夜間のジョギングジョギングを始めて4年近くが経ちます。
普段は仕事が終わってから、夜間に地元武岡を走ることがほとんど。
夜にもかかわらず、患者さんを含めご近所の方々に走っている姿を数多く目撃されてしまっています。
今日も外来で患者さんの一人に、鹿児島マラソン頑張って、と声をかけていただきました。

寒いとどうしても外に出たくなくなりますが、その鹿児島マラソンに向けて一番負荷をかけていかなくてはならない時期。
意を決して玄関から飛び出していきます。
昨日は10km程走りましたが、その距離を稼ぐために路地をあちこち巡ります。
後で数えてみたところ、10kmの間に110ヶ所以上も角を曲がっていました。

先日、鹿児島県警から練習に励むランナー向けに、交通ルール遵守や夜間は反射材などの活用を促す注意喚起がありました。
私の方で注意していても、自転車が無灯火で歩道を走っていたり、犬を散歩させながらスマホをいじっていたりする方に時々出くわし、小さな路地の角でドキッとする場面があります。

また、交通量の少ない時にハイビームで走る車が徐々に増えているのですが、歩行者は目がくらんでしまいます。
私は一度バス停の標識柱にぶつかりそうになったことがあります。

夜間にジョギングする人もウォーキングする人も犬の散歩をする人も、怪我のないように楽しみたいものです。