野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡にある野口内科です。
  医療に関することはもちろん、近隣の話題や音楽・本のことなどについて綴ってまいります。
    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶ アクセスMAP
         ▶▶ バス路線図

対象年齢の方で、肺炎球菌ワクチンご希望の方は3月末までに。

過去のお勧め記事 → マラソンにロキソニン・・・!?

イラスト

 ● 薬の説明書のイラスト 236 ●


6月6日はロールケーキの日。
6の形がロールケーキの断面に似いてることと、読みの「ロ」が通じることからだそうです。
ということで6月前半の説明書のイラストはロールケーキ
を選びました。

さて、当院の薬の説明書にイラストを入れるようになったのが2006年の6月。
丸、10年が経過しました。これまで一度使ったイラストが重ならないように腐心してきましたが、そろそろ限界が来ています。
11年目に入るのを機に、以前用いたモチーフを使っていこうと思います。
なお、うっかりミスで一度だけ重複したことがあります。
それは2012年と2014年の5月に用いた「シャクヤク」。

患者さんの中には、毎回楽しみにしていて保存しているという方もおられるようです。
これからもその時期に応じたイラストを選び、このブログで取り上げた理由を解説していきたいと思いますのでご期待下さい


ケーキ

 ● 薬の説明書のイラスト 235 ●


5月後半の説明書のイラストは
ポリタンクを選びました。

5月18日が「18リットル缶の日」なんだそうです。
一般に一斗缶と呼ばれる直方体のブリキ製の容器を指しますが、あまり絵にならないので、今回は同じ容量が主流のポリエチレン製のタンクを選びました。
前者はほとんど業務用ですし一般家庭では後者の方が馴染みがありますよね。

そして先月、熊本地震があったことと関連してチョイスしたのです。
水道が使えなくなったときに、ポリタンクの有無は生活の質に大きく関ります。
災害が起きてから買いに走っても品切れ…なんてよくある話です。
わが家には3つありますが、今回新たに普段折り畳んでおける10リットルの容器を買い増しました。

なお、西日本では青が主流ですが、東日本では赤が主流なんだそうです。
この境界線はどのあたりにあるのか、興味のあるところです。


タンク

 ● 薬の説明書のイラスト 234 ●


我々が米国に行って不便を感じることの一つに単位の違いがあります。
日本は尺貫法を捨ててメートル法に完全に移行しているため、馴染みのないマイルやポンド、ガロン等と聞くと感覚的にもさっぱり捉えづらいですよね。
温度も同じ。
華氏なんていうのを使っていて、天気予報を見ていて明日は暑いのか寒いのかまったく分かりません。
他の国ではほとんど使われない華氏を使い続けいている理由は一体何なのでしょう。

華氏という温度の計測法の生みの親、ファーレンハイトの誕生日である5月14日は温度計の日となっています。
一般に使われる摂氏を作ったセルシウスに敬意を表さず、ファーレンハイトを選んだ理由というのは何なのでしょうね。
5月からの薬の説明書のイラストは
温度計です。


温度

 ● 薬の説明書のイラスト 233 ●


患者さんにお渡ししている薬の説明書にイラストを入れることを始めてかれこれ10年近くになります。
同じネタにならないように腐心しているのですが、今回はとても地味なしじみです。

しじみと聞いて春を連想する人はあまりいないと思うのですが、4月23日が語呂合わせで「しじみの日」なんだとか。
ということで、4月後半の薬の説明書のイラストが決定した次第です。


しじみ

 ● 薬の説明書のイラスト 232 ●


つい昨日まで地元の百貨店でテレビ番組とリンクしたグルメフェアが行われていましたが、出掛けた親戚が銀座木村屋總本店のあんぱんを買ってきてくれました。
あんパンはこの店の創業者が考案したもので、明治天皇に献上したのが明治8年の4月4日だったことから、この日は「あんぱんの日」と制定されています。

ということで4月前半のイラストはあんパン
にしてみました。

木村屋では「あんぱん」とすべて平仮名で書くようですね。
食パンやメロンパンではしっくり来ませんがが、あんぱんだけは平仮名で書いても違和感がないのはなぜなんでしょう。


あん

 ● 薬の説明書のイラスト 231 ●


3月20日は電卓の日。
1974年に日本の電卓生産量が世界一になったことを記念して定められたそうです。

昔は国内で20社以上が作っていたという電卓も、現在は3社のみ。
しかも常にリーダー的存在だったシャープも間もなく台湾企業に身売りが正式決定しそうな気配ですね。
今や百均でも手に入る手軽なグッズに過ぎませんし、スマホでも計算は済ますことができますけど、技術者たちが心血を注いだ歴史を調べるととても面白いです。

3月後半のイラストは電卓
です。
ちなみに電卓は「電子式卓上計算機」の略。
ちゃんと言えましたか ?



電卓

 ● 薬の説明書のイラスト 230 ●


語呂合わせで3月3日は耳の日というのは良く知られていますが、WHOはこの日を「International ear care day」に定めていることをご存知の方は少ないのではないでしょうか。
また、この日は「耳かきの日」でもあります。

耳かきという行為は必ずしも必要のないものとされています。
耳かき中に外耳道や鼓膜を傷つける事故が国民生活センターに数多く寄せられているというニュースが先日あったばかり。( → こちら )
一方で、耳垢が外耳道を塞いでしまうことで認知症に繋がるという報告もあります。
耳垢塞栓と呼ばれる状態で聴力が低下することが原因のようで、耳垢を除去すると症状が改善することもあるようです。
また、認知症そのもので耳かきに対する関心が薄れてしまっていることも考えられます。

3月前半のイラストはとても地味ですが耳かき
です。


みみ
Clip to Evernote

 ● 薬の説明書のイラスト 229 ●


今年はうるう年なので2月は29日まであります。
その2月29日はニンニクの日。

というわけで2月後半のイラストは
ニンニクです。
同じものを扱わないようにしてきた薬の説明書のイラストもそろそろネタ切れ気味ですし、4年に1度しか巡ってこない日を活用しないと !


にんに

 ● 薬の説明書のイラスト 228 ●


1月24日から25日にかけての雪は大変でした。
積雪量よりも記録的な冷え込みによる路面の凍結や水道管の被害が深刻でしたね。
2月も立春以降でまた寒波の影響を受けるのではないかという予想が出てますね。

2月前半のイラストは、鹿児島ではあまり活用する機会の少ない
マフラー
私自身、鹿児島に帰ってきて10年以上一度も使ったことがないというか持ってないのですが、今シーズンはちょっと恋しくなりました。


えりまき

 ● 薬の説明書のイラスト 227 ●


このところ急に寒くなってきました。
今日の鹿児島は時折吹雪く予報が出ています。
この寒さはしばらく続くようで、24日の日曜日の予報も雪か雨となっています。
徐々にインフルエンザも流行ってきていますので、体調管理には万全を期して下さいね。

1月後半のイラストは
雪の結晶選びました。


雪
Clip to Evernote

 ● 薬の説明書のイラスト 226 ●


新年の恒例の行事として行われる出初め式。
はしごの上での派手なパフォーマンスが真っ先に想起されますよね。
でもどれだけ消防に役立っているのだろうと不思議に思って起源をたどってみました。
すると、一説に10万人が犠牲になったとされる江戸の明暦の大火 (1657年) が絡んでいるようですね。
大火を契機に幕府直轄の新たな消防組織が作られ、1659年に上野東照宮前で行われたのが最初の出初め式とされています。
その際に、はしご乗りも披露されて江戸市民を勇気づけたとか。
なので消防とは直接の関係はなく、慰問的な意味合いが大きかったのかも知れませんね。

2016年最初の薬の説明書のイラストは
出初め式です。


出初め

 ● 薬の説明書のイラスト 225 ●


もう2週間ほどで2015年も終わってしまいますね。
12月の後半のイラストに選んだのは
ボールのオーナメント

さて、これを「オーナメントボール」と呼ぶのか「ボールオーナメント」と呼ぶのか、家族で議論になりました。
結局よくわからないのでボール『の』オーナメントとした次第。

なお、家族間の議論は「好きな男性のタイプは?」と「好きなタイプの男性は?」はどっちが正しい表現なのかという話にまで発展しましたけど、どう思います?


オーナメント
Clip to Evernote

 ● 薬の説明書のイラスト 224 ●


川端康成がノーベル賞を受賞したのを幼い頃の記憶としてかすかに留めていますが、90年代までは数える程しかいなかった受賞者もこのところうなぎ登り。
今年も大村智先生と梶田隆章先生の2名が受賞され、だんだん覚えきれなくなってきています。
他にも様々な賞があるのにノーベル賞と芥川賞・直木賞だけは特別な扱いがなされる気がしますが、これはどういういきさつなんでしょうね。


発表は10月ですが授賞式はノーベルの命日である12月10日ということで、12月前半の薬の説明書のイラストはノーベル賞です。


賞
Clip to Evernote

 ● 薬の説明書のイラスト 223 ●


10月以降、朝晩と日中の寒暖差が大きく、この先もしばらく例年より高い気温が続くようですね。
体調を崩される片も目立ちますので十分ご留意下さい。

さて、11月17日は蓮根の日なんだそうです。
レンコンを食用とするのは中国と日本だけだとか。
ゴボウに至っては基本的に日本だけらしいですね。
どちらも子どもの頃は苦手な食材でしたが、今では普通に食べられます。
いまだに苦手なのはラッキョウとエシャロットだけです。


明日からの薬の説明書のイラストはレンコンを選びました。


レンコン

 ● 薬の説明書のイラスト 222 ●


11月1日は本格焼酎の日。
そろそろ新酒が店頭に並ぶ時期ですね。
私は日頃あまり飲まないのですが、酒屋の店先がちょっと気になります。
焼酎ブームも一段落し、県外の方におねだりされる機会が随分減ってきました。
しかし、有名な銘柄は相変わらず入手困難です。


11月前半の薬の説明書のイラストは焼酎です。


焼酎

 ● 薬の説明書のイラスト 221 ●


鹿児島では10月下旬に妙円寺詣りというイベントが行なわれます。
鹿児島市内から伊集院にある徳重神社までの約20kmを歩いて参拝するのが基本で、武岡を経由します。
また途中にはそば畑があって、ちょうど白い花が満開の時期でもあります。
あまり知られていませんが、鹿児島はそばの生産が盛ん。
一時は全国2位の時期もあったようですが、2014年は7位だったようです。

ということで明日からの薬の説明書のイラストにはそばの花を選びたかったのですが、いつもの小さな場所に小さな花を嵌め込んでみると何が何だかさっぱりわからない状態に。
やむを得ずそばに変更と相成りました。


ざる

 ● 薬の説明書のイラスト 220 ●


昨年あたりから、ネット上などで組体操の危険性が盛んに論議されています。
今年に入ってからはテレビのニュース番組などでも取り上げられる問題となり、巨大なピラミッドなどへの規制をかける自治体も出てきました。

我が子の通う小学校の運動会では、8年ほど前に一度廃止になりました。
しかし、児童や家族から不満が噴出し、翌年すぐに復活しました。
少子化の影響でだんだん巨大なものは組みづらくなっており、程良く怪我のないような形で続けてもらいたいものです。

今回のイラストは色々物議を醸している組体操をあえて選んでみました。


組体操

 ● 薬の説明書のイラスト 219 ●


今年は2009年以来のシルバーウイークがありますね。
そう滅多にあることではなく次は11年先になるそうです。
貴重な連休を皆さんどうお過ごしの予定でしょうか。

毎年9月20日から26日は動物愛護週間と定められているのですが、今年は来週の日曜日から土曜日でぴったりシルバーウイークが重なりますね。
ということで、今回の薬の説明書のイラストもそれにふさわしいものを選んでみました。


犬

 ● 薬の説明書のイラスト 218 ●


明日から 9月ですね。
いつもならまだまだ暑さが衰えないのが当たり前の鹿児島ですが、今年はすでに熱帯夜もなければ日中30℃を超えることもなくなってきました。
滅多に異常気象という言葉を口にしない私ですが、今年は冬の寒さ・梅雨の長雨・早い秋の訪れとおかしな状態がずっと続いています。

さて、明日からの薬の説明書のイラストはイチジクです。
地味なイメージの果物ですが、いろいろな健康への効果が知られています。( → こちら )
異常気象の中、この旬な果物の出来はどうなんでしょうね。


いちじく

 ● 薬の説明書のイラスト 217 ●


お盆休み明け、8月後半の薬の説明書のイラストはゴーヤーを選んでいます。

私が子供の頃は、ただ苦いだけの大嫌いな食べ物でした。
朝の連続テレビ小説でゴーヤーのキャラクターが登場し、沖縄の長寿を支えてきた食材だ、ということで全国的な市民権を得ましたね。
それとともに鹿児島ではちょっとした変化が起きています。
九州地方で一般的な「にがごり」が鹿児島風に訛った「にがごい」という名称があまり使われなくなり、沖縄風の「ゴーヤー」が圧倒しているのです。
形状や味を的確に表現している「にがごい」も捨てたもんじゃないのですけれども。


ゴーヤー

↑このページのトップヘ