野口内科 BLOG

  鹿児島市武岡に開業して41年の野口内科です。
  医療・健康に関する情報はもちろん、近隣の話題、音楽・本のことなどを綴ってまいります。

    診療時間 午前  9:00〜13:00
         午後 14:30〜18:30
    休診   日曜・祝日・木曜午後
    電話   099−281−7515
    住所   鹿児島市武岡二丁目28−4
         ▶▶▶ アクセスMAP
         ▶▶▶ バス路線図

阪神大震災

qcxn8zp3.gifまもなくゴールデンウィークが始まりますが、今年は大震災の影響で行楽の足が鈍るとの予想が出ています。
私の経験した阪神大震災の時もそうでしたが、遠慮して来られる方が少なくなるのもまたダメージとなりますので、被害のそれほど大きくなかったエリアには積極的に足を運んでみてはいかがでしょうか。

連休の中日、5月4日、当院は鹿児島市の内科の休日当番の担当となっております。

午前 9時から午後 6時まで
が診療の担当時間です。

遠方からお越しの方は、下の地図で場所をご確認のうえご来院して下さい。
(「当院周辺 MAP」をクリックしていただきますと地図が表示されます。)


                   ◇◇ 当院周辺 MAP ◇◇


 ● 薬の説明書のイラスト 112 ●


その昔、全日空のシンボルマークにダ・ビンチのヘリが使われていましたが、ダ・ビンチの誕生日である4月15日をヘリコプターの日に定めたそうで、今回のイラストはヘリコプター

全国各地でドクターヘリなるものが整備されつつあります。
離島の多い鹿児島ではニーズが多いと思うのですが、ようやく本年度からの運用が予定されています。

また、今回の東日本大震災でもヘリコプターは大活躍です。
ただプロペラの騒音はどうしようもなくうるさいものです。
信じがたい光景や余震におびえている時にあの音が響くと、心を落ち着けることがさらに難しくなります。
阪神大震災を経験した私からもお願いですが、ヘリからの過分な報道は控えてほしいものです。



2011040110370829671.gif

aed.gif阪神淡路大震災から15年が過ぎました。
当時神戸に住んでいた者としては、あの揺れとそれに引き続く光景は忘れ難いものです。
微力ながら医療従事者として震災と関わったことは今でも大きな財産となっています。

神戸市ではその後、市民救命士の認定を受ける人が増え、人口の2割を超えたとか。
実際に認定者の活躍で救命できた事例も多いようです。

最近は街の中に自動体外除細動器 ( AED ) の設置台数も増えてきているようですが、実際に一般市民が使ったケースが 2%にとどまったというニュースもありました。
AEDは一般の方が使っても構わないよう法整備がなされていますが、現状では心肺停止状態の人を見てすぐに AED のことは連想できないでしょうし、それができたとしても自ら使おうは思わないでしょう。
啓発活動が大事になるわけですが、この点も兵庫県医師会では積極的な活動をしているようですね。
震災を経験すればこそ、意識が違うわけです。
昨年の東京マラソンで私と誕生日が同じタレントが実際に AED を使って救命されていましたが、指宿で開催される菜の花マラソンでも毎年のように AED が使われるようです。
そして死者はこれまで一例も出していないということでした。

今回のハイチの震災をみても分かる通り、大規模な災害では医療施設が機能するとは限りません。
いつ何時、非常事態の場面に出くわしてもたじろがずに済むよう、誰もが簡単な応急処置等ができるように学べる機会が増えればいいなと思います。

↑このページのトップヘ