野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して42年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

インスリン抵抗性

まご〖 今月のつぶやきから 77 〗


26日に梅雨入りした鹿児島。
26日は結構強い雨が降りましたが、その後は28日に少しぐずついた程度でまずまずの天気が続いています。
今後の予報を見ても、当分は連日雨が降るような感じではなさそうですね。


さて、twitter 上でお届けした医療関係の情報を月末にピックアップしておさらいするこのシリーズ。
毎回、複数のテーマを選んでいますが、今回は、テーマを一つに絞りました。
それは食べ物です。
12個の情報を拾い上げましたので、一つずつみていきましょう。


① は黄身にコレステロール含有量が多いため、敬遠されがちだった食材ですが、復権の気配です。

アクリルアミドはかなり古くから動物実験レベルで発癌性を疑われているのですが・・。
③ 果物はジュースやスムージーにせず、そのまま食べることをお勧めします。
例えば、温州ミカンを食べると血糖値が下がるという報告がありますが、ジュースにすると食物繊維が少ない分、吸収が早くて逆に上がってしまうのです。

④ 広島の特産のレモンを科学しようという地元大学プロジェクトです。
静岡ではお茶、愛媛ではみかん、鹿児島では焼酎、といった具合に各地で地元の特産物について産学官の共同研究がなされていますよね。

⑤ 先に、
①や③で卵や果物のツイートをしましたが、夕食時に食べるのはインスリン抵抗性の観点からは好ましくないようです。

牛乳を飲むと骨粗鬆症になる、というデマがあります。
根拠としているのは、酪農国の北欧で骨粗鬆症が多いからというものなんですが。
高緯度に位置している北欧では、冬季の日照時間が短いことがビタミンDの欠乏を招いて骨粗鬆症の発生に関わっているのです。

⑦ シソは日本で古くから活用されているハーブ。
調べていくとまだまだ知られていない有益な働きがありそうですね。

⑧ 調理したトマト過敏性腸症候群の治療にも有望な可能性があります。
過敏性腸症候群の患者さんを数多く受け持っているので、参考にしてみたいと思います。

⑨ 視力を維持するためにチョコレートを食べ続ける必要があるのなら、現実的ではありませんね。

⑩ これも卵に関する研究報告ですが、毎日食べている方が心血管リスクが低いというのは少々驚きでした。

アーモンドの抗糖化作用・LDLコレステロール低下作用・抗酸化作用・体重減少などの働きについてまとめたものですが、1日25粒を続けるのは大変です。

⑫ 最後に、フランスからカボチャによる急性の脱毛の報告です。
わずか2例のレポートに過ぎませんので、もっと多くの症例の集積を待ちたいところです。

くす〖 今月のつぶやきから 73 〗


寒い日が続いており、節分の頃は一段と冷え込む予報が出ています。
インフルエンザも猛威を振るっていますので体調には十分気をつけて下さい。

いつも月末近くにツイッター上でのつぶやきをピックアップしてまとめている「今月のつぶやきから」ですが、今回は10題を選んでみました。


最初は、インスリンや糖尿病にまつわる6つの情報です。
睡眠時間、授乳、尿素、下肢筋力など、いろんなことが血糖のコントロールに絡んでいるとわかりますね。







次は、内服薬に関する4つの情報です。
SSRIは血小板のセロトニン取り込みも抑制するので、血小板凝集能も低下しまうのは頭に入れておきたい点です。
ジェネリックと先発品が同等でないことは今回の報告からも示唆されます。
これまで知られていなかったイブプロフェンやアセトアミノフェンの副作用の報告もチェックしておきたいですね。




201106271453163579.gif〖 医療情報 Pick Up おさらい 42 〗

今月「医療情報 Pick Up」では以下の3つの情報をお届けしました。
このうち 2つは身近にある食べ物の話題でしたけれども、いずれも興味深いですね。


・女性のしわと/骨密度に逆相関関係/米国の研究で ( 2011 米国内分泌学会発表演題 )

・トマトに含まれる/リコピンに/コレステロールを/低下させる作用 ( Maturitas 2011; 68: 299-310.)

・リンゴの皮の/ウルソル酸が/筋肉成長を促す/マウスの実験で ( Cell Metab. 2011 Jun 8;13(6):627-38.)
 

   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


さて、最初の話題が正しいとすると、骨粗鬆症を医学的な検査ではなく外見である程度予想できることになります。
「医療情報 Pick Up」ではお届けしていないのですが、思春期においては BMI よりも手首囲を測定するほうがインスリン抵抗性をより反映するという報告も最近ありました。
しわの数や手首のサイズなどは医療機関でなくても簡単に調べることができ、これが骨折やメタボを予測する指標に活用できる可能性があるということになります。
また、こういう研究を積み重ねていくと、患者さんが診察室に入ってきた瞬間に外見からその人の体でどういうことが起こっているのかある程度分かってしまうという時代が来るのかも知れませんね。



         □ 関連記事  医療情報Pick Up  41

2010053022543219259.gif〖 医療情報 Pick Up おさらい 29 〗


今月お届けすることができた「医療情報 Pick Up」の情報は以下の2点。

・添加甘味料の/摂取が多いと/悪玉コレステロールが/高くなる傾向あり ( JAMA. 2010 Apr 21;303(15):1490-7. )

・前夜の睡眠が/不足すると/インスリン抵抗性が/上昇 ( J Clin Endocrinol Metab 6月号掲載予定 )


   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


いずれもメタボに関わってきそうな研究結果です。

メタボ検診が始まって 3年目に入りましたが、腹囲を中心に問題点が指摘されています。
肥満は悪、という考えがあるのでしょうか、この腹囲が基準を超えているかが診断に絶対必要なのです。
たとえ血糖値や血圧、脂質全てに異常があっても腹囲だけ基準値以下ならメタボリック症候群としてのお咎めなし。
しかしその必須である腹囲の基準値に対しては異論の声が高まっています。
肥満に介入するより禁煙指導のほうがよほど効果的とする声もあり、将来はいろんな部分に改定がなされるでしょうね。



         □ 関連記事  医療情報Pick Up  28

img1.gif〖 医療情報 Pick Up おさらい 21 〗


いつもお届けしている「医療情報 Pick Up」。
この 1ヶ月で紹介したものは以下の 3点でした。


・運動時間に関わらず/座位時間が長いと/インスリン抵抗性が/高い (Diabetes 2009;58:1776-1779.)

・職場でいじめに遭うと/睡眠障害になる確率が/倍以上 (Sleep 2009;32:1211-1219.)

・アルツハイマー病の/原因物質/アミロイドベータが/睡眠中に減少 (Science Online 2009;Sept 24.)


   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


先日、たまたま「インスリンで認知予防 ?」という記事を書きました。
ちょっと難しくなるので詳しい説明をしていなかったのですが、末梢でのインスリン抵抗性が高まると、脳内のインスリンが減り、これが認知症につながっている可能性があるという話の続きだけしか書いておりませんでした。

さて、今月紹介した情報を並べてみると・・・
デスクワーク中心の職場でいじめに遭いながら仕事をしていると、インスリン抵抗性の増加や睡眠不足となり、やがて認知症になっていくかも知れませんね。
先月のおさらいでもそうだったのですが、たまたまランダムに紹介した医療情報を繋ぎ合わせることで面白い推測が出来ますね。

睡眠に関しては〖医療情報 Pick Up おさらい 13〗でもいくつか紹介しています。



         □ 関連記事  医療情報Pick Up  20

↑このページのトップヘ