« 過去記事ウォッチング 3 »


前回の過去記事ウォッチングでは内容に誤りがあって訂正したことをお話しましたが、今度は逆にネット上であちこちに間違いが記載され広がっているという状況を指摘したものをご紹介します。

Bristol.gifそれは宿便について考えるというシリーズ第五回の「ウンチの種類」です。

この中で便の性状を 7つに分類した Bristol stool form scale というものを紹介しました。
この分類がいつ頃発表されたものかを調べてみると、ネット上では
「ブリストル大学のへーリング博士が考案し、1990年の英国の医学誌に発表したもの」という表記があちこちに見受けられます。
私もこの情報を元にして最初の論文を探してみたのですが、なかなかヒットしませんでした。
ようやく見つけた最初の論文を読んでみると、ピンク色で示した情報が全くのデタラメであることがわかりました。
その詳細については「ウンチの種類」に書いてありますのでお読みください。

当ブログで間違いを指摘しているにも関わらず、この後もあちこちのサイト、しかも医療系のサイトでも誤った情報が増殖しているのは悲しい限りです。
コピペでお手軽に作文するのは楽ではありますが、きっちり調べて裏をとる習慣は身につけたいものですね。


正しくは

「Bristol stool form scale は Bristol 大学の O'Donell らが考案し、1990年に BMJ 誌に発表したもの」

ですからね。