野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して41年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

ローズマリー

しぼう〖 今月のつぶやきから 60 〗


2015年の当院の外来診療も本日13時まででした。
個人的にはとても忙しい年末で、いつもなら余裕で終わっている仕事がいくつも残っています。
ブログを更新するのも、twitterでつぶやくのもままならない状態です。

そんな中、この1ヶ月でつぶやいた中から、まずは認知症などに関連する話題を 3つ。
① 高インスリン血症とアルツハイマー型認知症の関係は以前から指摘されてましたが、脂肪もですか。

② 内服薬だけでは十分な治療効果は得られない現状、いろんなアプローチがあっていいと思います。

③ ローズマリーは自宅にも診療所にも植えてありますので、活用しなくては。

次は、腸に関連した4題です。
④ 便秘と腎疾患、意外な関係です。

⑤ 人工甘味料は耐糖能以上を引き起こすという報告もあり、もはや使うべきではありません。

⑥ 憩室炎、抗菌薬は必要なさそうですね。

⑦ 腸内細菌は、体のいろんなところに働き掛けていますね。

最後は、よく使用される薬剤についての 3つの情報を。
⑧ 日本の高尿酸血症の治療は欧米とはだいぶ異なっていて、高いというだけですぐ薬が処方されてしまいます。

⑨ ベンゾジアゼピン眼症、頭の隅に入れておきたいですね。

⑩ 痛み止めの安易な使用は避けたいですよね。


それでは皆様、よいお年を。

ローズマリー今年は朝夕と日中の寒暖差がやや大きいものの、さわやかな気候が続いています。

以前はこの時期になると、外来でラベンダー・ローズマリー・ミント等をご希望の方にお分けしておりました。
しかし、2010年の長雨と猛暑、2011年初めの大雪等でこれらのハーブ類が壊滅的な影響を受けたため、中止せざるを得ない状況に追い込まれました。
2012年からは数は少ないものの
ラベンダーだけ再開し、香りを楽しんでいただいております。

さて、今年はラベンダーに加え、ローズマリーの樹勢が回復してきたので10日より受付の脇に置き始めました。
これまでも持ち帰られた方が、料理に活用していただいたり、ご自宅の庭に挿し木して育てていただいたりしておられると聞いております。
ご希望の方は遠慮なくお持ち帰りくださいね。

昨年のGW期間中に訪れたチュニジアの市場では刈り取られたゼラニウムが山積みになって売られており、荷台にいっぱい積んでいるピックアップトラック ( ISUZU ブランドが結構走っています ) を何台も見かけました。
聞くと、ゼラニウムウォーターを作るために売られているそうで、蒸留装置がある家庭が多いんだとか。
ミント、ローズマリー、ラベンダー、サフラン、セージなどは地中海が原産で、それらのハーブに恵まれたチュニジアはアロマテラピーの発祥の地とも言われています。
アフリカと聞いて日本人が抱くイメージとは随分かけ離れた、魅力のいっぱい溢れた国です。
ちなみに、当ブログのバナーに使っている写真もチュニジアのスベイトラで撮ったモザイク画なのです。

2010052208545513320.gif自宅の庭にもゼラニウムが植えてあるものの観賞するだけでしたが、旅行で触発されて今年はゼラニウムウォーター作りに挑戦してみました。
一番の問題だったのは蒸留器です。
以前ある焼酎の蔵元に行った時、竹筒を使って簡単な蒸留装置が作れると教えてもらったこともありましたが、適当な大きさの竹筒を手に入れることが適わず、結局市販品を購入。
単純作業ながら初めてのことで多少戸惑うことはありましたが、しばらくして台所にいい香りが漂ってきた時にはささやかな感動が。
でき上がったゼラニウムウォーター、チュニジアの人を真似て生活のいろんな場面で活用してみたいと思います。

2009060713420330439.gif昨年、初めて皆様にお配りいたしましたイングリッシュラベンダー
今年もある程度の数量が揃いましたので、本日より外来にて提供させていただきます。
一期咲きということもあってなくなり次第終了です。
何卒ご了承下さい。

なお、2月末からお配りしている四季咲きのデンタータ系のラベンダーは花のピークが過ぎてきましたので提供量が減ってきました。
その代わり、しばらく休んでいたローズマリーの提供を再開しております。
外来にお越しの際は、これらのハーブを遠慮なくお持ち帰りください。

mcgilfqu.gif外来で四季咲きのラベンダーを提供していることはこのブログでも何回か記事にしています。
大変好評で次々に手にしていかれます。
ピークは過ぎましたがまだ花は続くことでしょう。

実は自宅には一株だけイングリッシュラベンダーがあります。
こちらは年に一度、一斉に花をつけます。
北海道では 7月下旬が花の盛りですが、わが家では 5月の後半から開き始めました。

今までは花の数が少なく、外来に数束ぶら下げるのがやっとでした。
今年は比較的多く花がつきましたので、数に限りがあるのですが皆様に提供することといたしました。
四季咲きのものに比べて香りが格段に強いのが特徴です。
是非お持ち帰りいただき、安らぎをもたらす香りを楽しんでいただきたいと思います。

ローズマリーも年間を通してお配りしておりますので、遠慮なくお持ち帰りください。


↑このページのトップヘ