野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して41年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

クリスマスソング

blue【診察室のBGM 140】


12月の診察室ではBGMにクリスマスソングを流しています。
毎年、意外なアーティストがクリスマスアルバムを出してくれるのが楽しみな年末なのですが、今年はどうもパッとしませんね。

そこで、昔から使っているのに紹介していない曲を今回選んでみました。
それは、
BONNIE PINK 「オレンジ」
もう22年前になってしまいますが、アルバム
「Blue Jam」からシングルカットされた彼女のデビュー曲です。
当時は研究室にいて、ラジオがほぼ神戸のKiss FMにチューニングされていました。
彼女が関西出身であったためでしょうか、しばらくヘビーローテーションで流れていた曲です。
オレンジってクリスマスキャンドルの暖かい炎の色のこと。
ちょっぴり憂いを帯びた歌詞もメロディーも秀逸で、大好きな曲です。

当時は小室サウンドが全盛の頃。
スピッツやこの曲にはちょっとホッと一息入れることができたのを覚えています。


HL【診察室のBGM 68】


12月に限り診察室のBGMはクリスマスソングに替わります。
今年は Halie Loren の歌声をご紹介します。

ずっと彼女のことベテランだと思っていたのですが、調べてみたらまだ26歳なんですね。
勘違いするくらい抜群の技量を持ったヴォーカリストで、今年の5月には東日本大震災のチャリティーソングも提供してくれました。

今年リリースしたクリスマスアルバム「Many times, many ways」は彼女のヴォーカルとピアノだけのシンプルな構成の11曲。
「Have Yourself a Merry Little Christmas」は1944年の「若草の頃」という映画で使われたとても有名な曲ですが、彼女の美しく暖かい声で雪の降る静かなイヴにろうそくの灯火の中で聴いてみたいですね。
でも鹿児島ではそんなシチュエーションは期待薄です。

来週には新譜もでるようです。
とても楽しみにしています。

2010120714592120044.gif【診察室のBGM 56】


12月はクリスマスソングに切り替わる当院内視鏡室のBGM。
今年紹介するのは Erin Bode の歌声です。
彼女の自然体の透き通った声やシンプルながらも魅力的なアレンジが大好きで、初期の頃から普段のBGMに何曲か流しているのですが、このブログで取り上げるのは初めてになります。
昨年リリースした「Cold December Night」は純粋なクリスマスアルバムではないですけれども、この時期にぴったりの曲ばかり。
「Holy Night, Peaceful Night」は定番の「Silent Night」の歌詞を変えたもので、そぎ落としたアレンジ ( ギターとおもちゃの鉄琴 ?? ) をバックに彼女の声が心を暖かくしてくれます。

彼女のアルバム、来日したときに 1枚だけ日本盤が出たのですが、ほとんどが輸入盤でしか手に入らないのがちょっと残念ですね。
でも、iTunes 等でゲットできます。

たまたま彼女が White Christmas を歌っている映像を見つけましたので下に紹介しておきます。




RS.gif【診察室のBGM 44】


12月、診察室の BGM はクリスマスソングに替わります。
この一ヶ月間は普段は流すことのないアーティストの曲も登場します。

今回紹介するのは Rick Springfield が 2年前にリリースしたクリスマスアルバム「Christmas with You」
彼のアコースティックギターにコーラスも担当している彼自身のハスキーな声が重なって、じっくり味わえるキャロルの数々。
インストゥルメンタル曲もあって心を暖かくしてくれるアルバムです。

「I'll Be Home For Christmas」は戦地にいてこの時期に家に帰れない兵士の気持ちを代弁したビング・クロスビーのヒット曲ですが、アルバム中の他の曲と違ってジャズ風のアレンジで楽しい雰囲気に仕上がっています。

彼は80年代前半を中心に人気を誇りましたが、アイドル的な扱いで圧倒的に女性ファンが多かったと思います。
でも、私も好きでこっそり聴いていました。
アイドルといえば Japan 解散後のデビッド・シルビアンなんかも結構お気に入りでしたが、二人とも現役で活躍しているのは嬉しい限りです。

今年で還暦ながら昔とちっとも変わっていない彼は、来年日本でライブをやるようですね。
下の YouTube 映像はアルバム表題作のものです。

□ 関連記事 KOKIA 「Hallelujah」akiko 「Winter Wonderland」Patti Austin「Christmas Time Is Here」木住野佳子「Silent Night」



  → Christmas With You



zd0dj6lh.gif【診察室のBGM 32】


12月の診察室のBGMは恒例のクリスマスソングに衣替え。
今年は100曲を超えました。

昨年は akiko のクリスマスアルバムを紹介しましたが、今年は KOKIA「Christmas gift」
二人の名前はちょうど逆になっているのはおわかりでしょうか。

闊達で躍動感溢れるakikoのボーカルとはまた異なって KOKIA のたおやかで暖かく包み込むような声はクリスマスキャンドルの炎のよう。
アルバム冒頭の「Amazing Grace」からうっとりさせられますが、次の「Hallelujah」のまた素晴らしいこと。
ピアノと途中で絡むソプラノサックスをバックにした敬虔なる歌声。
街の浮かれた賑やかさとは異なる本当の聖夜の意味を考えさせられるような気分になります。

ジャケットなどのデザインを KOKIA 自ら手がけ、デビュー10周年を記念して発売されたクリスマスアルバム。
今から買っても遅くありません。



  →Christmas gift

↑このページのトップヘ