野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して42年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

サックス

2011040908493124819.gif【診察室のBGM 60】


乗客の退屈しのぎに、と車内に「難読名字」をクイズにして掲げているタクシー会社が鹿児島にあります。
最近乗ったことがありますが、その時一番目に出題されていたのが「纐纈」でした。
「あー、これは『こうけつ』ですね」と即座に答えられたのは彼女の存在を知っていたから。

昨年、ほぼ同時期にCDをリリースした10代の天才少女寺久保エレナの影にやや隠れがちですが、 纐纈歩美 のサックスははや円熟の境に入ったような美しい音色を奏でます。
サックスは大好きな楽器なのですが、診察室のBGMとして選択できるものは意外と少ないのものです。
でも彼女の作品なら違和感なく使えてしまいます。

ファーストアルバム「Struttin’」の中の曲「I Fall In Love Too Easily」
映画「錨をあげて」の中でフランク・シナトラが歌うちょっと物憂げなバラードで、多くのジャズミュージシャンが演奏してきました。
彼女のサックスも過去の名演に負けず劣らず、最初の10秒聴いただけでたちまち引き込まれてしまいます。
( → こちらで少し視聴できます )

今月末には早くもセカンドアルバムがリリースされます。
どんな作品に仕上がっているのか今からとても楽しみです。


zd0dj6lh.gif【診察室のBGM 32】


12月の診察室のBGMは恒例のクリスマスソングに衣替え。
今年は100曲を超えました。

昨年は akiko のクリスマスアルバムを紹介しましたが、今年は KOKIA「Christmas gift」
二人の名前はちょうど逆になっているのはおわかりでしょうか。

闊達で躍動感溢れるakikoのボーカルとはまた異なって KOKIA のたおやかで暖かく包み込むような声はクリスマスキャンドルの炎のよう。
アルバム冒頭の「Amazing Grace」からうっとりさせられますが、次の「Hallelujah」のまた素晴らしいこと。
ピアノと途中で絡むソプラノサックスをバックにした敬虔なる歌声。
街の浮かれた賑やかさとは異なる本当の聖夜の意味を考えさせられるような気分になります。

ジャケットなどのデザインを KOKIA 自ら手がけ、デビュー10周年を記念して発売されたクリスマスアルバム。
今から買っても遅くありません。



  →Christmas gift

↑このページのトップヘ