野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して42年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

8月14日・15日はお盆休みをいただきます。ご了承下さい。



下痢

 ◆ 診療所ライブラリー 132 ◆

ゲーとピーお子様用の読み物、拡充」でもお知らせしましたが、待合室の子供用の本を増やしました。

そのの中の一冊「ゲーとピー」。
タイトルからお察しの通り、嘔吐と下痢について、やさしくユーモラスに説明してある絵本です。
「ゲー」だの「ピー」だの、幼少時から慣れ親しんでいる我々にはすぐにピンとくる擬態語ですが、擬態語は全てが辞書に網羅されているわけではありません。
だから日本語を学ぶ外国人の方には習得のネックになっているのではないかと思います。

すべてひらがなで書かれていますが、後半はちょっと文字数が多いので、小さいお子様には読み聞かせてあげるのがいいかも知れません。
この絵本を通して病気や体の仕組みについて興味を持ってくれたらうれしいです。
待ち時間の間に是非手にしてみて下さい。
もう20年近くも前に発売されたものですが、絵本は簡単には絶版にならないのがいいところですよね。

 ◆ 診療所ライブラリー 125 ◆


♀大腸内視鏡検査では、苦痛もなくすんなりと内視鏡が入る人もいれば、全くその逆のパターンでつらい思いをさせてしまうこともあります。
経験上、腹筋の強くない方に内視鏡挿入困難例が多いようです。

機器が発達してきて、CTで大腸の形状が画像で捉えられるようになってわかってきたことがあります。
欧米の人は教科書通りの大腸の走行がほとんどなのに対し、日本人は横行結腸がだらりと垂れ下がっていたり脾彎曲部の位置が低い位置にあったりという走行異常が多いのです。
その走行異常が便通の不具合に関連しており、その部分をマッサージすれば便通が良くなると提唱するのがこの「女はつまる 男はくだる」の説くところとなっています。

特筆すべきは、安易な便秘治療を戒めている点。
日本では医師が便秘について詳しく学ぶ機会がないため、センナや大黄などの薬を安易に処方する傾向にあり、漫然と長期に使用する結果、便秘を悪化させているケースが多いのです。
私はそういう惨めな事態が生じないように適切な処方を心がけています ( 参考→「男女の違い その2」) し、過剰処方に陥っている人を何人も改善に導いています。

便秘に限らず下痢にお困りの方も、是非当院にご相談くださいね。

↑このページのトップヘ