は基礎研究の成果を実践しているに過ぎません。
これはこれで重要なことですが、治療法未確立の疾患にはただ手をこまねくだけ。
そういう歯がゆさから研究の道を選んだノーベル医学生理学賞の山中伸弥先生も神戸大学の出身です。
臨床に身を置く人間が言うのは説得力ないかもしれませんが、基礎研究の世界に踏み込んでみるのも悪くはない選択です。
Clip to Evernote

GWゴールデンウィークまっただ中。
今年は天気に恵まれて観光地は大賑わいのようですね。
折角の連休、我が家は病人が出てしまい、どこへも行けません。
医療機関も休んでしまうこの時期、一般の方なら大慌てするところでしょう。

医療関係者にとって休みが続くのはあまり歓迎できない部分があります。
体制が手薄になるのに病気は関係ありませんからね。
今回の連休で一番困ったのは月曜日が2週続けて休みになることです。

昔、勤務医時代に月曜日の外来を担当していましたが、薬剤の投与期間が原則30日までという制約があった時代は次の予約のやりくりが大変でした。
ハッピーマンデーという言葉のもと、平成10年・13年に法律が改正さてれ月曜日の祝祭日が増えたのはかなり堪えました。
平成14年度から薬剤の投与期間の制約が大幅に緩和されて大助かり。

この14年度の規則改正でその4月から多くの薬が長期投与可能となったのですが、実施にはちょっと混乱がありました。
公的病院に勤めていたのに、当分従来通り30日投与を続けてくれ、と事務方からお達しがあったのです。
一ヶ月もすると、どしどし長期投与をやってくれ、と前言撤回。
一体何を根拠にした通達だったのか、おかげでゴールデンウィーク前後の外来予約はそれまで通り手こずることに相成ったのでありました。

それでも月曜日しか病院に来れないという方が少なからずいますので、連休明けの最初の月曜日は混乱必至です。

アート先日、大腸がん検診研修会に足を運びました。
特別講演は大腸内視鏡の分野で超有名な先生
学会などでは聴くことのできない興味深い話がいくつかありました。

これまで私は、焦点の合わせにくさを嫌って拡大内視鏡をあまり活用していません。
しかし、450倍の超拡大内視鏡ではその場で仮想生検診断ができ、これまでのHE染色による病理診断はもはや古いといった内容には説得力がありました。
今後この分野は面白い展開をみせそうですね。

時間がなくてあまり詳しく語られなかったのですが、 大腸内視鏡挿入法について「シンプル」「アート」という言葉がちらりと出てきました。
私も常日頃思っていたことなのですが、大腸内視鏡に限らず、物事に習熟してくると余計な遠回りをせず最短距離で目的に到達することができるようになります。
初心者には真似できない簡潔さは芸術と呼んでもおかしくない輝きを備えていますよね。
私もいろんな分野でシンプルさを兼ね備えたアートを身に付けることが出来たらいいなと思っています。
Clip to Evernote

初めて学会発表をした時は、今とは違ってスライドを作って会場に持って行き、投影する仕組みでした。
ただ、パソコンで作成してリバーサルフィルムに出力ができるようにはなっていましたけど。
今はパソコンで手軽にプレゼン資料が作れる便利な時代になりましたね。

このスライド作りで上司ともめたことがあります。
要点を簡潔にと思っている私とは違い、発表原稿と同じ文章をそのままスライドに入れろという上司。
結局私が折れる形になりましたが、いまだに手元に残るそのスライド、きれいな色使いだと教授に褒められたものの、実験データも納得できるものではなかったこともあり、あんまり見たくありません。
今や私の考え同様、シンプルなスライドを良しとする流れですね。

スライドを一番目にする機会が多い学会では、口演が10分以内に制限されていることが多いせいでしょうか、その分スライドにぎっしり文章やデータを詰め込んでいるケースが多く、見栄えのいいものにあまりお目にかかれません。

スライド先日、諸先輩方を前に肺炎球菌ワクチンについて話をさせていただきました。
スライド作りで気を遣ったのは、高齢の方々でも見えやすいもの、ということ。
文字の大きさや色使いに神経を尖らせました。
シンプルにした分、話が勝負。
肝心な内容を飛ばさないよう、時間内に収まるよう、嫌というほど練習して臨みました。
甲斐あって、伝えたいことがきちんと伝わったようでほっとしています。
それがプレゼンの最大の目的ですけども、本来口下手な私、事前の準備が何より大切だなと改めて思いました。
専門とはいささか異なる分野の話をしたこともあり、いろんな意味でいい勉強をさせていただきました。

機会を与えてくださったこと、感謝いたします。

桜島明日で阪神淡路大震災から18年が経ちます。
また、12日は桜島の大正噴火からちょうど100年目であり、その前日に大規模な総合防災訓練が行なわれました。

阪神淡路大震災は多くの犠牲者や甚大な被害を出したにも関わらず、その年の十大ニュースのトップに地下鉄サリン事件を挙げる人が多かったのには残念な思いでいました。
でも2011年の東日本大震災は人々の認識を変える大きな契機になったようで、先の桜島の訓練も真剣味があったようです。

普段から災害に対する心構えが大切であることは言うまでもありません。
疾患も同じ。
普段の生活習慣や予防接種などで防げるものはいくらでもあります。
後悔することのないよう、やるべきことはしっかりやりましょう。

高齢者昨日は敬老の日でした。

日頃行なっている内視鏡検査でもご高齢の方を担当する機会が多いのですが、以前住んでいた神戸では89歳の上部消化管内視鏡検査が最高齢でした。
ところが鹿児島に帰るとあっさりその記録を更新し、上部では103歳、下部では100歳の方の検査を経験させていただきました。
鹿児島にはただ年齢を重ねているのではなく達者でおられる方が本当に多いなと日頃感じています。

さて、平成23年度の人口動態統計において日本人の死因の第三位に肺炎が躍り出ました。( → 参考 )
これまで50年以上にわたって死因の上位を占めていた悪性新生物・心疾患・脳血管疾患の三大疾病の一角が崩れたのです。
特に90歳代の男性では肺炎が第一位なんですね。
10月からはインフルエンザの予防接種が始まりますが、肺炎球菌ワクチンとの併用が有効であるという検証が積み重なってきています。( → 参考 )
ご高齢の方々が防げる病気で健康を損なわないためにも、ワクチン接種をお勧めいたします。

↑このページのトップヘ