野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡にある野口内科です。
  医療・健康に関することはもちろん、近隣の話題や音楽・本のことなどについて綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

イラスト

 ● 薬の説明書のイラスト 117 ●


鶴丸城趾のお堀にそろそろハスの花が開く頃かと思います。
で、イラストは蓮の花にしようと思ったのですが、医療施設にはあまりなじまない雰囲気もあるので悩みました。
その結果選んだのが今回のイラスト。
ご覧のようにハスの葉を傘にしているカエルですが、あくまで主役はハスのつもりでチョイスしました。
葉と茎の位置関係がちょっとおかしいのですが、まあご愛嬌。

それにしても今年はよく雨が降りますね。
降雨に伴う災害には十分お気をつけください。

今回のイラストはハスです ( からね )。


2011061518150114225.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 116 ●


6月14日は世界献血者デー。
「献血者の皆様に感謝するとともに、輸血用血液の世界的な需要が高まる中、献血活動にご協力をいただいているボランティアの方々に敬意を表し、その活動を広く皆様に認識していただく日」として2004年にスタートした比較的新しい行事です。
ほとんどの方はご存知ないでしょう。
恥ずかしながら私も今回のイラストを何にしようかとあれこれ調べていて初めて知りました。

内視鏡を扱っていると吐血や下血に遭遇することは稀ではなく、しょっちゅう血液製剤のお世話になっています。
大学に適切な使用法にうるさい先生がいたものですから、皆様のご好意を無駄にすることのないように大切に扱わせていただいております。

今回のイラストは献血です。


2011053121203928182.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 115 ●


今回のイラストはバラ
鹿屋には非常にスケールの大きいバラ園がありますし錦江湾公園にもあり、ちょうど見頃かと思います。

ご家庭の庭でも今が盛りではないでしょうか。
わが家にも何種類か植えてありますが、トゲは何とかなりませんかね。
雑草を取ったり肥料をあげたりして大事に育ててあげようとしているのに、毎年必ず痛い思いをします。
だからちっとも好きになれない植物です。



2011051617100531832.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 114 ●


「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」とは山口素堂の有名な俳句。
5月は初カツオの時期とされますが、鹿児島ではもう少し早いですかね。
震災の影響で鰹節の原料の冷凍カツオの値段が高騰したり、カツオの水揚げを予定していた海外の船が寄港をキャンセルしたりとこの南国にも思わぬ余波が及んでいます。

意外な盲点なのですが、鰹節も保存食としての存在価値があります。
ジャンクフードよりはるかに優れたおやつとして、普段から子供たちと食べています。
何といっても地元の食材でもありますしね。

というわけで今回のイラストはカツオです。



2011043021410417962.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 113 ●


今回、薬の説明書に選んだのはフジの花です。

マメ科やブドウ科の植物はあちこちに巻き付いて厄介者ではあります。
実際、武岡の端っこの斜面などでもフジに絡まれて窮屈そうにしている木々を見かけます。
これを棚仕立てにして花を愛でようというのは日本人ならではの風雅な発想ですよね。

近所の幼稚園でも楽しむことができますが、鹿児島では霧島市にある和気神社の藤棚がとても有名です。



2011041607334126143.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 111 ●


今回の大震災で被災された方々は「失意」と「失望」の底にあると思います。
でも「通じ合う心」と「寛大なる愛」で必ず「明るい未来」は開けます。

阪神大震災を経験した私からのメッセージですが、これらはすべてムスカリの花言葉です。
今回の薬の説明書にはそんな意味を込めてムスカリを選びました。

今が一番の踏ん張りどころです。
時間はかかりますが、希望の光は少しずつ皆さんを照らし始めます。



2011031520103510822.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 110 ●


今回の薬の説明書のイラストはパンダです。
上野動物園にパンダが来たからということもあるのですが、3月11日は「パンダ発見の日」なんだそうで、それを元に選定しました。

愛らしい希少動物ではありますが、私は2-3年前に起きたメラミン混入の「クリームパンダ」事件がトラウマになっています。
食べたわずか数日後にニュースとなり輸入業者が自主回収。
体はどうってことなかったのですが、以後中国製の食品にはかなり神経をとがらせています。



201102281752448363.gif





 ● 薬の説明書のイラスト 109 ●


いつも苦労する2月下旬のイラスト選び。
今回も相当悩みましたが、辿り着いたのは入学試験です。

今年は特に寒い日が多かったので、体調管理はもちろん受験当日の会場までの足の確保などに気をもんだことでしょう。
これからまだまだ受験シーズンが続きますが、がんばって下さいね。


2011021421502427681.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 108 ●


鹿児島はようやく厳しい寒さを抜け出しそうな気配。
うれしいことですが、気圧配置が変わるなどすると風向きも変わるでしょうから新燃岳の噴煙の行方が気になるところです。
また花粉がはじける季節に突入ということにもなりますので、お気をつけください。

さて、今回の薬の説明書のイラストは福寿草です。
福寿草が実際に咲いているのを目にしたことはないのですが、鹿児島ではどのあたりで見ることが出来るのでしょうか。

2011013117004831374.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 107 ●


鹿児島の人間にとっては慣れない気候が続いています。
お体には十分気をつけて下さい。

さて、いつも頭を悩ますのはこの時期のイラストなんですが、今回は 1月22日がジャズの日ということで楽器を選んでみました。
Januaryの「Ja」と「22」が「zz」に似ているところから定められたようですね。
普段ジャズを中心に音楽をよく聴く私でもこの日の存在を知りませんでしたので、もっともっと広報活動やイベントに力を入れていって欲しいものです。


201101170734502191.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 105 ●


一年の最後を締めくくるイラストはこれまでクリスマス関係のものにしてきました。
素材がいっぱいあるので選ぶのも楽なのですが、今年はちょっぴり趣向を変えて大掃除のイラストにしました。

新年を迎える準備はお早めに・・・と人のことを言っている場合ではありませんが。



201012152151261549.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 104 ●


早いもので2010年ももう最後の月を残すのみとなりました。
慌ただしくて、月初めに書いている「薬の説明書のイラスト」を危うく失念するところでした。

今回、シャコバサボテンのイラストを選びました。
クリスマスカクタスなどという別称も使われているようですが、シャコバサボテンの方が好きですね。
葉の形がシャコに似ているところから命名されたようですが、シャコと言って思い出すのは岡山の日生の五味の市。
山盛りのシャコが驚きの安さで売っていたのですが、食べきる自信がなくて買わずじまいでした。



2010120108343828728.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 103 ●


週末はぽかぽか陽気で季節外れの黄砂が舞っていましたが、今朝はとても寒い朝でした。
寒暖を繰り返しながら、秋が深まっていきますね。
今回の薬の説明書には落ち葉を選びました。



2010111522304614601.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 102 ●


昨日、美山窯元祭りに行ってきました。
現在タダで通行できる南九州道を使って武岡から20分強で行けてしまうので便利でした。
散策してみるとあちこちに秋の気配。
中でも立派なムラサキシキブに目を見張りました。

ということで今回の薬の説明書のイラストはムラサキシキブに決定です。



2010103122201220927.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 101 ●


今回の薬の説明書のイラストにはハロウィンには欠かせないジャッコランタン
ハロウィンの習慣は日本にそんなに根付いていませんが、この時期になるとこのカボチャの提灯だけは街のあちこちで見かけるようになってきましたね。
秋を感じるオレンジ色も日本のこの時期に馴染むのかも知れません。


201010152018058541.gif

↑このページのトップヘ