野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して41年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

田上小学校

 〈〈 武岡の端っこを歩く 20  一丁目・36番地付近 〉〉


さて今回紹介するのは、散歩で行ける場所として武岡の最南端であり、民家のある場所として最も低い地点になります。
ちょうど空き地になっている場所から見えるのが武岡団地の入口となる田上の洗出 (あらいだし) 地区。田上五 ~ 六丁目の街並みの他に遠く田上台方面などが見えます。

新川 (田上川) 沿いは県と市が押し付けあって区画整理が進んでおらず、昔ながらの細く入り組んだ道が多いので、初めての人だと洗出方面から武岡へアプローチするのは少し苦労します。

まだ田上小学校に通っていた小学校三年生の時、授業の一環だったと思いますが学校からこの場所を経由してまだ造成中の武岡地区を見学に来た記憶があります。
明和が見える場所まで登って学校へ戻ったはずです。
その後、まさか自分がこの武岡に暮らすことになるとは夢にも思いませんでした。

ここからは向きを反転させ、幹線道路の向こう側へと足を進めていきます。



xryqz5_p.gif

 〈〈 武岡の端っこを歩く 9  三丁目・28番地付近 1 〉〉


武岡第一公園を出発して初めて交通量の多い大きな道路に出ます。
前回より少し歩くだけで高度はさらに下がり、もう樟南高校は見えなくなってしまいます。
その代わり、また違った景色を楽しむことができます。

山の切れ間に見えるのは、新川 (田上川) 流域の様子です。
眺めることのできるのは、田上七丁目、六丁目あたりが中心でしょうか。
残念ながら山の稜線と高い建物の陰になって鹿児島湾は見えません。

江戸時代の治水工事の結果、新川と呼ばれるようになった川も、地元の田上では今でも多くの人が親しみを込めて旧名の田上川 (たがみがわ) を使います。
130年を越える歴史を誇る田上小学校の校歌にも田上川と歌われています。

写真では、武岡トンネルの増設とそれに伴うインターチェンジ改良工事の様子も窺えます。




oepih3g8.gif

 〈〈 武岡の端っこを歩く 6  三丁目・後藤谷公園近く 〉〉


後藤谷公園の方へ向って行くと、このあたりで広く視界が開けます。
前回と同じく、高速道路と西陵 (西郷団地) が見えます。
新川 (田上川) をはさんで対峙する丘陵に開けた西郷団地は、武岡団地よりも歴史の古い住宅地です。

幼少時、私は田上に住んでいましたが、当時は西郷団地も同じ田上小学校の校区でした。
ここから通うクラスメートはバスの定期を持っていて、それを首からぶら下げていたのを覚えています。
学校まで歩いて 2分で通えた私はそれをうらやましく思っていました。

当時と比べて西郷団地は倍の規模に拡がり、小中学校も団地内にできました。
武岡のもっと高い場所からはその全貌を望むことができ、特に夜景がきれいで印象的です。
しかし、端っこを歩くのがこのシリーズの目的ですから、これは別の機会に紹介できればと考えています。




3d1lauo_.gif

↑このページのトップヘ