野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して42年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

8月14日・15日はお盆休みをいただきます。ご了承下さい。



九州新幹線

第三回の鹿児島マラソンは来年3月4日に開催されます。
既に9月1日より、参加の申し込みが始まっていますね。
第一回から参加している私はもちろん今回も走るつもりでいます。


ダム02普段の練習は、仕事が終わってから武岡の中を走ることが多いのですが、日曜日や休日は気分転換に別の場所へ出かけます。
その中の一つが西之谷ダムです。
新川 ( 田上川 ) の上流に洪水調整を目的として作られたダムで、平成25年3月に完成しました。
普段は全く水を溜めておらず、貯水池はアヒルやカモの棲むビオトープになっています。
一般的なダム湖とは様相が随分異なります。

鹿児島市内であることを忘れる、のどかな風景の中を走るのはまた格別です。
ただ、ダムの下流の方に九州新幹線の高架があって、新幹線が走行音がダム湖の上流まで聞こえてきますけど。
写真上方の山の上は武岡五丁目付近で、市営住宅が写っています。

下の案内図の写真をご覧下さい。( クリックで拡大します )
「幸来橋」を利用してダム湖をぐるりと1周するとおよそ2.1kmになります。
ちょっとコース取りを工夫して「上流公園」前の駐車場にあるトイレの付近を折り返しに利用するとほぼ2.5km。
2周で5kmになりますから、距離を意識して走る場合には非常に便利です。
適度なアップダウンがあるものの、概ねフラットで走りやすいです。


3~5台程度停められる駐車場が複数個所に点在していますが、どの駐車場も満車になることはまずありません。
地図の「現在地」と書いてある部分と「きずな橋」付近に水飲み場がありますし、「西之谷公民館」前には自動販売機もあるので、水分補給に事欠くことはありません。
ただ、着替えの場所はないのであしからず。

ダム01


案内図で貯水池の上方にある「管理用道路」には車両が入れないので安心して走りに集中できます。
しかし、下方の「市道西之谷中央線」は田上方面から犬迫方面へのショートカット道路でもあり、平日は大型車の走行が多いので注意が必要です。
日曜日ならば車両通行もほとんどないため、比較的安全に走れます。

せっかくの憩いの場なのに、利用している人はそれほど多くありません。
皆さんも自然を満喫しながらのジョギングやウォーキングに活用してみてはいかがでしょうか。
上流公園付近では川遊びもできるので、子供たちも楽しめますよ。

〈〈 武岡の端っこを歩く 56  武岡五丁目30番地付近 2 〉〉


九州新幹線全線開業まで今日であと4週間と迫ってきましたが、とても楽しみですね。
偶然にもこのタイミングで新幹線の話題をお届けすることになりました。

さて、前回南九州自動車道を眺めた場所から少し南下すると新幹線をばっちり眺めることの出来るポイントがあります。
( 今回はあえて地図では示しませんでした。)
見えるのは薩摩田上トンネルと第 6薩摩トンネルの間の部分になります。

つばめの車体は屋根の部分がえんじ色に塗装されていますが、駅のホームだとそれがわずかにしかわかりません。
でもここからだとその姿がよくわかりますね。
エミレーツ航空の機体のおなかの部分に真っ赤なロゴが入っているのも下から見上げないとわかりませんけど、こういうこだわりは大好きです。
全線開業するとあのいびつなN700系が主体になってしまうのは残念ですね。
N700系もカラーはとてもきれいではありますが。


2011021111065222633.gif



〈〈 武岡の端っこを歩く 54  武岡五丁目31番地付近 〉〉


おおよそ 3週間に一度、お届けしているこのシリーズ、今回は 1ヶ月以上間隔が開いてしまいました。
一番影響したのはやはり天候で、時間のある時に限って雨が降ったり、雪が積もったりして写真を撮りに行けなかったのです。

やっと撮ったのですが今回はわかりづらい写真で申し訳ありません。
複雑に絡む枝の隙間から高架やトンネルなどがかろうじて見えていると思います。
これは九州新幹線の第 6薩摩トンネルの鹿児島中央駅側の入り口です。
冬のこの時期が見えやすいはずですが、写真にするともう一つでした。
新幹線に関しては次々回に改めて紹介できると思います。
ここからは前回紹介したダムの建設現場も違う角度から見ることが出来ますが、やはり薮に阻まれてうまい写真は撮れません。


201101101755047269.gif
















↑このページのトップヘ