野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡にある野口内科です。
  医療に関することはもちろん、近隣の話題や音楽・本のことなどについて綴ってまいります。
    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶ アクセスMAP
         ▶▶ バス路線図

対象年齢の方で、肺炎球菌ワクチンご希望の方は3月末までに。

過去のお勧め記事 → マラソンにロキソニン・・・!?

イラスト

 ● 薬の説明書のイラスト 44 ●


九州南部は去年より少し早く、5月28日に梅雨入りとなりました。
結構よく降りますね。
年々、世界的に大規模な自然災害が増えてきています。
この時期を何事もなく過ごすことができれば言うことはありませんが、今年はどうでしょうか。

6月前半の薬の説明書のイラストは父の日
多分、これは父の日のイラストです。
そのつもりです。

b7wmifmk.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 43 ●


ここ数年と比較すると、今年の 5月はしのぎやすい気候が続いています。
嬉しいのは花の持ちが随分といいこと。
桜を 4月の半ばまで十分楽しめたのを皮切りに、季節の花々がとても生き生きとしています。
我が家ではハナミズキがかなり長く咲き続けていました。

5月の後半の薬の説明書のイラストはハナショウブ
神戸にいる時は歩いていける範囲に須磨離宮公園があり、花菖蒲園が名物の一つでよく見に行ってました。
そういえば鹿児島に帰ってきてからはハナショウブを見にいくということをしてません。
今年あたりはどこかに行ってみましょう。

m7jzbxsv.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 42 ●


鹿児島では庭にビワを植えている家をけっこう見かけます。
武岡の中でも何軒かあるのですが、この時期ビワの実は徐々に青からオレンジ色に変化して、やがて食べごろを迎えます。
しかし、実際に収穫して食べている所は少ないのではないでしょうか。

長期予報によるとGWは好天に恵まれそうな気配。
いつもなら下手をすると真夏日もあり、半袖で十分過ごせることがあるのに、今年は25℃前後の程よい気温が続くようです。
休みが続く分、目にする機会が少ないかと思いますが、今回の薬の説明書のイラストはビワです。

今の大河ドラマの主人公天璋院篤姫の好物がビワだったそうで、東京の寛永寺の彼女の墓地にはビワの木が植えられているそうです。

ltsm1gyo.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 41 ●


散った花びらがあたりを淡いピンク色に敷き詰めつつありますが、近所の桜はまだ楽しめます。
桜にとって厳しい雨や風があまりなかったためでしょう。
入学式が桜の花の賑わう中で行われるのも最近では珍しいことではなかったでしょうか。

日中は汗ばむほどに気温が上がることもあり、春が一気に駆け抜けていきそうです。
もう少しすると武岡の住宅街にもアゲハが次から次に舞い始めることでしょう。
4月後半のイラストにはアゲハを選びました。

atm_ho59.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 40 ●


新年度となりました。
医療制度もいろいろな新制度がスタート。
しかし正式に決まってからの期間が短く、どこも準備に大わらわ。
大幅に仕組みが変わるのですから周知期間をたっぷりとってもらいたいものです。

季節を代表する風物も行事も少ない2月後半と違って、逆に選ぶものがふんだんにあって絞り込むのも難しいのが、この4月前半です。
今年はチューリップでいきます。

e7icmjjm.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 39 ●


3月後半の薬の説明書用のイラストには卒業証書を選びました。

3月の早い段階から高校などでは卒業式がありますが、小学校などはこれから。
転勤なども多く、別れや新しい出会いなど人の動きも気持ちも複雑に交錯するこの時期は毎年決まって訪れます。
しかし、卒業証書を手にする機会は人生の中で何回とあるわけではありません。

そんな卒業証書を我が家の長女はどんな思いで受け取るのでしょうか。

a6h7zcnp.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 38 ●


このブログでシリーズとしてしていますが、武岡の端っこを歩いていますと、シラス台地の斜面は思いのほか緑が豊かで、景色を眺められないことのほうが多いのにはびっくりします。

薮の中から野鳥の羽ばたきや声が聞こえてくるのも散歩の楽しみの一つです。
そろそろウグイスの鳴き声も耳にすることになるでしょう。
姿を確認することはめったにできませんが、次第に上手になっていく歌声に春が少しずつ近づくことを感じます。

今回の薬の説明書のイラストはウグイスです。

nq7z452g.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 37 ●


苦労しない時期もある一方で、2月の後半というのはイラスト選定にとても頭を悩ませてしまいます。
ちなみに昨年のこの時期はウメの花を採用しました。

15日からイラストに予定しているのは富士山
年賀状の定番アイテムなのでは、と思われるかも知れません。
前回同様、2月下旬の記念日をあれこれ調べてみたところ、2月23日が「富士山の日」ということで決めました。
これも語呂合わせのようですね。
今年は太平洋側でも雪が多いことも鑑み、富嶽三十六景の「礫川雪ノ旦」の一部を使ってみました。

tg7fysda.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 36 ●


平成20年も 2月を迎えようとしています。

この時期のイラストを何にしようかと思案して、まず浮かぶのが節分とバレンタインデーというイベントです。
前者は既に昨年のイラストに利用しました。
では後者で決まりかなと思いましたが、糖尿病の患者さんもいらっしゃいますし、ありきたりな気もしました。

あれこれ悩んで今回選んだのはふきのとう
2月10日は語呂合わせで「ふきのとうの日」なんだそうです。
この日は他に「左利きの日」(0210=レフト)、「ふとんの日」でもあるそうです。
調べてみると面白いですね。

jpcu3mnj.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 35 ●


寒さも束の間、12日には20度を越えるというような暖かな日々が続いていましたが、再び寒くなってきています。
このような時は体調を崩される方も多いので十分に気をつけて下さい。

1月後半の薬の説明書のイラストに選んだのはツバキ
鹿児島の平年開花日は1月27日となっていますが、このような気候で今年は一体いつになるのでしょうか。

l7m9qve8.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 34 ●


明けましておめでとうございます。
平成20年は雪の舞うとても寒い気候で始まりましたが、体調は崩されていないでしょうか。

今年の外来診療は4日から始まりすが、新年の薬の説明書のイラストはやっこ凧にしました。
凧揚げにはいい風が吹いていましたが、ちょっと寒すぎましたね。

本年もよろしくお願い申し上げます。

kdjl2t9a.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 33 ●


天気が周期的に変わり寒暖の差が激しい今年の12月。体調を崩されて受診される方が多くいらっしゃいます。
天候への対応は怠りのないようにしてください。

薬の説明書の本年最後のイラストは、クリスマスツリーにしました。
今年もあとわずかですね。

wtq2t20h.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 32 ●


まだ、日中は暖かささえ感じる鹿児島。
でももう師走を迎えようとしています。一年は早いですね。

診療所の玄関に花壇スペースがありますが、今回は白と赤を基調にした花をいくつか選んであります。
その中心に植えられているのが少し小振りのシクラメン。
12月前半の薬の説明書のイラストには、それと同じ色のシクラメンを選んでみました。

h5c61pyn.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 31 ●


11月後半の薬の説明書のイラストにはモミジを選びました。

鹿児島ではようやくこの季節らしい寒さを感じるようになってきましたが、ヒマワリの開花の話題も新聞に載るなど紅葉はまだまだ先の感じがあります。
全国的には、例年よりインフルエンザの流行が早い傾向にあります。
皆様も体調を崩されないよう十分お気をつけください。

om6hs6br.gif

 ● 薬の説明書のイラスト 30 ●


11月に入りました。
週間天気予報によると寒暖の差が大きく、夏日もまだあるようですので、体調管理には十分気をつけてください。

今回のイラストは、2日と3日、鹿児島市で行われるおはら祭りを題材に選んでみました。
おはら節は鹿児島の人間なら知らない者はいませんが、私は一度もおはら祭りを見に行ったことがありません。
ともあれ、連休はお天気に恵まれそうで何よりです。

そういえば、神戸にいる時も神戸まつりには行ったことはありませんでした。

urwmqehv.gif

↑このページのトップヘ