野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して41年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

大腸がん

この2~3日の間に大腸に関連するニュースが続きました。
大腸がん、便潜血反応検査、大腸内視鏡検査についてです。
それぞれの話題を考察してみましょう。

♦♦♦♦♦

まず、2014年に新たにがんと診断された人の中で最も多かったのが大腸がんであった、というもの。( → こちら )
大腸がんが増えてきた理由は定かではありませんが、以前から

・運動不足や肥満が大腸がんのリスク。
・大腸がんのベースとなる大腸ポリープは糖尿病との関連が言われ、HbA1c が 1%上昇するとポリープ有病率が33%増えるとの報告。
・HDL-コレステロールが高いと大腸がんのリスクが低い。

等の報告があり、大腸がんはメタボリックシンドロームの延長にある疾患と言えそうです。

このところ、腸内細菌との関連が指摘され、大腸がんの組織からフソバクテリウムという細菌が多いという報告 ( → こちら ) や、食物繊維の多い食事でフソバクテリウムによる大腸がんリスクが減るという報告があります。( → こちら )
他に、バクテロイデス・フラジリスという細菌の関与も指摘されています。( → こちら )

ナッツや魚油、アブラナ科の植物は大腸がんのリスクを低下させるという報告もあり、大腸がんの予防は、メタボ対策を講じつつより良い食生活を目指すことに尽きるのではないかと思います。

♦♦♦♦♦

さて、大腸がんを見つけ出す手段として便潜血反応検査には高い有効性があることがわかっています。
その検査キットを市販化する動きがあるのに対し、精度管理などに懸念の声が上がっているというニュースが。( → こちら )
厚生労働省内でも意見が分かれているようで、市販化が実現するかどうかはまだ不透明。
賛成・反対どちらの意見も理解できますが、がん検診を受ける人が少なく、大腸がんが増えてきている日本の現状で、次の一手をうつ必要がある用に思います。

強調しておきますが、便潜血反応検査は1回でも陽性になれば、大腸の精密検査を受けなくてはなりません。
そのあたりの理解がなく、再検査をオーダーする医師もいるのですが、間違いです。
詳しくは、以前書いた「便潜血反応検査について」を参照して下さい。

♦♦♦♦♦
 
大腸内視鏡大腸がんの有無を調べるのに主力となっているのは大腸内視鏡検査ですが、座ったままで検査を受けると苦痛が軽減されることを自ら試して証明した研究に対し、イグ・ノーベル賞が授与されたニュースが大きく取り上げられました。( → こちら )
検査は通常、左を下にして寝てもらう左側臥位というポジションで行います。
内視鏡が挿入しづらいと仰向けになってもらっうなど、体位変換をする場合がありますが、座位になると我々と患者さんが向き合う格好になり、お互いばつの悪い雰囲気になるでしょうね。

自分で自分の大腸内視鏡をする医師を何人か知っていますが、ずっと座位で検査する先生は見たことがありません。
私は、経鼻内視鏡なら何回か自ら行い、このブログでも以前紹介しました。
大腸内視鏡を行なうとするなら、座位でもできる専用の椅子から開発に着手したいと思います。

ギ〖 今月のつぶやきから 76 〗


天気のいいゴールデンウィークの前半、皆様いかがお過ごしでしょうか。
Twitter上でつぶやいた医療情報を振り返り、月末にいくつかをまとめてお届けしている本シリーズ。
今回は11題です。


まず最初に、普段とは毛色の異なる動物や昆虫に絡んだ話題から。
野犬、吸血害虫、アリ、セミ、ハエ、ヒツジと珍しく6つも集まりました。

エキノコックスは肝臓に巣食う厄介な寄生虫で、基本的に手術での治療になります。

ヌカカって初めて知りました。

③ 社会性昆虫の役割分担はすごいな、と思わせる自爆アリの話題。

④ 11年や19年の素数ゼミっていないのでしょうか。

ハエが体温調節をしているというのは非常に興味深いですし、その方法もすごいですね。

⑥ 成因のはっきりしない多発性硬化症は、ウェルシュ菌が作る毒素が原因となるという報告が数年前にありました。

次に、妊婦が口にする物の胎児への影響についての2題。
SSRIという抗うつ剤と加糖飲料、どちらも脳への影響があるみたいですね。 

⑦ 抗うつ薬の主流となってきたSSRIですが、問題点も次々に表面化しています。

⑧ 世界と比較すると日本の加糖飲料の消費量は少ない方ですが、甘いものが好きな女性は要注意です。

最後に、個人的備忘録としての3題です。
解熱鎮痛薬がアルツハイマー型認知症の予防になる可能性が報じられましたが、毎日服用するリスクも看過できませんからね。
SGLT2阻害薬の炎症性腸疾患リスクも、鉄サプリの大腸がんリスクも気になるところですね。

⑨ 安価な解熱鎮痛薬でアルツハイマー型認知症の予防ができれば・・、でも消化管の副作用は無視できません。

⑩ SGLT2阻害薬で、潰瘍性大腸炎クローン病のリスクが増えるのですね。

⑪ 鉄のサプリメントの研究で、処方薬としての鉄剤への言及はありません。

 ◆ 診療所ライブラリー 145 ◆


大腸がんと診断されました今回紹介するのは、週刊誌に連載された大腸がんに関する情報をまとめたムック本です。
大腸がんと診断されました」とは、なかなかインパクトのあるタイトルですね。

あらかじめ大腸がんと診断されていることを前提にしているため、巻頭は大腸がんとの向き合い方や治療の流れについてから始まります。
ムックらしく豊富なカラー図版でわかりやすく解説してあります。
また、大腸がんの体験談をもとにした病気との向き合い方や、セカンドオピニオン、緩和ケア、費用、治療後の生活等における悩みや疑問に答えるという、治療や療養の上で実用的な記事もふんだんにあります。
個々のがんの性質や患者さんの体質に合わせる個別化医療についても触れられています。
これらの特集は、一般的な大腸がんを解説した本にはあまりみられないもので、非常に好感が持てます。

一方で「いい病院」リストという記事もあります。
ここでいい病院の根拠にしているのは、手術件数なんですね。
私の経験から言うと、手術の数だけでは病院の善し悪しは推し量れるものではありません。
実際、信用に値する病院がリストに掲載されていなかったり、その逆で・・。
また、主たる医師が転勤してしまうと、その病院の様相が全く変わってしまうこともあります。
ま、一つの参考にはなるかと思います。

大腸がんは増加の一途をたどっています。
特に女性においては、がんの中で死亡数が最も多く、罹る方の数も乳がんに次いで2位となっています。
男性では死亡数、罹患数ともに3位です。
早期発見には、便潜血反応検査が有用です。
ちょっと古い記事になりますが、こちらで便潜血反応検査について解説してあります。


「よくわかる! がん最新治療シリーズ」として、乳がん・胃がん・肺がんについても出版されているようなので、少しずつ揃えていこうと思っています。

はら〖 今月のつぶやきから 75 〗


寒い冬のトンネルを抜けたら、一転して暖か過ぎる春が来ました。
桜の開花も早かったですし、29日と30日は最高気温の予想が25℃となっています。
しばらく雨が降らないようで、桜も次の週末まで持ってくれそうな気配です。


月末にツイッター上のつぶやきをまとめてお届けしていますが、今回はおなかに関係する情報のみ10題をピックアップしてみました。

大建中湯が白人にはあまり効かないという報告、腸内細菌の関係でしょうか。
カルシウムサプリメント大腸ポリープができるというのと、逆にバイアグラが大腸がんリスクを減らすという報告は意外でした。
小腸で吸収できなかった果糖が大腸の腸内細菌に影響を及ぼすというのも興味深いです。
空腹で慢性疼痛が落ち着くという話、痛み止めに頼ってばかりの飽食な米国人には聞かせたい話です。










ソーセージ先月末にWHOが、加工肉や赤身肉を摂取は大腸がんリスクであると発表し、マスコミがこぞって取り上げました。
世界中の800にも及ぶ研究を精査した結果、とあるように、実は我々医師の間では以前から知られていたことなのですが、発表した機関が機関なだけに世界中が大騒ぎになっています。
安心していただきたいのは、日本人の平均的な食生活では加工肉も赤身肉もそれほど多く消費されていないという点で、国立がん研究センターも影響は小さいと見解を示しました。
ま、この事についても我々は以前から知っています。

ただし、日本人の大腸がんは増加傾向にあります。
当院でもこのところ大腸がんを見つける機会が格段に増えています。
大腸がんの危険因子として確実なのは「肥満」で、予防因子として確実なのは「身体活動」です。
肉を多く食べ、あまり運動しないでいる方は、日頃の快適習慣を見直すきっかけにしていただければと思います。

なお、赤身肉 ( red meat ) とは、牛肉・豚肉・羊肉・馬肉・ヤギ肉を指すようです。( 豚肉を含めない場合もあり )
また、当院では土曜日の午後も大腸内視鏡検査に対応しております。
 

大腸がんを解熱鎮痛薬で予防できるのではないか。
以前から臨床試験などが行われてきましたが、このブログでも 8年前に触れています。( → 薬で大腸がんの予防 !? )

アスピリン紆余曲折がありましたが、15日に米国感染予防医療サービス対策委員会から「心血管疾患およびがん予防のためのアスピリン使用」に関する勧告案が発表されました。( → 参考 )
この中で『50歳から59歳について、10年以内の心血管疾患リスクが10%以上で出血リスクが小さく余命が10年以上の場合、心血管疾患と大腸がんの初発予防を目的とした低用量アスピリン使用を勧告する』としています。
ついに大腸がん予防にアスピリンが使えるようになる、と思ってはいけません。
心血管疾患リスクが全くない人には使えません。
大腸がんだけをターゲットにアスピリンを服用することを勧めているわけではないのです。
米国は日本と異なってがんよりも心血管疾患で亡くなる人が多い国ですしね。
そして出血リスクや余命をどう判断するのか、難しい問題です。

実は10年以上昔、胃や大腸にポリープがたくさんある人にご本人同意の上である解熱鎮痛薬を飲んでもらったところ、劇的にその数が減った印象的な症例を経験しています。
大腸がんのほとんどはポリープから生じますので、解熱鎮痛薬による大腸がんの予防効果を私は随分早い段階から確信していたのですが、心置きなく使えるようになるにはもう少し時間がかかりそうです。

大腸先月28日に国立がん研究センターが、2015年に新たにがんになる患者の推計を発表し、その中で大腸がんが1位になることを発表しました。( → こちら )
また、俳優の今井雅之が自ら大腸がんであることを公表したこともあって、ここ数日、ワイドショーなどで大腸がんを取り上げる機会が目立ったように思います。

大腸がんは便通異常などの自覚症状が出た時はかなり進行した状態です。
その症状もS状結腸や直腸など肛門に近いと早めに出ますが、上行結腸だとなかなか現れません。
上行結腸ではまだ内容物の水分量が多く、少々内腔が狭くなっても通過できるからです。

大腸がんやその前段階のポリープの表面からはじわじわと出血しやすいという側面があります。
排便後などにはっきりとした出血が確認できるのは肛門にかなり近い場所に病変があるケースがほとんどで、奥の方からの出血だと血液がイメージできるようなものでなくなってしまいます。
早期発見の簡便な手段である便潜血反応検査は、病変からのわずかな出血も捉えようという非常に有用な検査になります。( 詳しくは → 
こちら )
また、出血が持続することで少しずつ貧血が進行していきます。
特に高齢男性の鉄欠乏性貧血では大腸がんを必ず念頭に置かなければなりません。

2007年に当ブログで「大腸がん」という特集を組んだこともありますが、当時の話題をいくつかかき集めただけであまり本質的な話はできていません。
ただ、このテーマの中で大腸がんがメタボリックシンドロームとの関わりなども述べています。
ちょっと参考にしていただいて、気になる方は積極的に検査を受けて頂きたいと思います。

当院でも木曜日以外、大腸内視鏡検査が可能です。( →
こちら )特に土曜日の午後に検査ができるのが強みかと思います。
また当院の検査で大腸がんが見つかったほとんどの方は治療が完結し皆さん元気に過ごされています。
罹患する人が増えているとはいえ、大腸がんは早い段階で見つかればさほど恐れることのない疾患です。

手術後の生活読本 ◆ 診療所ライブラリー 68 ◆ 


増加の一途を辿っている大腸がん。
手術を受けられる方も増えているわけですが、今回紹介するのは術後の日常をどのように過ごすかを丁寧に解説してある本です。

まず術後に起こる症状について切除する部位別に解説し、それに対する日常の注意点をイラスト入りでアドバイスする丁寧さに感心します。
その後も、やむを得ず人工肛門になった時のケア、食事や運動、術後の補助療法や定期的な検診に至るまで実に子細にわかりやすく書かれています。
本当にお勧めの一冊です。

当院でもこれまでに大腸がんが見つかって手術を受けられた方が何名もおられますが、ほとんどの皆さんは元気に過ごされています。
 早めにがんを見つけることが何よりも大事なこと。
当院では土曜日の午後も大腸内視鏡をしておりますが、このところ土曜日に受けられる方が増えています。 
便潜血が陽性、血便が出た、以前と便通が違ってきた、といったことがあれば大腸内視鏡検査をお勧めします。


  → 大腸がん手術後の生活読本

2011083021082813964.gif〖 医療情報 Pick Up おさらい 44 〗

一日に目を通す医療に関する情報は数知れず。
その中で皆様に興味を持って頂けそうなものをお届けしている「医療情報 Pick Up」。
今月更新したのは以下の 2つでした。


・善玉の/コレステロールが/高いと大腸がんの/リスクが低下 ( Gut 2011; 60: 1094-1102. )

・テレビ視聴/1日平均6時間で/平均余命5年短縮/豪州成人の調査で ( Circulation
2010; 121: 384-391. )
 

   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


4年前に大腸がんについて当ブログで特集したその初回は、「メタボリック症候群から大腸がんへ」というものでした。
運動不足や肥満が大腸がんの原因になるとされていますし、大腸がんのベースとなる大腸ポリープは糖尿病との関連が言われ、HbA1c が 1%上昇するとポリープ有病率が33%増えるとの報告があります。
そこへコレステロールとの関連性が発表になったわけで、大腸がんはまさにメタボリックシンドロームの延長にある疾患といえます。

前回も座位の時間が長いとリスクが高いという情報を載せましたが、テレビを見てばかりで運動せず、大腸がんに罹ってしまって寿命が縮まっているのかも知れません。



         □ 関連記事  医療情報Pick Up  43

2011072918004025451.gif〖 医療情報 Pick Up おさらい 43 〗

ページ左側のカラムのお知らせ欄のスクロールする掲示板にて、医療に関する情報を短く要約してお届けしている「医療情報 Pick Up」。
今月とりあげたのは以下の 2つの情報でした。


・座位での仕事が/長いと/遠位結腸・直腸癌の/リスクが高い ( Am J Epidemiol 2011; 173: 1183-1191. )

・温かいコーヒーや/紅茶の飲用で/鼻腔MRSA保菌が/半減 ( Ann Fam Med 2011; 9: 299-304. )
 

   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


最初の話題については、医師としてとても興味が引かれる情報でした。
今後は S状結腸や直腸癌の患者さんを見つけたら職種などをチェックしてみたいと思います。

次のMRSA保菌者について。
様々な施設入所の際に、鼻腔のMRSAの検査を求められることがあり、陽性に出ると入所させてもらえない場合もあるのですが、保菌しているだけでは全く治療の対象になりませんので対応に苦慮することがあります。
これは一つの方法になるかも知れませんね。
冷たくして飲むとダメということなので、一体どういう機序なのかこれも興味あるところですね。




         □ 関連記事  医療情報Pick Up  42

2011033019011318489.gif〖 医療情報 Pick Up おさらい 39 〗


今月は久しぶりに「医療情報Pick Up」は 3つの話題を提供いたしました。

・農家で育つ子に/喘息・アトピーが/少ない/ドイツの研究で ( N Engl J Med. 2011 Feb 24;364(8):769-70.)

・中等度の有酸素運動/週150分以上で/がんや糖尿病/心血管疾患の/リスク低下 ( WHO 発表 )

・中等度以上の/運動負荷の継続で/過敏性腸症候群の/症状緩和 ( Am J Gastroenterol. 2011 Jan 4 doi:10.1038/ajg.2010.480 ) 

   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


上の情報を合わせて考えてみると、田舎で元気よく遊び回っていると、あまり病気にかからないということになるでしょうか。
以前から運動によって大腸癌のリスクが低下することが知られており、以前にも当ブログで解説しています。( → こちら )
過敏性腸症候群も体を動かすことで症状が落ち着くのであればこんなにいいことはありません。
ちょうど震災の影響でこの疾患に効く漢方薬も品不足が懸念されていることですし。



         □ 関連記事  医療情報Pick Up  38

2011022810145031366.gif〖 医療情報 Pick Up おさらい 38 〗


今月お届けした「医療情報Pick Up」は 2つでしたが、掲載中、最初の情報において「薬指」と「人差指」の文言が逆になっていたことをおわびします。

・薬指より/人差指が長いと/前立腺癌のリスクが/3分の1 ( Br J Cancer. 2011 Jan 4;104(1):175-7 )

・睡眠時間/6時間未満は/7時間以上に比し/大腸ポリープリスク/50%高い ( Cancer. 2011 Feb 15;117(4):841-7 )  

   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


胎児の時に子宮内でテストステロンというホルモンにあまり暴露されないと人差指が長くなるのだそうで、これを元に指の長さと前立腺癌のリスクを調べた結果、人差指が長いと1/3リスクが低下することがわかったようです。
私は残念ながらリスクが高いほうに属します。

大腸癌のリスクファクターの一つに肥満があり、予防因子に運動があります。
大腸癌のほとんどはポリープからできますので、運動もあまりせず睡眠不足というライフスタイルの方は便潜血反応検査や大腸内視鏡検査をお勧めします。
このブログでは経鼻内視鏡の記事が多いのですが、私が得意とするのはむしろ大腸内視鏡の方。
お任せください。



         □ 関連記事  医療情報Pick Up  37

2010103023473624036.gif〖 医療情報 Pick Up おさらい 34 〗


だいたい 3日に一度の記事更新を目標にしている当ブログですが、実際はそれより多く書いてきました。
しかし今月は意識したわけではないのですが見事に 3日ごとに記事が並びました。
どうでもいい話でした。

今月の医療情報 Pick Up で紹介した情報は以下の通りです。

・人工甘味料入り/炭酸飲料を/1日2杯以上摂取で/腎機能低下リスクが/上昇 ( Clin J Am Soc Nephrol. 2010 Sep 30 )

・低用量アスピリンで/大腸がんの発生率が/70%低下/20年の追跡調査で ( Lancet. 2010 Oct 22 )


   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


甘味料については、この春に加工食品の甘味料を多量にとると善玉コレステロールが低下し、中性脂肪が上がるというデータが示されています。( JAMA 2010; 303: 1490-1497)
糖だけではなく脂質系や腎臓の働きにも影響を及ぼすわけですから、甘いものを摂り過ぎることのないように十分気をつけましょう。

また、解熱鎮痛薬を用いた大腸がんの予防については 3年前に当ブログで詳しく解説しています。 ( → こちら )
安価なアスピリンで癌がある程度予防できるのですが、一方で胃潰瘍や腸からの出血という時に命取りになる大きなリスクも背負うことになるので十分留意する必要があります。



         □ 関連記事  医療情報Pick Up  33

2009062717285510045.gif〖 医療情報 Pick Up おさらい 18 〗


今月もお届けした「医療情報 Pick Up」 の情報は以下の 2点にとどまりました。
一般の方が興味を持ちそうなレポートが最近あまり多くないな、という印象です。


・GPS機能付の靴/米国で開発中/認知症の徘徊対策に/期待集まる ( CNN 2009.06.13 )

・引越回数が多い小児で/自殺行為リスクが上昇/デンマークで ( Arch Gen Psychiatry. 2009 Jun;66(6):628-32 )


   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


二番目の話題をもう少し解説します。
自殺を試みた11歳から17歳の55.2%は3回以上の引越しを経験。
自殺企図のない同年代のコントロール群で3回以上の引越しを経験したのは32%。
同じく、自殺を試みた小児のうち7.4%が10回以上引越しを経験 ( コントロール群では1.9% )、というもの。

ユニークな着想が興味ある結論を導くことがよくあります。
「日本人が賢いのは魚を食べるからだろうか ?」
リウマチの人に大腸がんが少ないのは鎮痛剤を常用しているから ?」
などなど。

今回の引越しと自殺を関連付ける着眼点も面白いと思います。
私も何回か引越しを経験していますが、転校というのはあまり好きではありませんでしたね。



         □ 関連記事  医療情報Pick Up  17


mrlwxtpv.gif当院で大腸内視鏡をしていることがようやく認知され始めたか、このところ検査実施数が増えています。
ご承知の通り、木曜午後が休診となったため、逆に減ってしまうのではないかとの懸念があったのですが、今年はこの 8月で早くも昨年 1年間の件数を超えました。

最近は、大腸がん検診で便潜血が陽性ということで検査を受けに来られる方をかなり多く見受けるようになりました。
大腸がんや便潜血反応検査については、昨年当ブログで「大腸がん」シリーズとして連載しております。
ブログで経鼻内視鏡のことばかり宣伝してきましたが、そちらのシリーズも参考にしていただき、当院の大腸内視鏡検査も積極的に活用してください。


↑このページのトップヘ