野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して42年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

8月14日・15日はお盆休みをいただきます。ご了承下さい。



イルミネーション

当院の年末恒例のクリスマスイルミネーションを11月17日に設置しました。
雨天時以外、夕暮れ時から午後9時近くまで点灯いたします。
当院の近くを通る際は、ちらりと覗いてみて下さいね。

さて、当院入り口付近のサザンカとサツキにはイルミネーションとともにオーナメントも取り付けています。
下の写真は、サザンカの植栽部分のオーナメントの一部です。
年末にかけて次第にサザンカが咲いてきて、さらに色を添えてくれます。
その変化も楽しみです。

オーナメント




年末恒例の当院のクリスマスイルミネーションは、11月23日に設置しました。
雨天時以外、夕暮れ時から午後9時近くまで点灯いたします。

例年、その輝きをブログでお伝えしていますが、今回はちょっと別のアイテムを紹介したいと思います。

11月末にフラワーアレンジメントスクール「ラ・フルール」から講師をお招きして、職員全員でクリスマスリース作りに挑戦しました。
診察室で材料を広げて、講師の方のご指導のもと、リースベースにヒバやセンニチコウなどをワイヤーで巻き付けていきました。
ヒバの香りに包まれながらの楽しい作業でした。
今回の材料はドライフラワーになるそうで、クリスマスが終わっても楽しめるようです。

私の作品は、診療所玄関の左手に飾ってあります。
年末まで、日中はクリスマスリース、暗くなったらイルミネーションでお楽しみ下さい。

クリスマスリース01



毎年恒例のクリスマスイルミネーションを本日設置しました。
今日は試験点灯のみで、明日以降日暮れから午後9時くらいまでの間、本格的に点灯します。

ここ数年、飾る時の気候は比較的穏やかで時には汗を拭きながらの作業になることもあります。
しかし、今日は日差しもしっかりあったのにとても寒かったです。
寒い方がライトの光がきりりと引き締まって見える気がしますけれどもね。

今年はもう少しオーナメントを追加する予定にしています。
これから一月あまりの間、近くを通られる際は当院のイルミネーションを是非お楽しみ下さい。

イル2


ライト01恒例のクリスマスイルミネーション。
今年は11月20日に設置をしました。

基本的には2011年から続いている配置で代わり映えしませんが、今回は市道に面したホワイトのイルミネーションを少し延長して、待合室をぐるりと取り囲むようにしています。
実際に診療所内に入っていただかないとわからないと思いますので、ブログでちらりとご紹介。

この部分には色々な植栽がしてありますが、今はツワブキの黄色い花とピラカンサ ( トキワサンザシ ) の真っ赤な実が見頃です。
そしてなぜかこの時期にニオイバンマツリが 2、3輪花を咲かせています。
ピラカンサの木を中心にイルミネーションを這わしてありますので暗くなってから来院される方は是非お楽しみ下さい。

また、正面玄関付近のボールのオーナメントを若干増やしています。
サザンカやサツキというおよそクリスマスとは縁のない植栽に飾っています。
これまでの赤いボールに今回はゴールドも少々追加していますが、あまり目立ちませんね。
来年はもう一工夫したいと思います。


イルミ02今年は11月19日からクリスマスイルミネーションを点灯中です。
基本的には昨年と全く同じ配置で飾っています。

いつもなら11月中にブログでお伝えするのですが、あまりにも暖い日々が続いたのでうっかりしてしまいました。
ただ、12月にずれ込んだことで左のような写真が撮れました。
年末とは思えないような陽気にも関わらず、生け垣のサザンカがちらほらと咲き始め、オーナメントボールと相まって緑と赤のコントラストがクリスマスの雰囲気を醸し出しています。
年末には花の数もかなり増えてくるので、ライトを撤去する時にはかなり気を遣います。

わずか1ヶ月余りの間で季節の変化を感じる生け垣。
この部分を含めたイルミネーションは今月25日か26日までの予定です。


 ★ 診察室のデスクトップ 42 ★


12月に入って診察室のBGMは恒例のクリスマスバージョンになっていますが、机上のモニター画面も新しくしました。
今回は城山観光ホテルのトナカイのイルミネーションです。
写っている4頭すべて背を向けた状態なのですが、トナカイの引くそりに乗っている気分を味わっていただければ。

2010年までは当院のイルミネーションの目玉も玄関ポーチの上のトナカイだったのですが、球切れ・錆びつきがあまりにも多いことと大震災以降の節電指向で、今年も設置を見送っています。


トナカイ


イルミ今年も16日からイルミネーションの点灯を行なっています。
早いものでもう11年目になります。

駐車場の手摺り部分にはこれまで青いつららタイプのLEDを設置していました。
しかし、事前点検で3割程が点灯しなかったため、急遽新調しました。
青色LED開発に携わった日本人が
今年のノーベル物理学賞を受賞しましたけど、今回は電球色に近いゴールドをチョイスしています。

球切れの心配がないとされるLEDなのですが、屋外で使用するにあたって耐久性が課題ですね。
以前も言及したのですが、点滅パターンを制御するコントローラーは特に雨水対策をしっかり行なわないとすぐダメになってしまいます。
恐らく連結部分が濡れ呈しまい点灯しない部分が出てくるのではないかと推測してますが、まだまだ価格が高めのLEDイルミネーション、少しでも長持ちするように自衛しなくてはいけません。

イルミ2011恒例、クリスマスのイルミネーションを今年も飾り付けしました。

節電が呼びかけられている折り、今回は玄関ポーチの上のトナカイの設置を見送りました。
パラペットの内側に火山灰が残っていて、トナカイの固定がやりにくいという判断もありました。

診療所の外周部分のみの電飾でオールLED化にしたかったのですが、配線の都合上ほんの一部従来の電球を使っている部分もあります。
イルミネーションにかかる電気代は例年のほぼ三分の一になっていますので、 その点はご了承下さい。

写真は、青一色になった診療所北側のフェンス部分です。
 

2010112817373820256.gif今年も診療所にイルミネーションを設置しました。
いつも休日を利用して飾り付けていくのですが、あいにくの天気だと作業ができません。
そのため、2年前は11月末ぎりぎりになってしまい慌ただしかったのを覚えています。
しかし、今年は予定していた14日の汗ばむくらいのいい天気の時に設置することが出来、例年より早い点灯となっています。

ライトのLED化を順次進めていますが、まだ旧来のライトも使っています。
これまでは球切れしていないかをあらかじめ確認してライトの交換をするのが大変でした。
イルミネーションを始めた頃は確認しないまま取り付けて、さあ点灯・・・あれれつかない、なんてことがよくあり、泣く泣く設置を一からやり直すという苦い経験をしたことがありますので、事前に欠かせない作業なんです。
ここで威力を発揮するのが、写真の道具、ライトチェッカーです。
どういう原理かよくわからないのですが、どこが球切れしているのかを簡単に探し出すことが出来ますし、ヒューズが飛んでないかどうかもわかってしまう優れもの。
しかし、LEDが増えてくるとその出番も随分減ってきました。
もう何年かするとこいつもお役ご免になってしまうのでしょうね。

8zwg3xs2.gif診療所のイルミネーション
ライト自体随分使い込んできましたので、あちこちで球切れを起こしています。
暗くなってから不良箇所を取り換えようと思っているものの、先の記事に記した通り、連日忙しくてなかなか手が回りません。
ちょっとお見苦しい部分がありますがご勘弁ください。

写真のツリーを形取ったライトは去年飾り付けができなかった 3階部分にて輝いています。
神戸時代には何回か飾っていたものですが、鹿児島にて初披露となります。
隣接するタイヨーストアの屋上駐車場からはよく見えるのですが、表通りからはちょうど裏手にあたります。
時間があれば、そちらへ回り込んで見てください。

なお、例年ライトアップは 25日できっぱり終了し、すぐに撤去作業に取りかかりますが、
今年は暦の都合上、29日まで続ける予定にしています。


fr0wvn4m.gif今年で 4回目を迎えることになりました、診療所のクリスマスイルミネーション
23日より仮点灯を行っていましたが、飾り付けもほぼ終わりました。
今夜から本点灯致します。
日没から午後 9時頃までの間、輝きを楽しんでいただけます。

昨年は休みの日に限って天候が悪く、飾り付けが予定通りに出来ませんでした。
今年は二日間で順調に仕上げました。
私自身、イルミ歴は 9年となり、手持ちのライトも球切れや接触不良などが目立ってきました。
少しずつアイテムを更新していかなくては、と痛感しています。
時世を考えて当然、LEDに替えていこうと思っています。

写真は、診療所の玄関ポーチの上に鎮座します、初お目見えのトナカイ。
初代のトナカイより一回り大きく、首も振ります。


↑このページのトップヘ