野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して41年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

インフルエンザ予防接種、ワクチンの入荷状況に応じて予約を受けています。



クロガネモチ

<< 武岡の街路樹 29 >>


2012年から綴り始めた「武岡の街路樹」シリーズもいよいよ大詰め。
今回は当院の前の道です。
南から北に向かって緩やかな登り勾配がありますが、地図上の九州自動車道の田上トンネルの真上付近からは下りになります。
北は第17回で、南は第7回第11回で紹介した道と接していて、途中には第8回第13回で紹介した緑道も繋がっています。
明和・原良方面と西陵方面へのショートカットの道として、特に朝夕を中心に交通量があります。
南から北に向かって緩やかな登り勾配が続きますが、地図上の九州自動車道の田上トンネルがクロスする付近からは逆に下りになります。
武岡中央公園の植栽も相まって緑の多いエリアです。

地図


街路樹はクロガネモチが合計49本、そして低木としてアベリアサザンカが交互に植えられています。
本来ならたわわに赤い実をつけたクロガネモチを紹介したいところなのですが、昨年末に剪定作業が入って何とも寂しい姿。
そこで、夕暮れ時のシルエットを写真に収めてみましたけど、主役に据えたのは他のクロガネモチと比べて高さも幹の太さも倍近くあるのではないかという1本。
なぜこの木だけ大きいのかはよくわかりませんが、この道の主役です。
南の方を向いて撮っているので右側は武岡中央公園、左にはちょっとだけ当院が写り込んでいます。

シルエット01


例年だと赤い実が鳥に食べられるか、自然に落ちてしまってほとんどなくなっている時期ですが、今年は変わった様子が見られます。
ミイラのように干からびて黒ずんだ実が所々にあるのです。
恐らく、鹿児島の各地で水道管の破裂が起きた1月26日の寒波の影響ではないでしょうか。
一番下の写真は随分前の写真ですが、雪が降る程度で実がだめになってしまう様子を見たことがありません。
いかに寒い一日だったかがよく分かるのではないでしょうか。
それでももう春が間近ですね。

ミイラ01


雪にも01

 

<< 武岡の街路樹 20 >>


今回紹介する街路樹は「武岡の端っこを歩く第21回第22回で紹介した武岡一丁目にある道路のもの。
常盤トンネルの開通や商業施設の開業などで交通量が格段に増えてきましたね。
西から東に向かって上り坂で、三か所ある大きなカーブでは大型バス同士の離合に苦労しています。

地図


この道の街路樹はクロガネモチで、北側に23本、南側に19本の計42本が植えられています。
クロガネモチはこのシリーズ、第7回第15回で紹介していますが、ちょうど赤い実がたわわに実る時期ですね。
その実をズームした写真を掲載することも考えましたが、夕方近くに長く伸びた影がコンクリートにくっきりと浮かび上がっているものを選んでみました。
左端にはクロガネモチから飛び立ったヒヨドリがたまたま写り込んでいました。

影1


もう一つは、全国的にも名の知れた樟南高校の校門付近の写真です。
左手には街路樹、右側には送電線の鉄塔があります。
鉄塔の下には赤いポスト。
車ではよく通る道ですが、正門前にポストがあるのは今回歩いて初めて気付きました。

鉄塔1

<< 武岡の街路樹 15 >>


前回に引き続き、武岡一丁目の街路樹の紹介となりますが、今回は平成16年に常盤トンネルが開通した時に作られた道の一部です。
第12回で紹介した水神様の近くからは勾配のきつい一直線の下り坂で、途中の三叉路で南寄りに角度を変え、勾配は徐々に緩やかになりながら商業施設付近の交差点まで続きます。

地図芝桜


この部分の両側には、合わせて39本のクロガネモチが並んでいます。
4月の後半になりますが、まだ赤い実が落ちることなく残っています。
道の北西端付近は非常に眺めのいい場所で、西陵紫原桜島錦江湾などを一望することができますが、今回は第6回で紹介した道にある送電線の鉄塔を組み合わせたショット。

鉄塔と


平成23年に途中の三叉路から北寄りに新しい市道、武・武岡線が伸延した際に、三叉路部分で道の付け替えが行われた結果、旧道と新道の間に三角形に取り残された区画があります。
そこの部分は、現在植栽コーナーになっていてシバザクラが植えられています。
目に鮮やかなピンク色が楽しめるのはこの時期ならではの光景です。

芝桜
車の駐車スペースがたっぷりある商業施設ですが、歩きながら景色や花を楽しみながら買い物に向かうのもたまにはいいのではないでしょうか。

<< 武岡の街路樹 7 >>


このシリーズの7回目は武岡三丁目
クロガネモチと決めていたのですが、ちょっとがっかりなことがありました。
1月の半ばに思いっきり剪定されてしまったのです。
寒さの厳しいこの冬は食べ物が少ないのか、ヒヨドリやムクドリが大挙押し寄せて深紅の実をついばんでいるさなかのことでした。

3丁目の地図


まったく絵にならないので、次のシーズンまで待とうかなとも思いましたが、あえて今の様子を撮りに行きました。
上の地図で赤く塗った道は、武岡中央公園交差点から西陵方面へ抜ける道として多くの車が行き交います。
西に行くほど緩やかに下る坂になっています。
この部分には70本ものクロガネモチが植えられていますが、すべて写真のような姿になっています。
淡い筋雲がアクセントを加えている清々しい空が、手負いの成木を癒してくれているようでした。
写真の下の方には武岡小学校の校舎、フェンスに半分隠れていますが灰色の噴煙を南へたなびかせている桜島が写っています。
フェンスの外側は遮るものがないので眺めは最高です。
なお、低木としてアベリアサザンカが混植されています。

クロガネモチ02

この写真だけでは寂しいので、今回はサービスカットを。
このシリーズの第1回で取材した場所には一本だけ河津桜があることは紹介しましたけど、今まさに満開です。
まだまだ寒い日が続いていますが、歩いてみると春の近さを感じる徴があちこちに見られます。

河津桜02
今回紹介した道は、勾配もそれほどきつくなく、両側には若干狭いですけど歩道もしっかり整備されています。
クロガネモチの木は季節ごとに葉や実が楽しめますので、散歩コースに加えてみて下さい。


 

赤い景色4月の土曜日の診療について一部変更がございます。

今月、上部消化管の検査が可能な日は

  第一土曜日の  7日
  第四土曜日の28日


第二・第三土曜日は検査ができませんのでお間違えのないようにお願い申し上げます。

なお、午後から行う大腸内視鏡についてはいずれの土曜日でも可能です。 
 
右の写真は診療所の待合室から外を眺めたもの。
手前には新緑が麗しいピラカンサの赤い実、遠方はぼかしましたけど右下方には当院の生け垣のベニバナトキワマンサク、中ほど右に連なるのは街路樹のクロガネモチの実です。
診療所は鮮やかな植物の赤い色に囲まれています。
毎年冬の間に鳥に食べ尽くされてしまうクロガネモチの実ですが、今年はこの時期までしっかり残っています。
鳥が少なくなっているという話を耳にするのでその影響なのでしょうか、いつもと違う表通りの雰囲気は美しくもあり心配でもあります。
 

 ★ 診察室のデスクトップ 8 ★


年が明けて、診察室の机に置いてあるモニターのデスクトップ画像も変更しています。
今回は雪の中のクロガネモチです。
診療所の前に植えてあるクロガネモチを撮影したのですが、この写真自体は今回の大雪の時ではなくて随分前の物です。
この年末年始は雪かきに一生懸命で、写真撮る余裕はまったくなし。

しかし、この南国から 3回も続けて雪に関する話題を提供するとは思いもしませんでした。


2011010222513510731.gif

↑このページのトップヘ