野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して41年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

沖永良部島

 ● 薬の説明書のイラスト 284 ●


名前の由来となっている剣のような葉の間から、花穂が伸びて下から順番にほぼ同じ向きに花を咲かせるグラジオラス。
 ( ラテン語で剣を意味する「gladius」から ) 
ピンク、赤、白、紫など様々な色の花が楽しめますし、凛々しい容姿も結構印象的だと思うのですが、好きな花を問われた時にグラジオラスを挙げる人ってほとんどいないですよね。

鹿児島県は、茨城県や長野県と並ぶグラジオラスの産地。
特に沖永良部島は生産量日本一なんだそうです。
私は全く知りませんでした。
なぜなら、沖永良部島と言えば、フリージアというイメージが強いからです。
でも、調べてみると近年はあまり作られておらず、スプレーギクやテッポウユリ、トルコギキョウ、ソリダゴなど他の花に取って代わられています。
かつて「フリージアジョギング大会」と呼ばれていたイベントも「花の島沖えらぶジョギング大会」と名称を変えているんですね。
時代のニーズにマッチした品種の栽培に変わっていくのは致し方ないのかも知れません。

今月前半の薬の説明書のイラストは、6月の誕生花となっているグラジオラスです。


グラジオラス 沖永良部

 ● 薬の説明書のイラスト 61 ●


13日の春一番は生暖かい猛烈な風でした。
春一番の後は寒さが戻るとされていますので体調管理には十分お気をつけください。

今回、2月後半のイラストに選んだのはフリージアです。
少し花の季節には早いと思われるかも知れませんが、鹿児島の沖永良部島では特産のフリージアがこの時期から咲くことを鹿児島の皆さんはご存知のことでしょう。

少し早い春の雰囲気を薬の説明書のイラストにてお楽しみください。



photo-1_1.gif

↑このページのトップヘ