野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して41年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

 診察室のデスクトップ

 ★ 診察室のデスクトップ 9 ★


診察室のモニターのデスクトップ画像を変更。

今回は09年に訪れたチュニジアのホテルで撮影したもの。
周囲の山肌と同色のホテルの壁に外灯のアイアン装飾部分の影が日の出に細長く淡く映っているという構図で、壁紙にはもってこいの写真ではないかと思います。
40年ほど前に洪水で廃墟となった集落を借景にした幻想的な世界を眼前にできることで人気の高いホテルで、夜の明けるしばらくの時間、光のもたらす変化をたっぷり楽しみました。
たった一泊だったのがとても惜しまれます。
このホテル ( タメルザ・パレス ) のホームページの写真を見ているだけでも楽しいので是非覗いてみて下さい。( → こちら )

年初に混乱がありましたが、夜間外出禁止令も解除され徐々にツアーの受け入れも再開しているチュニジア。
また是非行ってみたいですね。


   □関連 「チュニジアンブルー


2011021818543210378.gif

 ★ 診察室のデスクトップ 8 ★


年が明けて、診察室の机に置いてあるモニターのデスクトップ画像も変更しています。
今回は雪の中のクロガネモチです。
診療所の前に植えてあるクロガネモチを撮影したのですが、この写真自体は今回の大雪の時ではなくて随分前の物です。
この年末年始は雪かきに一生懸命で、写真撮る余裕はまったくなし。

しかし、この南国から 3回も続けて雪に関する話題を提供するとは思いもしませんでした。


2011010222513510731.gif

 ★ 診察室のデスクトップ 7 ★


レントゲンと内視鏡の画像を閲覧するために診察室の机の上に24インチのモニターを設置して半年以上経過するのですが、こんなのありましたっけ ? と言う人がたまにいらっしゃいます。
よく来られているはずなのに、不思議なものです。

そのデスクトップピクチャを衣替えして猫の置物になりました。
これは、鹿児島の観光名所の一つ、磯の仙巌園の中にある猫神神社の隣の売店「猫屋」で撮影したものです。
神社には、島津義弘公が朝鮮出兵の際に連れて行き生還した猫を祀っているとのこと。
猫の瞳を時計代わりにしていたというのは、小学校の授業中に教わった記憶があります。
売店の上方から睥睨している生意気そうな視線と愛らしい表情が憎めなくてパチリ。



2010111321535417432.gif

 ★ 診察室のデスクトップ 6 ★


今回、診察室の机に置いてあるモニターのデスクトップ画像に据えたのは桜島
一般によく知られている桜島の姿は鹿児島中心市街からのもなのですが、眺める場所が違うと随分異なった形を見せてくれます。
これはちょうど4年前の10月に吉野公園から撮ったものですが、同じ鹿児島市内でもこのあたりに来ると稜線の右肩下がりが顕著になってきます。
実際には公園から見ても高くにそびえている桜島ですが、広角レンズを活用してみるとこんな感じにも撮れちゃうのがおもしろいですね。



2010101122070615638.gif

 ★ 診察室のデスクトップ 5 ★


9月に入ったもののまだまだ猛烈な残暑が続いています。
しかし、気持ちだけでも季節を先取りしようと診察室のコンピュータのデスクトップ画像を衣替えしてみました。

今回は、ヒガンバナと見た目がほとんど変わらず全く同じ時期に咲くので、黄色いヒガンバナと思われているショウキズイセンです。
昨年、薬の説明書のイラストにヒガンバナを採用した時にも話題にしましたのでご参考までに ( → こちら )
花の写真はシベにピントを合わせるのがキモだと聞いたことがあるので、それに従って一生懸命になっていたら、近づきすぎて何の花だかわからなくなってしまいましたけれども・・・。



2010090212444331032.gif

 ★ 診察室のデスクトップ 4 ★


薩摩地方はいい天気が続いていますが、九州南部地方だけ梅雨明け宣言から取り残されています。
でも、診察室のコンピュータのデスクトップピクチャは夏用に衣替えしてみました。

青い海に、青い空、そして青いパラソル。
これはアフリカ大陸で撮った写真ですよ、といって信じてもらえるでしょうか。
実は、昨年訪れたチュニジアのシディ・ブ・サイドの Cafe Sidi Chabaane からの眺めです。
観光スポットでもあり、地元の人たちのデートコースでもあるシディ・ブ・サイドはいつも賑やか。
チュニジアンブルーが映える地中海沿いの美しい街並みはとても魅力的です。

イタリアのテレビの電波が届くからでしょうが、地元の人には「ナカタ !」とよく声をかけられました。
これからは「ホンダ !」になるのでしょうか。



Sidi.gif

 ★ 診察室のデスクトップ 3 ★


例年よりも随分遅れて、鹿児島の梅雨入りが発表になりました。
鬱陶しい季節となりますが、武岡地区にとっては待望の雨。
今月初めに降り積もった灰もこれで流れ去ってくれることでしょう。

今回の診察室のコンピュータのデスクトップピクチャは、この雨の季節に合わせてを選びました。
これは一昨年訪れた韓国の慶州の仏国寺参詣の帰りすがらに撮影したもの。
日本にはない色使いと絵付けですよね。
梅雨明けまではこの写真を飾っておこうと思います。



201006111341037710.gif

 ★ 診察室のデスクトップ 2 ★


診察室の机に置いてある24インチモニターのデスクトップピクチャを新しくしました。

今回は、黒酢の甕壺畑
日本広しといえども、この光景は鹿児島の旧福山町 ( 現霧島市 ) でしか見ることができません。
この写真、実はタテに撮ったもので、90度時計回りにしたものが本来私が意図した構図。
ヨコにするとちょっぴり雰囲気が変わってしまいますが、大きな画面で見ると撮った本人もびっくりの迫力がありますし、甕の一つ一の表情の違いもよくわかります。
また、医療画像規格 DICOM に準拠したモニターなので、暗い部分の引き締まりがなかなか見事です。



2010051322162018875.gif

 ★ 診察室のデスクトップ 1 ★


当院でも遅ればせながら CR を導入しました。
CR はコンピューテッド・ラジオグラフィの略で、パチンコとは関係ありません。
撮影したレントゲン画像をモニター画面で見ることになりましたが、今回は内視鏡で撮影した画像データも取り込んで管理できるようにシステムを構築しました。

で、診察室の机の上に24インチのモニターが鎮座しております。
Windows の世界では壁紙、Mac ではデスクトップピクチャと呼ばれるやつを季節などに応じて時々替えていこうと考えております。
どんな写真で画面を飾ったか、今後このブログでも紹介していきます。

初回に使用したのはハナミズキ
診察室に入ると鮮やかな赤にちょっとびっくりされるかも知れませんが、これは 2年前に自宅の庭で撮影したものです。
昨年は一つも花をつけなかった気難しい樹木ですが、今年はばっちり楽しめそうです。



20100415193452974.gif

↑このページのトップヘ