2011082214123216715.gif ◆ 診療所ライブラリー 65 ◆


アスペルガー症候群とはどんな疾患か、それにどう接するべきかについて書かれている本。

この中で書かれている対処法は疾患を持つ子供へのアプローチの一手法であってこれがすべてではないでしょうが、普段の子育てにもとても参考になる部分もあると思います。
子供のもつ能力を十分に発揮できる環境作りも大切ですね。
とにかく読み物として非常によくまとまっていてたいへん面白く、アスペルガー症候群についての一通りの知識を身に付けるにはもってこいです。

アスペルガー症候群の著名人のエピソードを交えた具体例を読んでいると、この疾患の傾向を抱えている人は幾らでもいるように思います。
特に同業者には私も含めていっぱいいるような気がします。
私 ?・・・マルチタスクがとても苦手ですね。
一つのことに集中すると、他のことは目に入らなくなっちゃいますから。

人類に立ちはだかる様々な困難に対してブレークスルーをもたらす能力を秘めている場合もあるので、この日本の難局面で彼らの特性が十分に発揮できるといいのかもしれません。

なお、大学の同級生もこの本についてブログ上でコメントしています。( → こちら )
同窓会で会ったときに発破をかけておいたのですがそれでもブログは半ば放置状態。
もっと更新を心がけてね。


  → アスペルガー症候群