野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して42年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

牛乳

りんご〖 今月のつぶやきから 80 〗


今月は暑かったです。
各地で猛暑日が多かったようですが、鹿児島はどちらかというと熱帯夜が辛かったように思います。
それにいつもと違う台風の動きには翻弄されましたね。


さて、twitter 上でお届けしている医療関係の情報を月末にいくつかピックアップしておさらいするこのシリーズですが、まずは先月同様、食事に絡んだ話題を8つまとめてみました。( 30日に1題追加して9つになりました )
朝食の重要性や、夕食を摂るタイミングの重要性を理解していただけるものと思います。

① グルコサミンが効かないとの認識が広まってから、プロテオグリカンのサプリの宣伝が目立て来ています。
しかし、分子量の大きな物質を外から補っても意味はなく、プロテオグリカンを作る細胞を元気にするのが理に適ったやり方です。

② アブラナ科の野菜に関しては、糖尿病改善 心疾患・脳卒中・がんリスクの低下も認められていますよね。
③ 朝食は大事であるという報告が多いですけど、これも新しい視点からの研究です。

④ 英語の記事なんですが、糖質制限食は命を縮めるというレポート。
目先の体重減少や血糖値の低下を喜んでいてはダメだということです。

⑤ ストレスの多い現代社会ですが、いい腸内細菌を育てることも大切ですね。

⑥ 防腐剤として使われる硝酸剤、厳しい使用基準があるのですが。

⑦ 朝食に牛乳、メリットがありそうですね。

⑧ 夕食を摂ってすぐ寝るのは好ましくないというのは知られていますが、癌のリスクにもなるとは。

⑨ 食事を摂るタイミングを変えるだけで食欲も落ち、体脂肪が減るという報告です。



次に、喫煙に関する話題。
百害あって一利なし、ということをよく認識してもらえるのではないでしょうか。

⑩ この文章は必読です。
一度は目を通して下さい。

⑪ 受動喫煙対策もまともにできず、サマータイムも導入を検討しようとする日本政府。
世界の流れと逆行しています。

⑫ 加熱式も電子式も、調べれば調べるほど危険性が顔を出してきます。
儲けなきゃいけないメーカーの謳い文句なんか当てになりません。

⑬ これも怖い話ですよね。

まご〖 今月のつぶやきから 77 〗


26日に梅雨入りした鹿児島。
26日は結構強い雨が降りましたが、その後は28日に少しぐずついた程度でまずまずの天気が続いています。
今後の予報を見ても、当分は連日雨が降るような感じではなさそうですね。


さて、twitter 上でお届けした医療関係の情報を月末にピックアップしておさらいするこのシリーズ。
毎回、複数のテーマを選んでいますが、今回は、テーマを一つに絞りました。
それは食べ物です。
12個の情報を拾い上げましたので、一つずつみていきましょう。


① は黄身にコレステロール含有量が多いため、敬遠されがちだった食材ですが、復権の気配です。

アクリルアミドはかなり古くから動物実験レベルで発癌性を疑われているのですが・・。
③ 果物はジュースやスムージーにせず、そのまま食べることをお勧めします。
例えば、温州ミカンを食べると血糖値が下がるという報告がありますが、ジュースにすると食物繊維が少ない分、吸収が早くて逆に上がってしまうのです。

④ 広島の特産のレモンを科学しようという地元大学プロジェクトです。
静岡ではお茶、愛媛ではみかん、鹿児島では焼酎、といった具合に各地で地元の特産物について産学官の共同研究がなされていますよね。

⑤ 先に、
①や③で卵や果物のツイートをしましたが、夕食時に食べるのはインスリン抵抗性の観点からは好ましくないようです。

牛乳を飲むと骨粗鬆症になる、というデマがあります。
根拠としているのは、酪農国の北欧で骨粗鬆症が多いからというものなんですが。
高緯度に位置している北欧では、冬季の日照時間が短いことがビタミンDの欠乏を招いて骨粗鬆症の発生に関わっているのです。

⑦ シソは日本で古くから活用されているハーブ。
調べていくとまだまだ知られていない有益な働きがありそうですね。

⑧ 調理したトマト過敏性腸症候群の治療にも有望な可能性があります。
過敏性腸症候群の患者さんを数多く受け持っているので、参考にしてみたいと思います。

⑨ 視力を維持するためにチョコレートを食べ続ける必要があるのなら、現実的ではありませんね。

⑩ これも卵に関する研究報告ですが、毎日食べている方が心血管リスクが低いというのは少々驚きでした。

アーモンドの抗糖化作用・LDLコレステロール低下作用・抗酸化作用・体重減少などの働きについてまとめたものですが、1日25粒を続けるのは大変です。

⑫ 最後に、フランスからカボチャによる急性の脱毛の報告です。
わずか2例のレポートに過ぎませんので、もっと多くの症例の集積を待ちたいところです。

かるかん〖 今月のつぶやきから 30 〗


様々な医療に関する情報を出来るだけ幅広く得るために twitter を活用していますが、その中から一般の方にも興味を持っていただけそうなものに自分のコメントを添えてつぶやくというスタイルを基本としています。
ブログの右側のカラムでご覧になれますので、そちらも時々覗いてみて下さいね。

今月も多くの分野についてツイートしましたが、飲み物に関するものを3つおさらい。



次に鹿児島を絡めたツイートを3つ。



201011301325496069.gif〖 医療情報 Pick Up おさらい 35 〗


今月の医療情報 Pick Up で紹介した情報は以下の通りです。

・筋トレの後に/牛乳を1L飲むと/筋肉増加、脂肪減少 ( Med Sci Sports Exerc. 2010; 42: 1122-1130 )

・受動喫煙も/聴力低下と関連 ( Tob Control. 2010 Nov 15 )


   ―――――――――――――――――――――――――――――――――――


今月、牛乳に関しては行政刷新会議の事業仕分けの中で学校給食用牛乳等供給推進事業交付金なるものの削減を判定されていましたし、たばこに関しては値上げ後の禁煙を断念する人が既に2割に達したとか、受動喫煙による死者が世界で年間60万人に達するなどという報道がなされましたね。

さて、前者の情報について補足しておきますが、対象はカナダの若い女性で、脂肪なしの牛乳で確認されたものです。男性については既に報告があるようです。



         □ 関連記事  医療情報Pick Up  34



↑このページのトップヘ