★ 診察室のデスクトップ 73 ★


今月に入り、道端でちらほらとコスモスを見かけるようになりました。
暑い夏でしたが、鹿児島はこのところほぼ平年並みに近い気温になってきています。
季節の進みを植物たちはしっかりと感じ取っているようです。
診察室のモニタ画面もコスモスにしてみました。

実は、コスモスをデスクトップ画面に採用するのは3回目です。
1回目は「診察室のデスクトップ 15」で、同じ色の花で画面をまとめたもの。
2回目は「診察室のデスクトップ 58」で、花とつぼみをそれぞれ2つずつ配したモノクロ画像。
そして今回は、画面いっぱいに色とりどりのコスモスを前ボケ、後ボケを入れて撮ったものです。
これから咲こうとするもの、花びらに元気のないもの、背の高いもの、先端がなくなって茎だけになっているものなど、数多くの花を収めるといろんなドラマが見て取れます。

いずれも鹿児島市都市農業センターで撮ったものですが、それぞれ撮影年が異なります。
あまりにたくさん咲き誇っていると、どこをどう切り取ったらいいのか毎回頭を悩ませます。
構図を決めても、人が近くを通るだけで揺れてしまうか弱さには、いつも忍耐を鍛えられます。
コスモスが秋風を映像にして私たちに伝えようとしてくれているのだと思うようにしているのですが。
都市農業センターのコスモス、今年の見頃はいつになるのでしょうね。
楽しみです。

過ごしやすい季節とはいえ、朝晩と日中の寒暖差が大きいので、体調管理には十分気をつけて下さい。



コスモス01